おすすめの不動産売却査定サイトについて徹底解説!

不動産のおすすめサイトについて徹底解説!|リビングコーポレーション

不動産投資では主に家賃収入で利益を得ることが多いですが、売却によって利益を得る場合もあります。

 

売却の際、その売却価格、相場を知る手助けをしてくれる様々なサービスがあります。今回は不動産の売却に役立つサービスについて紹介していきます。

 

<不動産売却査定サービスとは>


不動産売却査定サービスは、不動産の査定を簡単に受けられるサービスです。不動産の査定とは、不動産の売却価格を不動産会社などに出してもらうことを指します。不動産の査定価格の算出は非常に複雑です。

 

査定価格は不動産その物の価値だけではなく、物件の場所や間取り、売却時の不動産市況など様々な項目が影響します。そのため不動産の専門家である不動産会社などに依頼し、適正な査定を受けることが一般的です。

 

不動産の査定額は、あくまでも売却の目安であり査定額通りに売却できるとは限りません。査定額が高額でも、実際の売却価格は低くなってしまったというケースもあるため注意が必要です。

 

不動産の査定は不動産を売却する際に最初に行う必要があります。不動産会社によって査定額が異なるため複数の不動産会社に査定を依頼するのが一般的です。

 

しかし不動産の査定は時間と手間がかかるため、売り手の大きな負担になります。その際にはネット上で複数の不動産会社に査定を依頼できる、不動産売却査定サービスを利用すると便利です。

 

 

<査定サイトを使うメリット>


不動産投資で査定サイトを使う一番のメリットは、時間と手間を省けるという点です。本来であれば、不動産の査定は査定を依頼する不動産会社をピックアップするところから始まります。

 

自分の希望に合う不動産会社を選び、査定依頼の連絡を取り、訪問査定の場合には日程のすり合わせも必要です。

 

査定サイトを使用すれば不動産の情報などの記入作業が一回で済みますし、web査定であればスピーディーな査定ができます。仕事などで忙しく不動産会社に直接足を運ぶ時間が確保できない場合に最適なサービスです。

 

一括で査定が依頼できるので、それぞれの不動産会社の査定価格を比較することができます。自力で複数の不動産会社にいちいち査定依頼を出していると、査定価格がそろうまでに多くの時間がかかります。

 

不動産の売却にはタイミングがありますので、査定に余計な時間をかけすぎるのは得策ではありません。査定サイトを上手に使って効率的に売却を進めましょう。

 

<大手と中小のどっちを選ぶべき?>


不動産の売却には、適切な不動産会社を選択する必要があります。不動産物件に合わない不動産会社を選んでしまうと売却価格などで損をする可能性もあるため要注意です。不動産会社には大手企業と中小企業があります。大手と中小のどちらを選べばよいのか迷ってしまう方も多いです。


大手企業の場合には、資本力が大きく広告なども多く打ち出しています。ネームバリューがあり、信頼感を得られるという点がメリットです。顧客情報や不動産に関する情報を豊富に保有しているため、売り手と買い手のマッチング力が高いです。大手のデメリットは取り扱う案件が多いため、物件や条件によっては後回しにされることも考えられます。


これに対して中小企業の場合には、地域に根差した丁寧な対応がメリットです。売り手一人一人に対して親身に対応してくれます。デメリットとしては資本力の低さと顧客量の少なさです。これらのデメリットの影響で選択肢が少なくなることがあります。

 

<オススメの不動産査定サイト>


不動産査定サイトは、一括で何社もの不動産会社に査定依頼ができるのがポイントです。便利なwebサービスで人気のため、多数の不動産査定サイトが存在しています。どのサイトを利用するべきか迷うことも多いです。

 

不動産査定サイトを選ぶ際には、サイトの特色に注目しましょう。マンションの査定に特化した不動産査定サイトや、大手不動産会社が多い不動産査定サイトなど様々です。


おすすめの不動産査定サイトに「HOME4U」があります。HOME4Uは歴史も長く、大手と中小の不動産会社にバランスよく査定を依頼できるのがメリットです。優良企業が多く、まず最初はHOME4Uを活用して不動産の査定価格を把握しておきましょう。


その他には「HOME’S」がおすすめです。HOME’Sは一括で不動産査定を依頼できますが、その際に連絡方法を電話・メール・郵送から選ぶことができます。電話連絡のみの場合には複数の不動産会社から一度に連絡が入り対応に困ることがありますので、都合によって選べるのが便利です。


<その他相場を調べる方法>


・取引情報提供サイト「レインズ・マーケット・インフォメーション」


公共財団法人公共財団法人東日本流通公共財団法人東日本流通機構の特設サイトであるこちらでは、実際の不動産の成約価格が一般の人にも制限付きで公開されています。不動産業者の人が実際に見ているデータベースであり、制限付きで見られる情報が少ないものの、見ておく価値はあるでしょう。マンション名までは特定できませんが、専有面積や間取りなどを細かく記入してその販売価格を調べられます。


・AI査定「HowMa」「イエシル」「おうちダイレクト」など


必要な情報を入力すると、保有するビッグデータからAIが条件の近い物件を探し出し、それを元に査定金額を出してくれます。匿名で無料で査定してくれるため、不動産会社からの営業を受けたくない、もしくは売る時期を見極めている方にはオススメできます。また査定時間も5分ほどと短い時間で査定できますが、不動産会社での査定より精度は劣るのがデメリットです。


・不動産専門データバンク「東京カンテイ」


会員制のデータバンクで、全国の図面情報や価格などを調べることができます。非会員でも、中古マンション価格天気図という全国の中古マンションの価格相場の動向をみることができます。

 

<不動産売却の際注意すべきポイント>


不動産投資の売却の失敗で多いのが、一社でしか見積もりをせずに売却してしまい、後からもっといい価格で売れたと知るパターンです。不動産の売却の際には、先ほどまで紹介してきたようなサイトで複数の不動産会社に査定をしてもらいましょう。査定価格を比較できますし、スタッフの対応力や信頼性などもチェックできます。

 

質問に対してわかりやすく答えてくれたり、丁寧に対してくれたりする不動産会社が望ましいです。どんなに高額な査定価格を提示されたとしてもスタッフの対応が良くない不動産会社はおすすめできません。不動産の売却を安心して任せることができる不動産会社を選ぶことが重要です。


次に、売却したい不動産物件のクリーニングをしておきましょう。綺麗だからといって査定額が大きく上がるというわけではありませんが、ペット可の物件や喫煙可の物件では、それによる汚れで査定金額が下がってしまう場合があります。またハウスクリーニングを行う場合は引っ越しシーズンなどの繁忙期を避けた方が出費を抑えられるためオススメです。

 

<まとめ>


様々なサービスから不動産の売却価格を調べることができますが、あくまでも参考価格で実際に売却する際の値段とは異なってきます。不動産を売却する際には様々な手続きを踏む必要もあるので、金額以外のことも相談できるような不動産会社を選ぶことが大切です。

 

不動産の売却先がなかなか見つからない、売却時の仲介手数料を負担したくないなどの不動産の売却や相談はぜひリビングコーポレーションにお任せください。お客様一人一人のお悩みを解決いたします!

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.