100円投資で生まれる利益は?少額投資で得られる経験

100円投資で生まれる利益は?少額投資で得られる経験|投資がもっと楽しくなるメディア

 

少額投資の注目度が高まるにつれて、投資をするために必要な資金額はだんだんと小さくなってきました。現在では100円投資も可能になっている状況があります。この記事では一般的に100円投資と言われているものがどういう投資なのかを解説します。

 

少額投資の注目度が高まるにつれて、投資をするために必要な資金額はだんだんと小さくなってきました。現在では100円投資も可能になっている状況があります。この記事では一般的に100円投資と言われているものがどういう投資なのかを解説します。

 


100円投資とは

100円投資とは一度の投入金額が100円で済む投資方法を指します。一般的に投資では数万円から数十万円くらいの資金がなければ始められないものでしたが、少額投資に対応するための投資商品が開発されたことにより100円まで最低金額が小さくなってきました。


証券会社によっていくらから始められるかには違いがあり、100円では投資を始められないケースもあります。しかし、ネット証券を中心として少額化が進められ、100円だけでは始められなかったとしても、数百円あれば投資を開始できる場合が多くなってきています。


100円から始められる投資の種類として最も一般的なのは投資信託です。100円の運用ではまとまった利益を得るのが難しいことから、100円の資金投入をしてそのまま運用を続けるスタイルではなく、積立にしているケースが多いのが現状です。


毎週あるいは毎月100円ずつ積み立てながら投資信託で運用していくことにより、原資を増やしながら利益も生み出すというのが一般的になっています。積立投資は複利効果を生かせることから、長期的な積み立てをするとたった100円でも大きな資産形成につながります。


100円であればすぐにでも始められるという人も多いでしょう。積立投資は早く始めて継続するのが重要なので、100円投資に対応している金融商品は、投資を開始する敷居を下げるために開発された投資商品とも言えます。


100円投資の利益は大きいのか

100円から始められる投資は必ずしも利益が大きいわけではありません。金額的な観点では短期的にはあまり大きな金額の利益を上げることはできないのが実情です。仮に利回りが10%の投資信託に資金を投じたとしても、年間で10円の利益にしかなりません。


しかし、複利効果を使って長期的に投資をすれば十年後、二十年後になるとまとまった利益を得られるようになる可能性があります。ただ、毎月100円ずつ投資していたとしても、年間で1200円、10年間で12000円にしかなりません。


100円投資で大きな利益を得られるようにするには資金投入の頻度を上げることが重要で、毎週積立をする方法がよく選ばれています。


金銭的には投資による利益が小さいのは確かですが、知識的あるいは経験的には大きな利益を生み出します。100円しか投資していなかったとしても、何百万円も運用している人と同じように取引をして資産形成を狙うことになるからです。


実際に資金を投じていないと緊迫感がないので、いつ売買すべきかを見極めるのも、売買の決断をするのも遊び半分の感覚になってしまいます。100円でも投資していれば売るタイミングが悪かったために資金を失うつらさを経験したり、適切なタイミングで利益確定ができて喜んだりすることが可能です。


そのために必要な知識も前向きに習得できるので、投資家として成長する機会を手に入れられます。


始める前に知っておきたい100円投資入門

100円で投資を始める前に知っておきたい入門事項があります。前述のように100円では大きな金銭的利益を上げるのは困難です。そのため、何を目的にして投資をするのかを明確にしておくのが大切です。


長期的に高い頻度で資金投入をする積立投資をすれば利益を上げられる可能性があります。そのためには根気強く取り組む必要があるので、いつまでにいくらの資産を築き上げたいのかをはっきりと決めて、目的意識を持って投資をするのが大切です。


少額資金を使って様子を見ておき、まとまった資金ができたところで大量に投入するという方針も立てられます。


一方、少額の投資をするときには利益を重視せずに、学ぶことを目的とする方針も立てられます。投資信託には国内株式に限定しているものもあれば、先進国株式、新興国株式を盛り込んでいるものもあります。


J-REITや海外REITのように不動産に着目する投資信託もあり、値動きの動向も同じではありません。ETFと呼ばれる上場投資信託なら売買のタイミングを見計らうノウハウも身につけることができるでしょう。


100円の投資で様々な投資信託を選んでみて、どういうタイプの投資信託が自分に合っているかを見極めるという目的を定めるのも良い方法です。


100円で済ませられれば複数の投資を同時に行うのも難しくはないでしょう。時間を効率的に使って学べるという点でも優れています。


100円投資がおすすめな人

100円投資は投資の初心者におすすめです。投資は元本保証がないものがほとんどなので、資金形成のためにやってみたいと思っても資産を失うリスクがあるのが不安になりがちです。


実際に投資をしたことがないと本当にリスクが大きいのか、比較的安定して資産を増やせるのかを判断するのは難しいでしょう。何万円も投資をして損失を出してしまうと後悔するかもしれませんが、100円であれば失敗をしても大きな痛手にならずに済みます。


わずかな資金で学べることがたくさんあったと前向きにとらえることもできるでしょう。このように投資を始める敷居を下げる上では100円しか使わないで済む少額投資は魅力的です。


また、若い世代の人にも100円投資はおすすめできます。毎週100円で30年、40年と積立投資をしていけば老後にはかなり大きな資産になると期待されます。積立投資による複利効果は期間が長いほど大きくなるので、できるだけ早く始めるのが重要です。


若いうちは資金的に余力がなくて投資を始められないと思いがちですが、毎週100円なら確保できることが多いでしょう。ちょっとした節約をするだけで捻出可能な金額なので、社会人になって間もない頃から始められる可能性があります。


20歳から60歳まで運用するという考え方で始めると、老後の生活を豊かにできます。投資についての知識も付くので、将来的に資金ができてから大きな運用もしやすいのもメリットです。


100円投資のデメリット

100円を資金として投資をするのにはデメリットもあります。100円だけでは大きな資産形成になりにくいのもデメリットですが、広い意味でのコストパフォーマンスが低い点にも注意が必要です。


投資をするためには投資対象を選ばなければなりません。どの商品に投資をすると大きな利益になるのかを見極めるためには十分な情報調査をしなければならないでしょう。


何日もかけて情報を集めて銘柄を選定し、投資した結果として利益があまり大きくないと愕然としてしまうかもしれません。仮に売買益によって金額が二倍になったとしても100円の投資では200円になるだけです。100万円を投資していたら、同じ時間や労力をかけて銘柄選定をした結果として200万円になります。


このような広い意味でのコストが利益に比べて大きい点は、投資の勉強や経験のために取り組もうと思っていればあまり大きな問題にはなりません。しかし、運用利益を目的としている場合にはコストパフォーマンスが低いのが悩みになります。


また、100円投資では選べる証券会社が限られてしまうのもデメリットです。証券会社によって取扱銘柄や取引の手数料なども異なるため、自分にとって不利な証券会社を選ばなければならない場合もあります。


証券会社を比較して選びたい場合には100円にこだわらない方が良いのは確かです。どのくらいの金額なら投資に使えるかをよく考えて、証券会社の条件を決めましょう。


100円投資を始めて投資家として成長しよう

少額投資の最低金額は低くなる一方になっていて、100円あれば投資を始められるようになっています。気軽に始められるのが100円投資の魅力なので、できるだけ早い段階で開始して経験を積み、投資家として成長していきましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.