投資信託とは?初心者向け?知識は必要?

投資信託とは?初心者向け?知識は必要?|投資がもっと楽しくなるメディア


これから投資生活をしたいと思っているときに金融商品を調べていると、投資信託という商品があるのに気付くでしょう。よくわからずに困っている人のために、ここでは投資信託とは何かを色々な角度から詳しく解説します。

 

投資信託とは簡単に言えば何か

まずはワンコイン投資がそもそも何かを確認しておきましょう。ワンコイン投資とはワンコインから始められる資産運用のことを全般的に指します。日本では硬貨で最も額面が大きいのは500円なので、ワンコイン投資は500円以下から始められる資産運用です。

 

通常、株式投資や債券などで資産運用をしようとすると数十万円は資金が必要になります。金額的になかなか工面できず、資産運用を本格的に始められないことも珍しくありません。

 

また、余剰資金が数十万円確保できたとしても、ほとんどの投資商品は元本割れを起こすリスクがあるので目減りしてしまうのが心配で始めるのをためらってしまうケースもよくあります。

 

この悩みを解決できるのがワンコイン投資です。ワンコイン投資ならほんのわずかな資金を投入するだけで資産運用を始められます。元手が数百円程度なので利益の金額も大きくはありませんが、資産運用をするとはどういうことなのかを実践的に理解することができます。

 

また、今まで債券しかやっていなかったけれど株式投資を始めたいといったときに、どのような形で取引をしていけば良いのかを実際の値動きを使って体験できる点でも優れている方法です。新たな資産運用に取り組んでいきたいケースではワンコイン投資から始めると安心して続けていけるようになるでしょう。

 

気軽にできるのがワンコイン投資の最大のメリットで、投資初心者から注目されています。

 

投資信託とは何かを詳しく見てみよう

ワンコイン投資は、どこでできるのかが気になる人も多いでしょう。資産運用をするときには、証券会社などで口座を開設して取引をすることになります。ワンコイン投資は比較的新しい投資商品で、どの証券会社でもサービスを提供しているわけではありません。

 

多くの証券会社では取引手数料によって利益を得ている面がありますが、ワンコイン投資のような少額投資では手数料を取ってしまうと投資家にとっての魅力が失われてしまいます。

 

そのため、コストがかかっている店頭サービスでは実現が難しく、いわゆるネット証券で取入れが進んできています。例えば、近年人気が高くなってきているSBI証券や楽天証券ではワンコイン投資に対応しています。

 

SBI証券でも楽天証券でも対応しているのが積立投信です。つみたてNISAを利用する少額投資を希望する投資家を主なターゲットとしている商品が多くなっています。

 

毎月100円から積み立てていけるようになっているため、年間で1200円あれば積立投信に挑戦してみることができます。また、楽天証券では積み立てではない投資信託も100円から利用可能です。

 

さらに株式投資についても楽天証券では500円以下から始められるシステムを導入しています。この他にもバイナリーオプション取引もエントリータイミング次第ではワンコインでできるので、楽天証券では幅広い投資対象を選ぶことが可能です。

 

投資信託とは初心者向けの金融商品

投資信託はよく初心者向けの金融商品と言われています。初心者に向いている理由は単純で、個々の銘柄についての知識があまりなかったとしても安全性の高い投資を始められるからです。

 

株式投資をするときには企業の研究をしてこの先の株価がどうなっていくのかを予想する必要があります。日経平均株価の算出に用いられている国内の株式会社だけでも225社もあるので、この中から投資先として信頼性が高いものをいくつか選び出すのは大変でしょう。

 

日経平均株価の算出に使われていない国内企業や海外企業も含めたら莫大な情報の分析が必要になります。投資先を決めるだけでも時間や労力の負担が厳しくなってしまい、資産運用を諦めてしまう場合もあるのは確かです。しかし、投資信託なら個々の銘柄は分析する必要がないので気軽に始められます。

 

また、初心者向けと言われているのは安全性を重視してリスクが低い運用方法を混ぜている投資信託が多いのも理由です。不動産のように株式やコモディティの価格変動とは完全にはリンクせずに利益を生み出せる投資方法もあります。

 

投資信託ではこのような投資先も組み込むことで安定した利益を上げられるように工夫しているものがたくさんあるのが特徴です。不動産投資信託のように不動産に特化していて安定性を重視した商品もあるので、目的に応じた商品選択ができるのも魅力です。

 

このため、初心者が資金形成の方針に従って適切な投資先を選びやすいという点でよくおすすめされています。

 

投資信託とはNISAでも人気な金融商品

投資信託はNISAを利用するときに人気が高い金融商品です。NISA口座を開設して効率的に稼いでいけるようにしたいという人も増えていますが、何を投資対象にするかはよく悩みの種になっています。

 

つみたてNISAでも利用可能で、安定した利益を得られる可能性が高いことから投資信託はNISAを利用するときに選ばれている投資商品です。特にNISAでは一般口座などの場合とは商品のラインナップが違うことが多く、安全性の高いものが厳選されています。

 

証券会社によって銘柄選定の傾向に違いはありますが、ETFや不動産を組み込んで安定性を高めているのが一般的です。

 

安全性が高いとはリスクが低いことで、資産運用の基本原則に立ち返ってみるとローリスクローリターンになります。ただ、長期投資によって複利を生かしていけば大きな資産形成につながるでしょう。

 

国としても長期投資によって老後の備えを推奨しています。NISAも国の定めた制度なので、安全性を重視した投資信託を厳選している証券会社が多いのは理にかなっているでしょう。利幅は小さい可能性はありますが、長期的に腰を据えて投資できるのがNISAの投資信託の魅力です。

 

老後資金に不安があるから少しでも利回りが大きい投資を選び、かつできるだけリスクを低減したいと思ったときにはNISAで投資信託を利用するのが合理的と言えます。

 

楽天証券やSBI証券でできる投資信託とは

投資信託はほぼ全ての証券会社が提供している金融商品になっています。ネット証券として有名な楽天証券やSBI証券でも投資信託の取り扱いがたくさんあるので、口座を開設したらすぐに運用を開始できます。

 

楽天証券やSBI証券がよく着目されているのは少額投資に対応している金融商品を提供しているからです。楽天証券やSBI証券ではワンコイン投資に対応していて、最低100円から運用を始められます。

 

楽天証券やSBI証券で提供しているのは投資信託による積立投資の商品で、一般的には投信積立と略されています。一定期間ごとに一定額を積み立てていくことで最終的には大きな資産形成ができるのが特徴です。NISAにも対応している商品があり、少額からでもすぐに取引を開始できます。

 

楽天証券やSBI証券はネット証券なので専属の営業担当者によるアドバイスを受けながら投資先を決めるサービスは標準ではありません。

 

しかし、解説が付いている投資信託商品がオンラインで多数公開されているので、自分で主体的に学んで投資できる人は効率的に投資を進めることが可能です。信託手数料が低い商品も豊富になっているため、投資信託での資産形成をしやすい証券会社として注目されています。

 

投資信託で資産運用を始めてみよう

投資信託は株式や債券などの個々の銘柄についてあまり詳しくなくても気軽に始められる魅力があります。NISAでも主流の投資方法として人気が高くなっているので、何に投資するかをよく考えて投資信託で資産運用を始めてみましょう。

 

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.