100万円以下で始められる物件投資の特徴とは?

100万円以下で始められる物件投資の特徴とは?|投資がもっと楽しくなるメディア

 

100万円以下の自己資金で投資ができたら良いのにと思っている人もいるでしょう。実は首都圏でも100万円以下で投資を始められる物件が流通するようになってきました。ここでは代表的な地域における特徴と、このような物件を選ぶメリットやデメリットを紹介します。

 

100万円以下の自己資金で投資ができたら良いのにと思っている人もいるでしょう。実は首都圏でも100万円以下で投資を始められる物件が流通するようになってきました。ここでは代表的な地域における特徴と、このような物件を選ぶメリットやデメリットを紹介します。

 

 

100万円以下から始められる物件投資のメリットとデメリット

100万円以下から不動産投資を始められるような物件には二種類あります。購入価格が100万円以下になっているものと、不動産投資ローンを組んで購入すれば手持ち資金が100万円以下でも始められるものです。このどちらかによってメリットとデメリットには違いがあります。

 

まず、購入価格が100万円以下の場合には築古で立地も良いとは言えないのが一般的です。物件価格は低いものの、リフォームやリノベーションをしないと運用がまず不可能なのがデメリットです。


また、流通量が少なくて地方でしかほとんど見つけられません。ただ、100万円あれば借り入れをせずに不動産投資を始められるという点で優れている物件です。


一方、100万円以下の手持ち資金でローンを組めば始められる物件は、首都圏にも比較的多いのがメリットです。運用の仕方次第ではすぐに初期投入した資金は回収でき、着実にローンを返済して利益を生み出せます。


デメリットはローンを組まなければならず、審査を通れるような状況の人でないと始められないことです。また、物件によってローンの頭金がどのくらい必要か、リフォームやリノベーションが必要かも異なります。


そのため、不動産投資を始めるときの資金がどのくらい必要かを見積もりや市場調査を通してよく吟味し、本当に100万円以下で始められるのかを見極めることが必須です。


千葉における100万円以下物件の特徴

100万円以下物件についてよく注目されているのが千葉です。千葉では100万円以下で購入可能な物件も、100万円以下の自己資金でローンを組める物件も比較的たくさん見つけられます。


100万円以下で購入可能な物件は、千葉の郊外でよく見かけられます。観光地として発展させようとしたけれど、結果的にはあまりうまくいかなかったエリアで多いのが特徴です。都会からは離れてしまっているので入居希望者があまりいないのが問題点ですが、地方での生活を希望する人が増えてきていることから狙い目とも言えます。


特にシニアになってから地方で生活したいけれど、あまり都会から離れたくないという人が増加しているため、リノベーションの際にシニア世代を狙うとうまく経営できると考えられます。


一方、100万円以下の自己資金で調達可能な物件については木更津市などのアクアラインの周辺でよく見かけられます。アクアラインが開通した時期には東京のベッドタウン化が進むと考えられていてマンションやアパートがたくさん建てられました。


ただ、想定していたほどにはベッドタウン化が進まなかったことから物件が余っている状況があります。地価が安い影響もあって100万円以下の自己資金で買える物件が比較的多いエリアです。東京への通勤者だけでなく、このエリアで生活をする人たちのニーズを考慮すると魅力的な物件が手に入るでしょう。


埼玉における100万円以下物件の特徴

埼玉も千葉と同様に100万円以下物件が比較的流通していることからよく着目されるようになりました。埼玉の場合にも100万円以下で買える物件も、100万円以下の手持ち資金で不動産投資を開始できる物件も流通しています。


埼玉ではさいたま市や川口市などの東京に近いエリアを中心としてベッドタウン化が進められてきました。その取り組み自体は成功したものの、東京へのアクセスがあまり良くないエリアでは都市開発に苦労している傾向があります。


このようなエリアでは遠くの移住者がいることを期待してマンションが建てられたものの、想定されていたほどには人が集まらずに物件が余っているのが現状です。


このようなエリアでは100万円以下の手元資金でローンを組めば買える物件がしばしばあります。ワンルームマンションがほとんどなので、区分マンション投資をするときに適しているエリアです。


一方、埼玉の地方では築古の物件が100万円以下で買えることがあります。一戸建てもアパートもあるため、地域振興の動きがあるタイミングで購入して運用を始めれば不動産投資に成功できると期待できます。


埼玉ではエリアによって地域振興の取り組みに対する熱意が大きく違っていることから、その動きを見極めて投資判断をするのが大切です。ニーズがなければ成功できないということを念頭に置いた物件探しが必要と言えます。


神奈川における100万円以下物件の特徴

神奈川も100万円以下で不動産投資を始めたいという人がよく目を向けています。ただ、神奈川では100万円以下で買える物件は流通量がかなり限られているため、一般的には100万円以下の自己資金で不動産投資を始められる物件が選ばれています。


横浜などの中心的な都市では郊外でもこのような値打ちの高い物件はあまりありません。100万円以下の自己資金で買える物件が流通しているのはもっと中心から外れているエリアですが、鉄道交通網が活発に整備されてきているので今後の発展を期待できます。


インフラ整備を中心とする都市開発計画を十分に調査して、タイムリーに物件を手配できれば大きな収益につながる不動産投資を行えるでしょう。


神奈川ではワンルームマンションが100万円以下で買える主な物件ですが、以前に観光地化を目指して開発が進められたエリアでは中古アパートも100万円以下で購入できる場合があります。


短期的な視点では神奈川の中心地や東京にアクセスしやすいエリアに単身者が住むと想定してワンルームマンションを狙うと良いと考えられるでしょう。


しかし、中長期的にはさらにベッドタウンエリアが広がると考え、ファミリー層が住むアパートを確保するのも魅力的です。焦点を置くエリアによってどちらを選ぶと成功しやすいかは異なるので、賃貸物件の需要の動向を分析して判断するのが大切です。


静岡における100万円以下物件の特徴

100万円以下での不動産投資では静岡を舞台として選ぼうと考える人も少なくありません。これは静岡は東海地方と関東地方をつなぐ位置にあって不動産の需要が高まってきているからです。


さらに100万円以下で買える物件も、ローンを組めば100万円以下で投資を始められる物件も比較的多くなっているメリットがあります。静岡自体が地方都市としての成長を目指していることに加え、多くの企業が地方に拠点を置こうという動きの中で静岡をしばしば選んでいる状況もあります。


そのため、中長期的な視点では静岡に居住したいという人が増えると考えることが可能です。それに合わせて不動産投資を開始すれば100万円以下の物件をうまく運用できると期待できます。


静岡では現状としては賃貸物件の需要が静岡市や富士市などの主要都市や大学などの周辺に限られています。100万円以下で買えるのはワンルームマンションが多いので、単身者をターゲットとすると考えるとこのような好立地に物件があれば魅力的です。


しかし、ニーズがあるとわかっている地域ではなかなか100万円以下で調達可能な物件が見つかりません。そのため、今後の都市の発展を見越して物件を探すエリアを決めることが重要です。大きな企業が拠点を置く予定を立てたり、都市開発が急速に進められたりするタイミングを見計らって値打ちの高い物件を探すのが賢い方法でしょう。


100万円以下の物件を狙って投資を始めよう

不動産投資では巨額の資金が必要と思われがちですが、100万円以下でも始められるケースがあります。物件価格が100万円以下か、ローンを組むと自己資金が100万円以下で済むかはケースバイケースです。それぞれの特徴を理解して不動産投資を検討してみましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.