テンセントの株の特徴とは?

テンセントの株の特徴とは?|リビングコーポレーション

 

株式投資についての情報を収集しているとテンセント株がしばしば話題に上っています。しかし、あまり詳しくない人にとってはなぜ注目されているのかがわからないでしょう。この記事ではテンセント株についての情報を提供します。

テンセント株式会社とは


テンセント株について深く理解するためには、テンセント株式会社について知る必要があります。テンセント株式会社は中国に本拠を置いている会社で、ソフトウェアやインターネットに関連するサービスを提供しています。


子会社を多数設立してテンセントグループとして経営を進めているのが特徴で、日本にも100%子会社の日本法人テンセント・ジャパンがあり、投資先としてもよく注目されている会社です。


テンセント株式会社が特に力を注いできたのはインターネット上で利用できる各種ソフトウェアで、SNSサービスやウェブホスティングサービスなども提供しています。そして、トレンドの変化に伴って事業拡大の方向性も柔軟に変更してきました。


現在主力となっているのがゲーム分野で、オンラインで利用できるネットワークゲームやスマートフォンで楽しめるアプリを多数提供しています。


特に世界最大とも言われるいくつかのゲームの運営会社のを子会社として置いているのが注目されていて、買収によって事業拡大を進めている傾向もあるのが特色です。


アグレッシブな姿勢でゲーム開発を進めていることからペナルティを受けた経験などもありますが、改善を進めるのが早いので安定してサービスの提供を続けています。ゲーム分野だけでなく情報技術に関連する世界各国の大手企業との提携も進めていることから、今後も飛躍的な成長を遂げることが期待されている会社となっています。


テンセント株とは


テンセント株とはテンセント株式会社の株式のことです。株式投資で注目されているのはテンセント株式会社が期待の成長企業となっているからに他なりません。


テンセント株式会社を大きく印象付けたのはQQ空間と呼ばれる中国でも最大級のSNSサービスに加えて、WeChatと呼ばれる電話会議サービスが中国全土に広まったからでした。


新型コロナウイルスの感染拡大に伴うリモートワークの増加によって、WeChatやSNS、さらにはインスタントメッセンジャーのテンセントQQもさらに流通するようになり、期待が高まってきているのが現状です。


実際にはコロナ禍の影響による大幅な株価の上昇はありませんでしたが、方針転換が早い企業なのでアフターコロナやウィズコロナへの柔軟な対応も期待されています。


テンセント株が注目されているのはゲーム業界への注力が進んでいることも挙げられます。ゲームは世代も時代も超えて消費者から求められているサービスで、時代が変わっていってもニーズが途絶えることはあまり考えられません。


日本は世界でもトップクラスのゲーム開発技術を持っていることでよく知られています。テンセント株式会社はその日本の大手ゲーム会社との提携を進め、複数社との契約をして事業を展開しています。


このように世界から信頼を得ているゲーム会社の協力を得られるようになり、今後の成長が確実性を帯びてきているのがテンセント株への注目度が高まっている理由です。


テンセント株価の特徴


テンセント株は実は長期で見ても大きな値上がりをしている銘柄ではありません。テンセント株が着目されているのはテンセント株価が大きな上昇を続けているからではないかと思うのはもっともなことですが、実際にはこの十年ほどの期間を見てもそれほど大きな値上がりは起こしていないのです。


2016年から2018年にかけては持続的な株価の上昇が見られましたが、むしろその後は株価が低迷して安定してしまっています。コロナ禍の影響を受けて他の企業と同様に株価が一時的に暴落しています。


ただ注目すべきなのはその後の動向で、コロナウイルスの影響によって一時的に暴落したテンセント株価は半年ほどで元の水準に戻ってきているのです。


つまり、テンセント株価は長期的に見ても大きな値上がりを必ずしも期待できるわけではありませんが、社会を揺るがすような出来事があったとしても株価が大きく低迷し続けてしまうリスクが低いことがわかります。


長期保有をしても売却時に損失を生むリスクが低いため、配当金で利益を得ていけば大きな資産形成につながると予想されるのです。


このようなテンセント株価の動きは、時代の情勢に応じて柔軟に対応する事業方針の切り替えの早さに加え、ゲームという安定したニーズがある分野に足を踏み出したことに由来していると考えられるでしょう。


テンセント株価は楽天でも確認できるのか


テンセント株に興味を持ったときにはテンセント株価を追ってみたいと思う場合が多いでしょう。株価を見るときには様々な証券会社や調査会社などが提供している株価チャートを使うのが一般的です。


楽天ユーザーにとっては楽天のサービスで確認できるのかが気になるかもしれません。楽天グループにも楽天証券があり、資産運用をしている投資家のために株価チャートのサービスを提供しています。


楽天では楽天証券で口座開設をしていない人でも気軽に株価チャートを閲覧できるようになっているので、まだ口座開設をしていない人でもテンセント株に投資をしていない人でも確認が可能です。


テンセント株価は楽天では1日足から10年足のチャートで確認することができます。ロウソク足やバーチャート、ヒストグラムなどによる表示ができることに加えて、テクニカル分析に必要なインジケーターもいくか表示可能です。単純移動平均線だけでなくボリンジャーバンドやフィボナッチライン、一目均衡表などのトレンド系インジケーターを使えます。


オシレーター系インジケーターもMACDやストキャスティクスなどを使うことができるため、チャート分析に詳しい人も納得してからテンセント株に手を出すことができるでしょう。他の銘柄との比較機能もあるので、テンセント株価を他の銘柄と比較して決めたいときにも有用なチャートサービスです。


テンセント株の買い方のコツ


テンセント株を買うときには利益を生み出すために少し工夫が必要です。テンセント株価は長期的に見てそれほど高騰するとは期待できないのが、過去の株価の推移からわかります。そのため、売買によってキャピタルゲインを得るのにはあまり適していません。


重要なのは長期保有をしても株価が下がりにくく、配当金は出されていることです。つまり、配当金によるインカムゲイン重視の運用に適しているのがテンセント株の特徴と言えます。


テンセント株の買い方のコツは短期的に見て安いタイミングで少額購入をすることです。そして、自分の株式購入価格を記録しておいて一株当たりの平均価格を算出しておきましょう。


その平均価格よりも安いときがあったら買い増しをしていき、少しでも平均価格を下げるのが効果的です。このように投資をしていくと積み立てができるので大きな配当金の取得につながります。


さらにテンセント株価は同じ程度の水準に留まりやすいので、平均価格を下げておけば売却時にも利益を生み出しやすくなります。慌てて大量に投資するよりも安いタイミングを狙って買い増しをしていき、長期的には大きな資産にするのがテンセント株を狙うときには効果的な方策です。


テンセント株で安定した資産形成をしよう


株式投資による資産運用はリスクが伴うのは確かですが、テンセント株は比較的株価が安定しているので長期的に損失を生むリスクが低いのが魅力です。安値を狙って購入し、配当金で利益を得ていくようにするのが賢い方法でしょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.