100万円の投資、確実に増やすには?

100万円の投資、確実に増やすには?|投資がもっと楽しくなるメディア


 


100万円の余剰資金があれば投資ができるのか、できるのならどうやって投資するのが良いのかと悩んでいる人もいるでしょう。この記事では運用資金が100万円のときにどのようなやり方をすると良いかを簡単に解説します。

 

100万円の投資

100万円を資金とする投資ではまず方針を定めるのが大切です。100万円あればかなりの金融商品を候補にできるため、リスクとリターン、運用にかかる時間と労力の負担を考慮して最適なものを選ぶのが重要になります。

 

例えば、銀行預金ではほとんど増えないから利回りを少し上げるために投資をしたい場合もあるでしょう。その際にはローリスクローリターンを重視して元本が割れにくい無難な方法を選ぶのが肝心です。

 

それに対して、あくまで100万円を大きく運用して何倍にもしていきたいという場合もあります。この際にはリスクがあったとしてもハイリターンを狙える方法を選ぶのが得策です。

 

100万円の運用を考えるときにもう一つ重要なのが投資をする期間です。100万円を投資していつまでにいくらにしたいのかを考えてみましょう。老後の資金を獲得するのであれば老後になるまでにいくら必要なのかを考えて運用していくことが大切です。

 

期間が長い場合には複利効果を得られるため、比較的ローリスクローリターンの商品を選んでも目的を達成できる可能性があります。

 

しかし、五年後までに二倍にしたいといった目標がある場合には多少のリスクを負ってでも二倍にできる可能性がある商品を選ぶことが必要です。このように目標金額と期間が決まれば何に投資すべきかがはっきりとする点を念頭に置いておきましょう。

 

100万円の投資先

100万円の投資先は候補がたくさんあります。日本国債や外国債、地方債や個人向け社債などの安全性が高い債券は全て候補にできます。預貯金よりも利回りが少し良ければ十分という場合には魅力的な候補でしょう。

 

株式投資やFX投資、商品先物取引やオプション取引なども100万円あれば始められます。バイナリーオプションはレバレッジをかけられないのでリスクが低く、100万円以上の資金を失うことがありません。

 

しかし、稼ぎたいという気持ちが強い場合にはレバレッジをかけられるFX投資などの方が優れているでしょう。近年では仮想通貨取引も登場してきているので現物取引の選択肢は増えています。

 

このような現物取引ではなく、投資信託をして投資する道もあります。プロに複数の株式や債券などに分散投資してもらえるのが特徴で、1万円くらいから投資できる商品が多くなっています。

 

100万円あれば複数の投資信託商品に分散させてリスクを低減させることも容易です。不動産投資信託も魅力的な候補で、長期的な不動産関連商品への投資によって利益を得られるのが特徴として知られています。利回りが高めでリスクも低い点が注目されている投資です。この他にも老後の資金を確保するための対策なら個人型確定拠出年金なども利用できるので、いくつか候補を選んで複数の投資先で運用するのも賢い方法でしょう。

 

100万円の資金を投資で確実に増やすには

100万円の資金を使って、他のお金には一切手を付けないようにしたいという場合もあるでしょう。この場合には元本が割れないようにしなければならないのが原則ですが、どの投資を選んだとしても全くリスクがないわけではありません。

 

債券は国や企業が倒れない限りは元本がなくなることはまずありません。ただ、利回りもあまり高くない点には注意が必要です。広い意味では定期預金も確実性が高い資金運用ですが、債券よりもさらに金利が低いのが一般的です。

 

100万円の資金を大きく減らしてしまうリスクを下げるためには、レバレッジをかける取引は避けた方が良いでしょう。株式投資の信用取引やFX投資のレバレッジ取引、自分で賃貸物件を購入して行う不動産投資は候補から外しておくのが賢明です。

 

確実性が高いという意味では投資信託は魅力が大きいでしょう。分散投資になっていることに加えて、プロが運用をするので大きなリスクがないのが魅力です。損切りをする覚悟もして複数の投資信託に資金を投入すれば着実に利益を上げられる可能性が十分にあります。

 

特にリスクが低い点で着目されている不動産投資信託が有力候補になります。100万円も使えればまとまった利益を得られると期待できるので、安全性と収益性のバランスが取れている不動産投資信託を基軸にして、資金運用をすることを検討しましょう。

 

100万円の投資でおすすめの方法

100万円の投資でおすすめなのは不動産投資信託を軸にして複利効果で着実に増やす方法と、不動産投資信託によって得られた利益分を他の投資で運用する方法です。

 

例えば、不動産投資信託に100万円を投入して年利5%で運用できたとしたら5万円が手に入ります。これもまた不動産投資信託に回して年利5%でもう1年運用できたとすると、次の年の利益は5万2,500円になります。

 

このような形で複利効果を使うと10年、20年という期間で投資をすることにより大きな利益を生み出せるようになるのです。あまり積極的に資金を動かさず、労力を最低限に抑えて運用したい人にとって魅力的な方法でしょう。

 

もう一つの方法は年利5%で運用して得られた5万円を資金として、例えばFX投資やバイナリーオプション投資で資産形成をする方法です。この方法は不動産投資信託の安定性を活用したもので、100万円の元本が突然全額消えてしまうようなことがありません。

 

FX投資でレバレッジをかけて運用したり、バイナリーオプション投資をしたりすれば少額でも大きな資産形成ができる可能性があります。運用できる金額が大きくなってきたら株式投資や先物取引などの現物取引を全般的に候補にできるでしょう。

 

自分で積極的に運用して利益を生み出せるように努力していきたい人向きの、安全性と利益の大きさを考慮した投資方法です。

 

100万円の投資の方針を詳しく解説 

100万円の投資の方針を立てるときには全額を一つに投資するのではなく、種類が違う金融商品に投資をして分散させるのも合理的です。100万円を全額運用すると利益が少なくなり過ぎたり、大きなリスクを負わざるを得なくなったりしてしまいがちです。

 

しかし、例えば50万円は不動産投資信託で安定性を重視した投資を行い、残りの50万円は株式投資で積極的に運用するという方法も選べます。こうすると仮に大失敗をしたとしても資金が50万円を大きく下回ってしまうことはあまりありません。投資商品の種類が違うと損失が発生するタイミングも異なるので、同時に失敗して大損をする懸念を抱く必要性もかなり低くなります。

 

100万円あれば4つか5つくらいに分散することもできます。均等に割る必要はないので投資信託で40万円、不動産投資信託で40万円、20万円は現物取引といったやり方も可能です。どのように投資と付き合っていきたいか、目標と期間との兼ね合いはどうなるかという視点で複数の方法を組み合わせていくとより良い運用を実現できるでしょう。

 

ただし、リスクが比較的低いものを基盤にしておかないと突然数十万円がなくなったときに動じてしまって焦り、損失を取り返そうとしてハイリスクハイリターンの投資に手を出し過ぎてしまいがちです。あくまで安定感のある投資を盛り込むようにしましょう。

 

100万円の生かし方を考えよう

100万円の投資方法は多岐にわたっているので目標と期間を決めて方法を選ぶのが大切です。不動産投資信託は基軸にするのに適している安定性と利回りの高さを誇っているので、100万円の投資の際にはうまく組み込みましょう。

 

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.