FX株とは何か?失敗しないコツを徹底解説!

FX株とは何か?失敗しないコツを徹底解説!|リビングコーポレーション


投資に興味を持つとFX株というキーワードを目にすることも多いでしょう。投資に取り組んでいく上では正しく理解しておきたい言葉ですが、どのような意味を持っているのでしょうか。関連するサービスと合わせて理解しておきましょう。

投資に興味を持つとFX株というキーワードを目にすることも多いでしょう。投資に取り組んでいく上では正しく理解しておきたい言葉ですが、どのような意味を持っているのでしょうか。関連するサービスと合わせて理解しておきましょう。

 

 


FX株とは何か

FX株は実は金融業界で特に定義されている言葉ではありません。外国為替証拠金取引のFXと株式投資の株を合わせたもので、文脈によって意味が大きく異なります。

単純に投資の方法について話題に上っているときにFXと株式投資の両方を指してfx株と表記していることもあります。

この二つがよく同時に話題にされるのは、現物取引の中で人気が高いからです。通貨を利用するか、株式を使うかの違いがあるだけでなく、取引のルールや利益の生み出し方などもfxと株式投資では大きく異なっています。どちらをやったら良いかがわからないといった形でFX株の名前が上がってくるのが典型的です。

また、株式投資をしていた人がfxも始めて両方で利益を上げているケースもあります。通貨も株式の価格も社会情勢による影響を似たような形で受けることもあって、考え方を流用して取り組みやすいからです。そのため、fx株の両方で稼ぐといった使い方もしばしば見受けられています。

一方、FXに関わるサービスを提供している株式会社の株価に着目して株式取引をするときにもFX株という言葉がよく登場します。AI株なども代表的なもので、特定の分野の株をまとめてこのように呼ぶことが多いのです。

この他にもFXと株式投資の両方に関わるサービスを提供しているときに、FX株というキーワードを使って名称を付けていることがあります。


FX株価に着目する投資

FX株価に着目して行う株式取引はFXが注目され始めた頃には大きな注目を浴びていました。fxのサービスを提供しているのは日本では主に証券会社ですが、海外ではfxを専門的に取り扱っている業者もたくさんあります。

独自の取引プラットフォームを用意してサービスを提供し、多くのユーザーを獲得して利益を生み出すのに成功している事例も多々ありました。FX投資家が増えているときにはこのような専門業者の株価の上昇は著しく、fx株に投資するトレンドが生まれたのです。

それに比べるとFX以外の株式投資やオプション取引、先物取引なども幅広く取り扱っている証券会社ではFXの人気の影響をあまり受けず、むしろ投資信託の人気のお陰で株価が上がってきているところがあるのが現状です。

投資家の獲得競争が落ち着いてきた影響で、FX株での取引は下火になってきているのが現状です。もともと株価が急騰することを狙ってFX株に注目していた投資家が多かったからです。ただ、FXの人気が衰えているわけではありません。

そのため、安定して利益を生み出すのに成功しているFX業者を見つけて、長期保有によって株価の上昇を狙うことはできるでしょう。

また、新しいFXサービスを提供する業者が市場に参入してきた場合には急騰株になる可能性もあります。多くの投資家がfxに取り組んでいる限りは注目度が高いのがfx株です。


FX株マップの活用

FX株マップは正確に言えばFX株マップ.comと呼ばれるクォンツ・リサーチ社が提供しているオンラインサービスです。

クォンツ・リサーチ社では株マップを筆頭として、FX株マップ、ETF株マップ、投信株マップなどの投資に関わる情報発信と投資先の検討のためのプラットフォームを提供しています。

FX株マップはfxで投資をしている人のためのサービスです。市場で取引されている全通貨ペアの株価やスワップなどに加え、為替予測のシグナルなども公開しています。さらに、為替チャートも全て表示できるようになっていて、1分足から月足まで自由に表示させられます。

簡単なテクニカル分析もオンラインでできるシステムになっているため、FX株マップを使えばエントリーや利益確定、損切りなどのタイミングも見極められるでしょう。

FX株マップでは為替ニュースやブログなどの発信もしているため、FXをしている投資家にとって有用なサイトの一つです。これからfxの口座を開設して始めたいという人にもFX口座の一覧が掲載されているので役に立ちます。

取引単位やスプレッド、スワップなどを簡単に比較できるので、候補をスムーズに絞り込むことが可能です。FX取引をするときにはサポートツールとして利用すると、スムーズに取引を進めていくことができるでしょう。


FX株券担保サービスとは

FX株に関して知っておきたいサービスにFX株券担保サービスがあります。FX株券担保サービスはFXで必要になる証拠金として現金ではなく株券を利用できるサービスです。通常、FXでは証拠金を口座に入れておき、その証拠金にレバレッジをかけた値まで取引に使用できます。

つまり、株券を持っていれば一円も資金がなかったとしてもFXで取引が可能なのです。どの証券会社でも提供しているサービスというわけではありませんが、証券会社によっては投資信託も証拠金の代わりに使用することができます。

FX株券担保サービスを使う投資は資金効率を上げる方法として優れています。株式として運用しているときには配当金をもらったり、株主優待を受け取ったりすることが可能です。そして、株価が上がったときにはfxに必要な証拠金分の株券さえ残っていれば他は売買することもできます。

FXによって利益を上げたら、その利益も口座に入ります。つまり二重で資産を運用しているような形になるのです。

ただし、FX株券担保サービスを利用するときには株券の価格の50~70%くらいの価値でしかfxの証拠金として使えません。

さらに、証拠金の支払いが必要になった際に現金で補うことができないと株券が強制的に売却されてしまいます。fx株券担保サービスを使って運用するときにはリスクも二重になると理解しておきましょう。


FX株で失敗しないコツ

FX株に注目して投資をしていくときには投資目的をはっきりとさせてから取り組むのが失敗しないためのコツです。fxも株式投資も取引の仕方によってデイトレードのような短期取引も、数十年先の大きな利益を見越した長期投資もできます。

特に投資期間の違いによってどのような知識やテクニックが必要かも異なり、銘柄の選び方も変えなければなりません。日々の投資に費やす時間にも大きな差が生じることに加え、目標金額を達成するに必要は資金額も違います。

よくあるのは老後の資金を稼ぎたいと考えているにもかかわらずデイトレードを繰り返して失敗してしまうというパターンです。

また、老後を見据えて投資をしようとしているのに、1年後には成長しているかどうかわからないような企業の急上昇株を、株価が上がりきったところで買ってしまうケースもあります。

FXの場合にも同様で長期で利益を得たいならスワップポイントに着目して高金利通貨を中心に運用するのが適切です。短期的な視野で低金利通貨を買ってしまい、予想が外れて価格が下がって損切りポイントも逃すといった状況になる場合もあります。

このような失敗は目の先の利益を得ようという気持ちが強くなったために起こるのが通例です。投資期間を十分に確保できるときには、落ち着いて銘柄分析をしてずっと利益を生み出すと期待できるものを選び出すように心がけましょう。


投資をするならFX株に注目

FX株はFXと株という意味もあれば、FX株券担保サービスなどのFXと株式投資に関わる各種サービスを示すこともあります。両方とも人気が高い投資方法なので新しい関連サービスが出てくる可能性があることを念頭に置き、どちらからも目を離さないようにしましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.