5G投資信託の評判は?ローリスクの理由を解説!

5G投資信託の評判は?ローリスクの理由を解説!|リビングコーポレーション


成長分野への投資を行うテーマ型投資信託のなかでも注目度が高いのが「5G投資信託」です。次世代通信関連でも開発段階にある5Gは、先行投資がしやすい分野といえます。本記事では5G投資信託についてまとめていきます。

 

成長著しい分野への投資ができる5G投資信託

2020年は新型コロナウイルスが世界的に蔓延したため、株価の暴落し世界経済は不安定になりました。コロナ禍において「テレワーク」や「オンライン診療」といった情報サービスの分野が普及したこともあり、注目を集めているのが次世代通信関連の銘柄です。

 

なかでも「第5世代通信システム」といわれる5Gの分野は開発が進んでおり、業績を上げている企業に投資をするということもできます。投資信託の分野でも5Gを含む次世代通信関連のファンドを取り扱う会社も出てきて、投資運用がしやすくなっています。

 

5G投資信託の商品は、ファンドによって内容が異なり、信託期間を設けている会社もあります。

 

投資は価額変動によるリスクを生じることも多いのですが、投資信託は資産を複数に分けるため損失による被害が受けにくいといわれています。少額での投資が可能なため、コツコツと運用して利益を出すこともできます。

 

運用は専門家に任せるため5Gのような成長分野への投資もしやすく、新興企業の銘柄への先行投資も可能です。5Gに関しては開発段階といえるので、普及されると5G関連企業のファンドも増える可能性があります。

 

5G関連の銘柄は成長分野であるため、手を出しにくいという人もいるでしょう。それでも投資信託であれば、プロと相談しながら運用ができるので、初心者でも投資がしやすく成長企業に挑戦できます。

 

5G投資信託の銘柄について解説

投資家の間でも注目の5G投資信託は、ファンドの種類は決して多いとはいえません。商品によって取り扱い銘柄は異なります。しかも、5Gだけというのは少なく、ほとんどが次世代通信関連や情報通信関連の銘柄も投資対象となっています。

 

まず、5G投資信託の代表的な銘柄といえるのが、アセットマネジメントOneの「Oneフォーカス次世代通信」です。国内外の5G銘柄を中心に揃えているファンドで、Solactive 5G Indexによる上位30銘柄が選べる仕組みです。

 

組み入れ銘柄にはAppleやサムスンといった国際的な企業が入っています。決算は年1回で、信託期間は無期間のため、長期運用もしやすいファウンドです。

 

三井住友トラスト・アセットマネジメントの「次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(THE 5G)」は、組み入れ銘柄に「TモバイルUS」や「太陽誘電」が入っています。通信サービスやIoT機器の銘柄への投資が可能です。信託期間が2017年12月15日~2028年1月7日までと決められています。

 

為替ヘッジは設けていません。大和アセットマネジメントの「デジタル情報通信革命(0101)」は、国内の情報機器、通信サービスへの投資が中心です。組み入れ銘柄には「ソニー」や「スクエアエニックスHD」が入っています。

 

取り扱い銘柄は、東証の1部や2部に上場している企業が中心ですが、新興企業もあります。国内の成長企業への投資もしやすいファンドです。

 

5G投資信託価格は変動しやすいの?

投資信託は、国や企業の財政状態や社会情勢によって価額変動が起こることもあります。前述をした通り2020年は、新型コロナウイルスが流行したため、世界的に経済が危機的な状況に陥りました。

 

5G投資信託も、新型コロナウイルスの流行のなかでも情報通信サービスを中心に需要が高まったため、急成長した銘柄も少なくありません。しかし、5Gのような特定のテーマ型の投資信託は、リスク分散がしにくく、投資している銘柄の企業が不渡りを出すと損失する可能性もあるのです。

 

5G関連銘柄であれば、サイバー攻撃や情報漏洩といったトラブルが起こると価格そのものが変動することがあります。このようなリスクを想定しながら銘柄を選ばなければなりません。

 

5G投資信託の価格は、リスクだけでなく購入後の運用状況によっても大分異なるのです。5G関連でも情報通信関連の技術に絞り込むよりは、遠隔医療やVRと複数の分野に分散させた方が運用もしやすく利益も出しやすいといえます。

 

遠隔医療のように医療現場にクラウドを活用することで、離れた場所から治療が受けやすくなったのもコロナ禍における影響です。スポーツ観戦やエンターテインメントではVRの活用シーンも増えており、関連銘柄は上昇傾向にあります。

 

価格の変動は社会情勢も大きな要因ですが、銘柄の選択の仕方次第で避けることも可能になります。

 

テーマ型投資は一過性で終わる可能性がある?5G投資信託の本当の評判は

5G投資信託のようなテーマ型投資信託は、特定の銘柄に絞り込んで運用をするため成果が出しにくいと評判です。また、一過性のものも多く、ブームが終わると運用自体が終了してしまうケースもあります。

 

5Gに関しても、開発段階と言える所で、世間に浸透しているわけではありません。ただ、どんどん新しい技術が登場しているため、5Gに関しても導入が進めば実際に触れる機会も増えるでしょう。そういった意味では、

 

長期運用が難しいといわれたテーマ型投資信託でも、成果は出しやすいかもしれません。他のテーマと比べると流行に左右されず、運用できる可能性が出てくるのです。

 

開発段階とはいえ、大手携帯電話会社のNTTドコモは5Gスマートフォンの販売に先駆けて、2019年のラグビーワールドカップの際にスポーツ観戦のサービスを提供しました。ソフトバンクもバスケットボール男子日本代表の強化試合において5Gを使った試験サービスを行っています。

 

スポーツ観戦やイベント会場といった人の集まる場所において試験的に導入し、体感してもらう機会を設けているのです。5G投資信託は、開発を行っている有名企業への投資ができる機会もあります。

 

意外と身近な企業も多く、組み入れ銘柄も選びやすいといえます。5G関連は銘柄の選択の仕方によっては、一過性で終わらずに長期的な運用にシフトしやすくなっています。

 

技術開発による恩恵を受けられる分野が多く、5G投資信託の見通しは明るい

5G投資信託は、運用ファンドが少なく開発状況次第では一過性で終わってしまうといわれています。しかし、IoTやロボット開発の分野では、5Gによって新技術が開発されれば、投資運用においても恩恵が受けやすいといえます。

 

情報サービスの分野では、テレワークの導入が進み情報漏洩やセキュリテイ関連の問題も抱えています。サイバーセキュリティ対策で、5Gの技術が使われるようになれば関連銘柄として成長する可能性もあります。

 

5Gの技術開発による恩恵を受けられる分野は多いため、他のテーマ型投資信託に比べると運用しやすくなっています。5G関連の銘柄の見通しは明るいでしょう。

 

5G投資信託のファンドは、国内外問わず有名企業が組み入れ銘柄の上位に入っています。なかには、安定性の高い優良企業もあるので、ファンドの期限がないものであれば、長期的運用を視野に入れて投資を行うことも可能です。

 

開発が進めば成長著しい新興企業への投資もしやすくなるので、運用をするという楽しみも多くなります。関連銘柄も含めて選べばリスクの分散もできるため、テーマに関する問題が生じた時にも損失を避けることができます。

 

5Gに関しては、人々の生活とも深く関わるところにも浸透していく可能性があります。関連企業の技術開発の進捗状況によっては、投資の定番銘柄となり、運用しやすくなるはずです。

 

5G投資信託は初心者でも挑戦しやすい投資方法

5G投資信託は、有名企業の銘柄もあるため、初心者でもリスクが少なく投資がしやすい分野です。投資の専門家に運用を任せられるので、投資信託のメリットも活かせます。専門家に相談しながら、成長分野への投資をしましょう。

 

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.