海外株の運用で投資の幅を広げる!

海外株の運用で投資の幅を広げる!|リビングコーポレーション


不動産にすべての資金を投資するのではなく、資金の一部を株式にまわすことで効率よく利益を得るチャンスが増えます。また、日本の株式ではなく、海外株への投資を考えることで海外の情報を調べるようになり、海外の不動産投資の足掛かりにもなるでしょう。ここでは、日本の株式ではなく、海外株について解説します。

 

海外株とは!海外への不動産投資の足掛かりにもなる

海外株(外国株式)とは、その名前からもわかるように海外の企業が発行する株のことを指します。海外には、急成長している企業は多くあります。そんな企業に日本にいながら投資をすることが可能です。

 

海外株への投資では、日本株と比べて情報を入手しにくい、株価だけでなく為替も考慮する必要があるなどのデメリットがあります。しかし、経済成長が著しい国の企業への投資なら大きな株価の上昇が期待できます。

 

また、日本企業が低迷しているときでも、経済が安定している国への企業に投資をすることで、安定した収益を得ることも可能です。日本企業だけでの投資では、日本経済が大きく影響しますが、海外株を投資対象とすることで、今景気の良い国への投資が可能となり、より収益が得やすい状態となります。

 

高齢化社会の日本では、大きな経済成長は難しいという見方もあります。しかし、海外では高い経済成長が期待できる国は多く、そんな国で活躍する企業も大きな成長を遂げることでしょう。

 

海外株の購入を考えれば、自然とその国の経済状況も調べるようになります。そして、さまざまな国の企業に目を向けることにより、海外の情報を入手する手段も身につきます。海外株への投資によって、国内にとどまっていた不動産投資も、海外への不動産投資への足掛かりともなるでしょう。

 

ただ収益目的だけで海外株をするのではなく、将来海外への不動産投資も見据えた情報収集の方法を海外株で身につけることも可能になります。

 

海外株式インデックスファンドなら銘柄選びも楽にできる

日本株であれば、比較的簡単に優良企業を見つけることができても、海外となるとどんな企業があるのかもイメージできない人も多いことでしょう。

 

国の経済成長率が安定していて、企業の財務状況が良く、企業の成長率も高いことが分かっても、どんな企業なのかイメージもつかないのでは投資することをためらってしまう人もいます。そんな人におすすめなのが海外株式(外国株式)インデックスファンドです。

 

インデックスとは、市場の状態を確認できると言われる指標のことで、日本では日経平均やTOPIXが良く知られています。アメリカであれば、ダウ平均株価(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)が有名です。

 

このインデックスを対象とした投資をインデックスファンドと呼びます。各国には多くの企業が存在し、投資対象の国を絞ったとしても、各企業を調べるのは大変な作業です。日本の企業を調べるのも大変ですが、それが海外の企業となれば、さらに大変な作業となります。



しかし、ネットやテレビなどでも手軽に確認できるインデックスを対象とした投資であれば、多くの銘柄を調べる必要もありません。インデックスの多くが、今のその国の状況を示す指数と言われています。

 

そのため、国の状態を確認することで、対象のインデックスファンドが、買うタイミングなのか、売るタイミングなのかも把握しやすいです。初めて海外株をする際には、まずは海外株式インデックスファンドから始めてみるのも良いでしょう。

 

海外株を購入するのは意外に簡単

国内の株式とは違い、海外株を購入するにはいろいろな手続きが必要ではないかと不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、海外株は国内の証券会社の口座開設によって簡単に購入することが可能です。

 

数社に限られますが、国内の証券会社には海外株を取り扱っている会社もあります。海外株の取引ができる証券会社の口座を開設して、さらに海外株用の口座開設をするだけで取引をすることが可能です。ただ、証券会社によって取引ができる国が異なります。

 

アメリカや中国、インドネシアやシンガポールなど、複数の国を取り扱っている証券会社もあれば、取り扱っている国の数が少ない証券会社もあります。

 

そのため、まずはどこの国を投資対象とするのかを決めてから証券会社への口座開設をするのが良いでしょう。決済は、基本的に現地の通貨である外貨決済ですが、円貨決済をしている証券会社もあります。注文方法は、日本の株式とほとんど変わりません。購入したい銘柄を指定し、購入価格や購入数を入力して、買いや売りの注文を出すだけです。

 

ただ、海外の取引なので、日本とでは取引時間が異なりますし、システムの違いをよく把握しておくことが大切です。日本では、株価の暴騰や暴落をしないために、値幅制限が設けられています。しかし、海外ではこのようなシステムがないため、状況によっては暴騰や暴落をする可能性があります。海外株は、日本株式とは全く違うという認識で取引をおこなうことが大切です。

 

おすすめの海外株

数多くある企業の中から銘柄を選ぶのが面倒という人には、インデックスファンドがおすすめですが、企業を吟味して購入したい人にはアメリカの企業がおすすめです。アメリカは、常にGDPランキングで1位を誇る国です。

 

その国の上場企業は、どこの国と比較しても競争力や成長率が高いといっても過言ではないでしょう。世界の時価総額ランキングでも、上位はアメリカの企業がほとんどです。安定感のある投資をするならアメリカが最適です。

 

将来の経済成長を期待して投資をするならインド企業もおすすめできます。インドは、中国に次ぐ人口があり、しかも日本とは違って平均年齢が若いです。若い人が多いインドの企業は、これから高い成長が期待できます。短期間で急成長が見込める企業を探したいなら、ベトナムやマレーシア、シンガポールなどが良いでしょう。ベトナムは今後成長が期待できる国で、インフラ整備も積極的に行われています。

 

そのため、インフラ関連銘柄は急成長が期待できるでしょう。マレーシアはもうすでに急成長を遂げた国ですが、天然資源が豊富ですし、観光地としても世界的に知られています。この国では、ITインフラ整備が盛んなので、IT関連の企業がおすすめです。

 

シンガポールは観光地として有名ですが、世界的に見ても高い経済成長を遂げた国です。世界中から富裕層が集まる国でもあり、不動産関連の銘柄を購入するのも良いでしょう。

 

海外株で配当狙いも有効な方法

海外株では、アメリカの企業がおすすめと紹介しましたが、これは競争力や成長率が高いからという理由だけではなく、高配当なことも理由の一つです。日本での株式投資では、株価が値上がりをして利益を得る(キャピタルゲイン)という考え方の人が多くいます。

 

しかし、アメリカでは配当金などで利益を得る(インカムゲイン)という考えの人がほとんどです。投資家が配当金や株主優待などを期待して株を購入するため、アメリカの企業はこのインカムゲインをとても意識します。

 

そのため、アメリカの企業は日本企業とは比較にならないほどの高配当の銘柄もあります。インカムゲインを重要視するなら、日々の株価変動もそれほど気にすることなく投資ができるでしょう。

 

企業が倒産でもしない限りは株を持ち続けることができて、株を持っている間は配当金が期待できます。このような投資方法なら、専業の投資家でないサラリーマンでも気軽に投資が可能です。

 

キャピタルゲインを得るためには、日々株価をチェックして、売買タイミングを狙う必要があり、労力も精神的負担も大きくなります。しかし、配当狙いであれば、購入する前に、高配当であること、財務状況や成長率などを確認するだけです。

 

後は、株価が変動しても、企業が存続して利益を得ていれば、多くの企業で配当金が支払われます。配当金狙いであれば、不動産投資で家賃収入を得る方法よりも楽に利益を得ることが可能です。

 

投資の幅を広げよう

日本国内でも投資チャンスはありますが、日本の不動産投資では利益率が低いと感じる人もいるでしょう。そんな人は海外株のように、海外への投資に目を向けてみてはいかがでしょうか。日本にはないチャンスも多いですし、さまざまな情報を収集することで海外の不動産投資への足掛かりにもなるでしょう。

 

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.