海外投資独自のメリットとは?徹底解説!

海外投資独自のメリットとは?徹底解説!|リビングコーポレーション


投資の対象となるものは日本国内だけではなく海外にも存在します。日本人も国外の金融商品や株式などに投資することができますが、海外投資には国内の投資とは異なる独自のメリットもあります。

 

ここでは、海外投資に興味を持っている人のために、海外投資家や海外投資信託などのことについて、詳しく紹介します。

 

海外投資とは何か

海外投資とは国外の株式や不動産などに投資をおこなうことですが、大きく分けると2つの種類があります。値上がりによる利益の獲得を期待して国外の株式などを購入することを間接投資といいますが、配当を目的にして外国株を購入することも海外投資に含まれます。

 

同じように国外の株式を購入する場合でも、その企業の経営に参加する目的で株式を購入する場合には、直接投資になります。

 

また、国外で事業をおこなうために不動産を購入したり、生産設備を建設することも直接的な投資に含まれます。ですが、国外の不動産を購入する場合でも、転売を目的に行う場合には間接投資に該当します。

 

投資家が海外で直接投資をおこなうことには、投資家だけではなくて、投資される海外の国にとっても大きなメリットがあります。自国の資本だけでは経済発展のための十分なインフラが整えられないような貧しい国であっても、海外投資によって国外から発展のための資金を得ることができれば、産業が飛躍的に発展する可能性もあります。

 

賃金が安い国ならば、海外投資をする側にも、安価な労働力を利用できるメリットがあります。海外に工場を建設して自社の商品を低価格で製造できるようになれば、企業の国際競争力を高めることができるので、海外投資は企業にとっても営業規模を拡大するための重要な事業活動の一つです。

 

海外投資家の活動

投資家の中でも、海外の資産に投資することを主におこなっている人のことを海外投資家と言います。日本だけではなく、国外にも海外投資家は広く存在していて、アメリカに住んでいる投資家でも、日本の金融商品を主に投資の対象にしている場合には、海外投資家になります。

 

海外投資家が自国の株式や不動産ではなくて、国外の資産に投資をおこなうことには、特定の理由が存在していることが多いです。一般的なものが、海外に投資をすることにより、さらに大きな経済的利益を獲得できる可能性があることです。

 

経済発展がある程度完了している先進国の場合、それ以上経済が発展することは難しい場合も多いことから、投資をしても多くの利益を獲得することが期待できない場合も珍しくはありません。

 

ですが、経済発展の余地がある発展途上国に投資をおこなうことで、先進国での投資では得られないような大幅な利益を獲得できる可能性もあことから、海外投資をおこなっている投資家も多いです。

 

このような目的で海外投資家が投資の対象としているのが、東南アジアやアフリカなどの地域です。これらの地域の中には労働力も安く、経済発展を実現するための基盤が整っている国も存在することから、投資をおこなうことにより、現地に所有している資産の価値が上昇することを期待して投資をおこなっています。

 

海外投資家の売買動向

海外投資家が投資をおこなう場合、多くの投資家に共通する売買の動向が存在することもあります。海外投資家の売買動向として代表的なものが、投資をおこなう国の社会状況の変化により、投資の金額を変化させる方法です。

 

海外の株式を購入して間接投資をおこなっている海外投資家にもこうした傾向は強く、株式を所有している企業の存在する国で、経済発展が期待できるような社会的な変化が発生した場合には、投資の額を増加させるような傾向があります。

 

これは、国家レベルで経済発展が進行しているような国は、各企業の業績も大きくのびる可能性があることに関係していて、所有している株式の価値がさらに上昇する可能性が高くなることから、海外投資家はさらに多額の投資をおこなうことが多いです。

 

海外投資家は、国外で何らかの経済的トレンドが発生した場合にも、所有している金融商品の売買量を変化させることがあります。

 

海外で特定の商品の人気が高まったときなども、海外投資家が投資の量を増やすことがあるタイミングで、消費の量が拡大している製品を製造している企業の株式を重点的に購入することで、投資による利益の増大をはかっています。

 

海外の情報は入手しにくいことも多いですが、海外投資家は、投資している国の情報を多様な手段を利用して入手することにより、適切な売買のための参考にしています。

 

海外投資信託について

海外投資と関連する金融商品の一つとして海外投資信託があります。海外投資信託という名称から、海外投資を目的としておこなわれる投資信託のことだと考えられることもありますが、海外投資信託を購入しても海外投資には該当しないことがあります。

 

海外投資信託に該当する投資信託であるかどうかは、どこの国の法律によって投資信託の内容が設定されているかにより決まっています。日本の投資信託の場合、日本の法律により投資信託の内容が設定されているときには国内の投資信託になりますが、海外の法律により投資信託の内容が設定されている場合には、全て海外投資信託に分類されています。

 

海外投資信託はどこの国の法令によって信託の内容が設定されているかによっても、その特徴が異なっています。外国投資信託は外国の法令に基づいて設定されているものの、日本国内でも販売することが可能です。

 

日本で購入できる外国投資信託の中でも、信託の内容を設定するために使用されていることが多いのはアメリカ合衆国の法令です。ルクセンブルクの法令なども、日本で販売されている外国投資信託の設定に使用されることが多いです。ルクセンブルクはヨーロッパの西側に位置する面積の小さい国ですが、ヨーロッパにおける金融の中心地として発展しているために、外国投資信託のシェアも多くなっています。

 

海外投資を楽しむ会

海外投資に興味を持っている人が、海外投資に関する情報を入手することができるのが「海外投資を楽しむ会」です。海外投資を楽しむ会は、AICという別名も持っていますが、これはAlternative Investment Clubの略称です。

 

この会は日本の出版社から発行された投資に関する書籍を制作したスタッフを中心にして結成されました。AICという名称がつけられているように、オルタナティブな資産運用を主な目的として設立された団体です。この団体の大きな特徴は、資産運用を専門の金融機関に頼ることなく、自分たちの力でおこなっているところです。

 

投資に対する考え方も、海外投資を楽しむ会の大きな特徴になっています。海外投資を楽しむ会という名称からもわかるように、この会では投資をするという行為そのものを人生の目的とは考えていません。

 

投資はあくまで人生の目標を成し遂げるための手段というスタンスで、海外投資をサポートしている団体です。海外投資を楽しむ会ではホームページで会員の登録をおこなっていますが、登録のために必要なのは入会金の2000円です。年会費は必要ないので、入会金さえ払えばそのまま会員としてさまざまなサポートを受けることができます。

 

海外の金融機関に口座を開設したい人のためのサポートもおこなっていて、ハワイ州に法人を設立したい人のためのサポートもこの会社でおこなっているサービスの一つです。

 

日本でもポピュラーになった海外投資

日本にいながらにして海外へ投資ができるのが海外投資です。海外投資には直接投資と間接投資の2種類があり、国外に生産設備などを建設して事業をおこなうのが直接投資です。海外投資信託は、海外の法律に従って投資信託の内容が決められているのが特徴の金融商品で、海外投資をしたい人をサポートしている団体もあります。

 

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.