property+(プロパティプラス)の評判は?他社との違いは?

クラウドファンディングと不動産クラウドファンディングの違い∥リビングコーポレーション

クラウドファンディングと不動産クラウドファンディングの違い

クラウドファンディングと不動産クラウドファンディングは、名前こそ似ていますが、サービスの中身は全く異なります。まずはそれぞれの違いと特徴をしっかり理解しましょう。

 

クラウドファンディングは、まだ世の中にないような新しい商品を製品化したい考えている人に対して、その商品や製品開発のストーリーに共感した人が、商品化するよりも前に開発者にお金を渡し、その費用から製品を開発することで、投資してくれた人に商品を返礼品として、渡す仕組みのことです。

 

今までは、商品を作ってからでないと、世の中に商品として販売することができませんでしたが、先に資金を募ることにより、開発費に十分な費用を当てることができるようになったり、製品化しても売れるのかどうか分からないといったメーカー側の不安を払拭できるようになりました。

 

不動産クラウドファンディングとは、不動産を小口化することにより、不動産を少額で投資できるようにした仕組みのことです。元々投資用として販売していた物件を細分化することにより、数千万円から数億円する様な物件を、小さい金額でも投資できるようになりました。


これにより、銀行からの借入や様々な書類の提出などをしなくても、より手軽に不動産投資ができるようになりました。投資した金額に対して、年利が設けられており、ある一定の期間が立つと投資金額とそれに対する年利が追加されて、入金されるのが一般的です。

 

両者ともクラウドファンディングという言葉を含んでいますが、大人数で一つのプロジェクトをサポートするという根幹は一緒ですが、投資する対象やリターンが異なるので、よく調べてから購入や投資をするようにしましょう。

 

不動産クラウドファンディングを行っている会社はどのような会社があるの?

ここからは、不動産クラウドファンディングを行っている会社について説明していきたいと思います。不動産クラウドファンディングを行っている会社は複数社あるのですが、ここでは人気のある不動産クラウドファンディングのみを紹介していきます。

 

property+ (プロパティプラス)とは?<PR>

property+ (プロパティプラス)とは?<PR>|リビングコーポレーション

海老蔵さんや橋本環奈さんのCMでも知られる東証一部上場の飯田グループ「リビングコーポレーション」が運営するproperty+ (プロパティプラス)は、今月5月にサービスを公開したばかりです。

 

一部上場企業グループであること、またリビングコーポレーションは創業が1990年という30年以上の歴史を持つ会社であり、自社で開発した物件は、賃貸マンションで295棟、木造アパートで298棟という確かな実績があり安心感があります。

 

まさに信頼のある老舗企業の新しい挑戦といった感じでしょうか。また取り扱っている自社開発のマンションやアパートは、流行りのデザイナーマンションが多く、グッドデザイン賞を受賞している物件もあります。少額でおしゃれなマンションを保有したい方や、自社開発で運営母体もしっかりしている会社がいいという方にはおすすめです。


・注意点

サービスをリリースしたばかりの会社のため、ウェブサイトの使い方で不便を感じる可能性があります。

 

<PR>【期間限定】年利10%の不動産クラウドファンディングを実施中!詳しくはこちら!

 

crealとは?

crealとは?|投資がもっと楽しくなるメディア

 

創業が2011年のcrealは、比較的若い会社のベンチャー企業で上場はしていませんが、不動産クラウドファンディングの累計調達額が80億円を突破している勢いのある会社です。

 

他企業の物件を掲載することで、ホテルや学校など掲載される投資物件を増やしているようです。自社開発の物件の竣工数はあまり多くないのが印象的でした。ウェブサイトはグッドデザイン賞を受賞しており、見やすい設計になっているので、ネットが苦手な方にも使いやすいと感じるかもしれません。


・注意点

新興企業で上場している会社ではないため、投資する際に会社情報や物件情報を十分にチェックするのをおすすめいたします。

 

Rimpleとは?

Rimpleとは?|リビングコーポレーション

 

2015年に東証一部上場したプロパティエージェント社が運営するRimpleは真矢みきさんのCMで一躍話題になりました。元々不動産投資のサービスを運営していたこともあり、安心感があります。

 

特徴としては、リアルエステートコインという自社独自のポイントシステムを採用しており、セゾンの「永久不滅ポイント」やお小遣いサイトの「モッピー」からリアルエステートコインへの交換ができるなどのメリットがあります。


例えば、ポイントをコツコツとためていたが、特にポイントの使い道がなく、投資に使ってみようかなと感じている人にはおすすめのサービスです。


また、Rimple’s Fridayという第2・4金曜日に新しい物件を公開しているので、定期的に投資をしたいという方にもおすすめです。(2021/4/29現在)


・注意点

プロパティエージェント社の口コミを読むと、知らない営業電話から投資用マンションを営業されたという書き込みがあったので、気になる方はGoogleに記載されている口コミも参考にしてみてください。「プロパティーエージェント」とGoogleで検索すると口コミを見ることができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。クラウドファンディングと不動産クラウドファンディングの違いと、不動産クラウドファンディングで人気のあるサービス3社について説明をしました。
ぜひ自分にあった不動産クラウドファンディングを探してみてくださいね!

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.