デイトレとは?基本的なやり方も徹底解説!

デイトレードとは?基本的なやり方も徹底解説!|リビングコーポレーション

 

デイトレーダーが大きな成功をして多額の収入を得ているという噂を聞いたことがある人もいるでしょう。デイトレードによって利益を得るのに成功している事例はよくブログなどでも取り上げられていますが、どのような投資方法なのでしょうか。

 

デイトレーダーが大きな成功をして多額の収入を得ているという噂を聞いたことがある人もいるでしょう。デイトレードによって利益を得るのに成功している事例はよくブログなどでも取り上げられていますが、どのような投資方法なのでしょうか。


デイトレーダーとは


ブログやSNSなどでよく話題になっているデイトレーダーとはそもそも何なのでしょうか。トレーダーとは取引をしている人のことで、端的に言えば個人投資家です。

 

特にトレーダーと言うときにはプロトレーダーを指し副業として投資に取り組んでいるのではなく、投資取引による利益で生計を立てている人を指す場合もあります。本来は広い意味で本業でも副業でも投資をしている人のことを指す言葉なので、インターネットなどから投資の情報を得るときにはどちらの意味で使われているかに注意しましょう。


デイトレーダーの場合には日計りの取引を基軸にして投資をしている個人投資家を指します。投資には色々な種類があって何年あるいは何十年という期間を得るのを目指すものも少なくありません。それに対して数日や数週間という単位で取引をするものもあります。さらに短いものでは数分、数秒といった商品もあるのです。

 

デイトレーダーはこのような短期取引を繰り返すことによって利益を積み上げていっている投資家です。必ずしも長期投資を全くやっていないとは限りませんが、メインにしているのが短期取引の場合にはデイトレーダーと呼ぶのが一般的になっています。日々利益を上げることにより大きな収入を得るのに成功しているデイトレーダーがブログなどで成功談を公表していると考えると良いでしょう。ただし、実績が本当かどうか怪しいデイトレーターもいるので、注意が必要です。


デイトレードの詳細を知ろう


デイトレードはデイトレーダーが取り組んでいる短期取引の投資を指します。必ずしもデイトレーダーでなくとも短時間で決済する取引を行うことがありますが、その場合にもデイトレードと呼びます。

 

典型的なのが株式取引、FX取引、CFD取引で、バイナリーオプション取引や仮想通貨取引もよく注目されるようになっています。FX取引とバイナリーオプション取引を例に取ってみるとなぜデイトレードが可能なのかがよくわかるでしょう。


FX取引ではある通貨ペアに着目して「買い」または「売り」の取引を開始します。そして、購入した通貨を売却する、あるいは先んじて売却した通貨を買い戻すことにより、差額で利益を得る仕組みなのがFX取引です。

 

この決済のタイミングは自由に選べるので数秒後でも数時間後でも数か月後でも構いません。その日のうちに大きな値動きをする通貨ペアを見つけられれば大きな利益を生み出せるのです。


バイナリーオプション取引の場合にはエントリーすると数分後から数時間後には結果が出る取引ができます。

 

予想が当たればペイアウトがあるので利益が生まれ、外れると投入した金額が全て失われるのがバイナリーオプション取引の基本です。このような取引を駆使すると一日の間に結果が出る仕組みで投資による利益を生み出せるため、デイトレードを中心にする投資家が生まれています。


デイトレードは本から学べる


デイトレードで大きな利益を生み出せるようになるためには短時間で利益を生み出せる取引を繰り返すことが必要になります。スキャルピング取引と呼ばれる手法で、リスクとリターン、成功率を考慮しながら金額を設定してうまく資金を投入していかなければならないのが特徴です。

 

そのため、長期投資とは異なる視点での資金運用が必要になります。そのためのノウハウを学びたいときには本を使うのが簡単です。デイトレーダーとして成功してきた人たちは、自分たちが作り上げてきたノウハウの一部を本にして出版しています。デイトレードの基本的な考え方をまとめている本もありますが、人気の高い金融商品に着目して具体的なトレードテクニックまで紹介している本も少なくありません。


初心者にとっては本で基礎を学び、すぐに実践できるテクニックを身につけるのがデイトレーダーになるための近道です。ただし、本を読んだだけではデイトレードですぐに稼げるようにはなりません。

 

学んだことを実践してみて自分なりのトレード方法を編み出すことが必要になります。投資に対していつどれだけ時間をかけられるのか、経済や政治の動きにどのていど精通しているかは人によって異なるでしょう。そのギャップを埋めなければデイトレードで成功するのは難しいので、学んだら実践的に投資をしてみるのが大切です。


デイトレードの基本的なやり方


デイトレードに本格的に取り組んでみたいと思ったら証券会社の口座を開設するのが基本になります。株式取引、FX取引、バイナリーオプション取引などの中からやりたい投資を選んで、その取り扱いがある証券会社で口座を開きます。そして、口座にお金を入れたら少額から始めて取引をしていくのが基本です。

 

デイトレードでは予想が当たりそうなポイントを探し出すのが肝心なので、株式やFXなどであればチャートを分析することや、政治の動向、経済指標の発表などの様子を確認することが必要になります。このようなテクニカル分析やファンダメンタルズ分析を実施して、予想が当たるはずだというタイミングで投資をしていきます。


デイトレードではタイミングが重要になり、取引の種類によっては秒単位で利益か損失かが分かれることもあるので注意が必要です。パソコンに張り付いてタイミングを見計らうのも良い方法ですが、出先などでもスマートフォンやタブレットで取引できるようにすると利益を生み出しやすくなります。

 

経済指標の発表などの特別なタイミングでない限りは、1取引から得らえる利益はあまり大きくないので、取引の回数を増やす努力をするのも重要です。その点でも手元にいつも持っているスマートフォンで素早くかつタイムリーに取引できるように準備をしておくのが賢明です。


デイトレードは少額投資に向いている


デイトレードはスキャルピング取引が基本になるので、少額投資にも向いています。数秒から数分で一つの取引が完結して、すぐに投入した資金の一部または全額以上が手元に戻ってくるでしょう。

 

この資金をまた違う取引に投入して、間もなく手元に資金が戻ってくるという形で取引を繰り返せるのがデイトレードの特徴です。そのため、例えば10,000円しか取引資金がなかったとしましょう。


全額を投資するともう取引ができなくなってしまうので1,000円だけ投入したとします。結果として少し利益を上げて戻ってきた1,050円を、またすぐに取引に使って50円の利益が生まれたら1,100円になります。

 

このようにして成功率が高い短期取引を繰り返していればだんだんと投入できる資金も増えていき、大きな利益を生み出せるようになると期待できるのです。


このような観点から、少額取引が可能な商品を選ぶのがデイトレードでは重要になります。レバレッジをかけられるFX投資は少額でも取引をしやすいですが、リスクも高くなるので気を付けなければなりません。

 

資金が本当に少額しかない場合には追証が必要になるリスクを避けなければならないので、バイナリーオプション取引などを選ぶのが無難です。運用できる資金の金額によってどの投資商品を使ってデイトレードをするべきかは異なるため、自分の状況に応じた選択をしましょう。


リスクを考慮しつつデイトレードをうまく活用しよう


デイトレードは短時間で結果が出る取引を繰り返して利益を得る方法です。リスクも大きいので気を付けなければなりませんが、デイトレーダーとして成功している人もいます。デイトレードに使う資金をいくらにするかをよく考えて取り組んでいきましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.