投資家とは?魅力やリスクを知っておこう!

投資家とは?魅力やリスクを知っておこう!|リビングコーポレーション


個人投資家として活躍している人の話を耳にすると投資家になってみたいと思う人もいるでしょう。ここでは投資家とはそもそも何かから詳しく紹介し、投資家として成功する魅力についてわかりやすく解説していきます。

 

投資家とは

初めに投資家とは何かを確認しておきましょう。投資家は投資対象を選んで資金を投入し、その運用結果として利益を得ている人のことです。一般的には投資家というときにはプロとして投資による利益で生計を立てている人を指します。

 

最近ではサラリーマンや公務員が副業として投資をしているケースも多くなり、副業投資家と呼ばれていることもあります。

 

法人格を取得して企業として投資活動を行っているケースも機関投資家としてよく知られていますが、個人投資家として自分自身の力だけで自己資金を運用して利益を上げるのに成功している人も増えています。ここでは特に注目されている個人投資家について取り上げて解説していきます。

 

投資家は市場で取引されている金融商品を売買することで利益を上げるのが基本です。株式や通貨、不動産やコモディティが典型的なもので、この他にも証券会社やファンド会社などが提供している投資信託を利用して資金を運用しているケースも少なくありません。

 

また、証拠金取引によってレバレッジをかけながら大きなリターンを得ている人も多くなっています。一般的に投資家は一つか二つに限らず、いくつかの投資に資金を分散させることでリスクを低減させています。

 

そして、自分が得意とする金融商品に資金を多めに投入していき、大きな利益を生み出す努力をしています。

 

投資家として有名になる魅力

個人投資家として大きな利益を上げている人の名前や写真を見たことがある人もいるでしょう。投資家になって成功すると有名になれることも稀ではありません。世界的に名を轟かせているような有名投資家もだんだんと増えてきています。

 

投資家として有名になる魅力についても確認しておきましょう。投資家が有名になれるのは自分なりの投資の仕方を貫いて成功し、大きな資金形成に成功したときというのが一般的です。その点が注目されるようになるとマスコミなどでも取り上げられ、誰もが知る有名投資家になります。

 

投資家として有名になると投資以外のところでも利益を得られる仕組みを作れるのが魅力です。資金運用をして将来に備えたい人が増えている影響で、投資セミナーが頻繁に実施されるようになりました。

 

セミナーの講師として招待されて講演すると講演料を受け取れるでしょう。自分でセミナーを主催して受講料を得ていくこともできます。また、自分の培ってきたノウハウを本にして発行すれば多くの人に読んでもらえてさらに知名度も上がり、同時に売り上げによる利益も得られます。

 

このように有名になると、投資家として成功するまでに築き上げてきた知識や経験を生かして収入を増やせる可能性が大幅に上がるのです。安定した収入を得て安心して暮らせるようになると期待できるのは明らかでしょう。

 

投資家の年収を知っておこう

有名になれば稼げるとわかっても、普通の投資家の場合にはどのくらいの年収になるのかが気になるでしょう。投資家になると収入は自分の運用スタイルや元手にできる資金の金額によって大きく左右されます。

 

そのため、個人投資家になったときに実際にどのくらい稼げるかは人によって千差万別です。ただ、日本での現実的な年収相場としては200万円~400万円くらいです。日本証券業協会によって行われた統計調査では年収300万円未満の投資家が半分近くなっていて、500万円未満で約7割になっています。平均年収の推計結果は423万円で、例年この程度の平均年収という発表が行われています。

 

この統計調査ではプロの個人投資家だけでなく、勤め人も含めているのでプロとして投資をしている人の方がやや年収が高いと考えられるでしょう。それでも日本人の全職種を考慮した平均年収に到達できるかどうかというくらいというのが実態です。

 

ただ、考え方によっては個人投資家として本気で投資に取り組んでいけば、サラリーマンや公務員などとして働いている一般的な人と同じくらいの収入を得られるとも解釈できます。

 

投資家になると生活が苦しくなるのではないかという不安を抱く人もいますが、きちんと利益を得ることを目指して投資に取り組んでいけば生活に不自由しないような収入を手に入れていけるのです。

 

個人投資家になるにはどうすべきか

投資家に興味を持ったらどのようにすれば個人投資家になれるのかを知りたいでしょう。個人投資家になるには特に難しい手続きは必要がありません。個人として投資に取り組んでいけば良いだけなので、取引に必要な証券口座を用意すれば良い程度です。

 

ただし、個人投資家として生計を立てられるようにするには事前に知識と資金を蓄えるのが重要になります。

 

投資を始めてすぐに大きな利益を得られるようになる人はあまりいません。金融商品ごとにどういう仕組みで利益を得られるのか、リスクには何があるのかを理解していき、どの金融商品にいくら分配して投資をしていくのかを決める必要があります。

 

そして、利益を上げるために運用方法やテクニックを学び、リスクを低減させるポイントを知識として付けていくことも欠かせません。このような準備を経て実際に取引をしていき、経験を積んで稼げるようになっていくのが一般的な道筋です。

 

資金についてもあまり少額では大きな収入を得ることができず、年収数百万円となるのは困難です。数百万円単位の運用資金を準備する必要があると考えた方が良いでしょう。

投資家として生きていくのに十分な資金を獲得するために、早い段階から資金運用をして資産を増やしておくのが効果的です。安全性の高い投資を選んで資金を増やしている間に投資のノウハウも身に付くので一石二鳥になる準備の仕方です。

 

投資家に向いている人の特徴

投資家になるのに自分は向いているのかが心配な人もいるでしょう。投資家には確かに向き不向きがあり、あまり向いていない人が個人投資家になって生計を立てようとすると失敗するリスクがあります。

 

いつも平静を保っていられる落ち着いた心の持ち主で、物事を客観的に見られる力がある人は投資家として成功できる可能性が高いでしょう。投資では常に利益を得られるわけではありません。

 

ある商品に投資をして損失が生まれてしまったけれど、別の商品で投資をしていたのが利益になったからトータルではプラスという形で収入を得ていくのが一般的です。投資で損失を出してしまうと、失敗を取り戻さなければならないと思って焦ってしまいがちです。結果としてリスクが高い投資に資金をつぎ込んでしまって損失をさらに大きくしてしまうことがあります。

 

失敗しても特に問題はないという平静さを保っていられる人は、次に取引をするときにも冷静な判断ができるでしょう。

 

客観的に見てこれは利益を上げられる可能性が高いと考えられる金融商品が見つかるまで我慢し、利益を得られるときに資金を大きく動かせます。このような冷静さを保つことができる人なら着実に投資による利益を上げていけるでしょう。自分の感情をコントロールして投資に取り組めるかどうかが重要なのです。

 

投資家の魅力を理解して目指してみよう

個人投資家として成功すれば大きな収入を得られるようになると期待できます。そのためには事前に知識を付け、資金を用意することが欠かせません。将来的に投資家になれるように、早いうちから安全性の高い投資で資金形成を始めておきましょう。

 

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.