投資のやり方の基本を解説!自分に最適な方法を見出そう

投資のやり方の基本を解説!自分に最適な方法を見出そう|投資がもっと楽しくなるメディア

 

投資をするときにはどんなやり方があるのかが気になるでしょう。同じ投資商品を使うときにも複数のやり方から選べることがよくあります。この記事では一般的な投資のやり方を紹介した上で、具体例を挙げていきます。

 

投資をするときにはどんなやり方があるのかが気になるでしょう。同じ投資商品を使うときにも複数のやり方から選べることがよくあります。この記事では一般的な投資のやり方を紹介した上で、具体例を挙げていきます。

 


投資のやり方の基本とは

投資のやり方には基本的な考え方があります。投資は資産運用の方法なので、資金を投じて運用するのが原則になり、その運用結果として投じた資金以上のリターンを得るのが目的です。


投じた資金を増やすためのやり方として、割安なものを買って、割高になったら売るのが基本になります。


例えば、株式投資をするときには株価が安いときに株を買い、株価が上がって高くなったら売ることで利益を得ます。


FXの場合にも、例えば日本円と米ドルを考えたときに円高のタイミングでドルを買って、円安になったら円を買い戻すことにより利益を生み出すという方法で取引が行われているのが一般的です。このような投資のやり方によって得られる利益をキャピタルゲインと言います。


一方、インカムゲインを得る投資のやり方もよく着目されています。銀行預金では利息が付きますが、利息は資金を投じて預けることを条件に受け取れる利益です。


同じようにして資金を運用しているだけで継続的に得られる利益をインカムゲインと言います。FXでは各国の通貨の金利が違うため、他の通貨を買ったときには、通貨を持っている期間だけその通貨の金利が適用されます。


そして、売却したときに清算されるスワップポイントという仕組みがあります。日本円のような低金利通貨で南アフリカランドのような高金利通貨を買って保持していればインカムゲインで利益を生み出すことが可能です。


株の投資のやり方

株を使った投資のやり方を通して具体的にどのような形で利益を生み出せるのかを考えてみましょう。株の投資では長期投資と短期投資がよく行われています。株式投資では株を割安のタイミングで購入して、割高のタイミングで売却することでキャピタルゲインを得る方法が典型的です。


短期投資はキャピタルゲインを狙うのが通例で、数時間の間の値動きを狙って売買をするデイトレーダーもいます。株価の動きは企業の状況によって大きく異なるため、急変を起こすと一日のうちに株価が二倍以上になることもあります。これを狙ってデイトレードやスイングトレードをするのが株の短期投資のやり方として人気です。


長期投資ではインカムゲインも加味した投資が行われるのが通例です。株を購入すると株主になるため、時期が到来すると配当金をもらえます。


企業が利益を生み出したときに株主に対して一部を還元する仕組みで、年に1回か2回くらい配当金が出るケースが多くなっています。長期投資では利益を生み出して成長し続ける企業を見つけて投資し、株を保有し続けるのが基本です。


そして、配当金を受け取って毎年少しずつ利益を上げていき、企業が大きく成長して株価が十分に上がったタイミングで株を売ってキャピタルゲインも得るというのが一般的なやり方です。成長する企業を狙って数年から十数年くらいの期間で投資をするケースが多くなっています。


簡単で手間のかからない投資のやり方

投資のやり方としてできるだけ簡単で手間のかからないものが良いという人もいるでしょう。自分で売買をすると手間がかかるので、自動で売買できるようにする方法を使えば簡単です。


典型的なのがロボアドバイザー投資で、運用代行型のロボアドバイザーを使うと完全に任せておくことができます。投資を始める時点で投入する金額や、運用したい期間、現在の年齢などを入力すると自動的にポートフォリオが策定されます。


そして、そのポートフォリオに従ってロボットが自動的に売買をしてくれるのが特徴です。売買のアルゴリズムが決まっているので、過去の運用実績を見て優秀なロボアドバイザーを選び、資金を投じるというやり方になります。


ロボアドバイザーでは機械だから不安という人はラップ口座を使う方法もあります。ラップ口座を利用するにはまとまった資金が必要ですが、専門のアドバイザーに対応してもらうことができます。


ヒアリングを受けてどんな形で投資をしていきたいかを伝えると、ポートフォリオやプランを策定して提案してくれるのが特徴です。資金の運用も全て任せることができるため、基本的にはアドバイザーと話をしているだけで投資を行えます。


ラップ口座で運用するには手数料がかかりますが、簡単で手間がかからないという意味でも、プロに運用してもらえるという意味でも魅力がある方法です。


投資のやり方には種類がある

投資のやり方には投資対象、運用方法という二つの観点から種類があります。株式投資でも長期投資、短期投資という方法を挙げました。他にも単元未満株を使ってテーマ投資をしたり、国内株式だけを使って為替リスクの低い投資を進めたりするなど、多種多様な運用方法があります。


投資信託を選ぶ場合にも、オープンになっていていつでも購入できる種類もあれば、運用開始前に募集されていた期間しか買えないものもあり、さらに上場していていつでも自由に売買できる上場投資信託も選ぶことが可能です。


上場投資信託なら株式と同じようにしてキャピタルゲインを狙った短期投資もできるので、短い期間で大きな利益を狙う資産運用もできます。


他の投資対象を選んでも、それぞれの対象について様々な種類があります。
その種類によって運用の仕方にも違いがあり、必要とされる運用の労力やコストも異なっているため、自分に合っているものを選ぶのが大切です。少額投資で実際に運用してみると、自分にとって運用しやすい種類なのかどうかを見極められます。


最初から大口で投資をしてしまうと運用が大変なのに無理に運用を続けて失敗することも稀ではありません。負担を感じたらすぐにやめて切り替えをしやすいのは少額投資のメリットなので、自分に適した投資のやり方を見出すまではあまり大きな資金を投入しないのが賢明です。


仮想通貨の投資のやり方

仮想通貨は新しい投資対象としてよく注目されていますが、投資のやり方に特殊なところはあるのでしょうか。仮想通貨の投資のやり方としては基本的にキャピタルゲインを狙った通貨の売買になります。


為替取引とほとんど違いはないのが仮想通貨取引で、割安なときに購入して割高になったら売ることにより利益を得ます。仮想通貨は取引所が複数あり、どの取引所を使うかによって取引価格が変わるという特徴があるのも知っておくと良い点です。


その選び方が利益を得られるかどうかを左右する要因になるので、どの仮想通貨の売買をするかだけでなく、取引所の特徴も押さえて投資をする必要があります。そのため、投資のために必要な情報量が多いのが仮想通貨取引の大変な点です。


一方、仮想通貨は為替取引や株式取引と違って土日も行われている点が特徴的です。多くの金融商品は土日には取引できないので、値動きを見て売買により利益を得ようとすると平日に取引をしなければなりません。


しかし、仮想通貨は土日にもできるため、平日は働いていて投資に時間を取れない人も活用できます。24時間運用可能なので、平日の夕方以降や早朝に取引をしても問題ありません。


時間帯によって取引の動向にも違いがあるので、利益を得やすい時間帯を見つけられると稼ぎやすくなります。自分がやりやすい時間帯を選んで取引できる点は仮想通貨の優れている点でしょう。


最適な投資のやり方を見出そう

投資のやり方には様々な候補があるので、自分にとって最適なものを見つけ出すのが大切です。投資に費やしたい期間や取引にかけられる労力やコストをよく考えて、自分に合っているやり方を探し出してから大きな取引を始めましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.