純金積立を解説!初心者にもおすすめの手堅い投資

純金積立を解説!初心者にもおすすめの手堅い投資|投資がもっと楽しくなるメディア

 

投資対象として常に高い注目を集めているのが金です。純金積立が選ばれることも増え、資産形成の一環に取り入れてみるのもおすすめです。ここで商品の特徴や、取扱会社の選び方などについて確認をしていきましょう。

 

投資対象として常に高い注目を集めているのが金です。純金積立が選ばれることも増え、資産形成の一環に取り入れてみるのもおすすめです。ここで商品の特徴や、取扱会社の選び方などについて確認をしていきましょう。

 


話題の純金積立とはどんな商品?

純金積立とは金融商品の一種で、毎月決まった金額や数量で純金を積み立てていくという、投資方法のことです。少額からでも始められるのが魅力であり、無理なく積み立てを行い資産形成に役立てることができます。


その気軽さから、投資経験がない人からも注目を集め、これから資産運用を始めたい初心者にも打ってつけです。積み立てた純金を売却すれば、差額で利益が生まれる期待があるほか、金地金をはじめ、ジュエリーや工芸品といった商品に交換できる選択肢もあります。


積立対象として純金が選ばれる理由のひとつが、金そのものの価値の高さに魅力があるからです。金は無価値にならないと言われ、世界が不況に陥った際にも安定した価値を保つという特徴があります。


資産を棄損しないための、リスク回避先として選択をされることも多く、他の商品ですと下落相場の際には価値が損なわれてしまう中、それらとは異なる値動きをするゴールドは「有事の金」とも呼ばれているのです。


積立方式には、ドルコスト平均法が採用されるのが主であり、安定感のある積み立てを行えるのも魅力です。


これはその時の金額に合わせて購入数量を変えていくというもので、価格が高い時には購入量を減らし、価格が安い時に購入量を増やすことで、価格変動に対するリスクを最小限に抑えつつ積み立てを行っていくことができます。これが自動的に行われることで顧客は手間がありません。


純金積立に失敗するケース

あくまで投資である以上、純金積立が上手くいかない場合もあります。中でも失敗をしやすいケースとしては、短期的に利益を求めてしまう場合です。例えば株式ですと、買った後に価値が倍になり、僅かな期間で利益を得られることがあります。


一方の純金積立の場合は、そのように急激に価値が変動することは基本的にないとされています。したがって短い期間で利益を得ようと考える人にはあまり適していない商品であり、長期的にじっくりと資産を形成していきたい人におすすめの投資方法と言えるでしょう。


放置をしてしまいがちな人も失敗をする可能性があります。地道に資産を育んでいく方法ではあるものの、かといって金の価値が上がり続けるとも限りません。金自体の価値はなくならないとは言え、損失を被るリスクは当然にありますので、小まめに相場をチェックしながら運用方法を見直していくことも時には必要でしょう。


ただ、長期的な資産形成が基本である以上、相場が少し下がったからといって、慌てて売却をしない気持ちのゆとりも欠かせません。


投資をする際、純金積立のみに絞ってしまうのも失敗原因のひとつです。これはどの金融商品にも言えることですが、投資先を一本に絞ってしまうのは注意が必要です。


純金積立にだけ資金を投じると、上手く増えなかった時のダメージがダイレクトにきます。できるだけ分散投資を行い、リスクを分散するようにしましょう。


取扱会社を比較して選ぼう

純金積立を金融商品に取り扱う会社は複数ありますので、その中から自身に合うところを選び出しましょう。比較ポイントのひとつは、最低いくらから積み立てを行えるのかについてです。


最低積立額は、毎月1,000~3,000円に設定されていることが多いですが、できるだけ少ない負担で済ませたい場合は、金額が小さいところを選ぶのが良いでしょう。なお、後から金額を増やすこともでき、その場合は最低1,000円単位に設定されているところが多いです。


手数料に着目して選ぶのもポイントです。内訳としては年会費や購入手数料が主で、利用に際してこれらの負担が生じます。購入手数料に関しては、一回あたりの単価がそれほど高くなくとも、年間で考えると小さくない負担になり得ます。


年会費については無料の設定にしている取扱会社もありますので、購入以外に手数料を掛けたくない場合は、無料で利用できるところを選ぶのも良いかもしれません。中には現物引出に対応する会社もありますが、その際にも手数料や送料が掛かります。


会社としての信頼性を、よく確かめた上で選ぶのもポイントです。大切な資産を預ける上、長期的な運用ともなれば、決して小さくない金額を管理してもらうことになります。純金積立の実績や困った時のサポート体制、実際に利用しているユーザーからの評判など、情報をしっかりとリサーチした上で、信頼のできる会社なのかを判断するようにしましょう。


田中貴金属が人気の理由とは?

純金積立を検討する人の多くは、田中貴金属の存在に大なり小なり触れることになるはずです。純金積立を初めて日本で導入した会社として高い知名度を誇り、これまで50万人以上もの顧客に利用されてきた実績を持ちます。


業界の雄であることから、純金積立の取扱会社を選ぶ上で避けては通れない存在とも言え、実際に投資をする際にも積極的に視野に入れてみる価値があるでしょう。


田中貴金属が創業されたのは1885年のことで、地金商へと転身をして以降、日本の貴金属工業の発展へと寄与してきました。


権威ある登録認定機関により、1987年には公認溶解業者、2003年には公認審査会社へと認定され、これによって田中貴金属が金市場における、世界最高水準の技術や信頼を有していることが認められたのです。まさに金のエキスパートであり、純金積立においても絶大な信頼を寄せられています。


最低積立額については3,000円からで、手数料については1.5%~2.5%の設定です。毎月の積立額が上がるほど手数料が小さくなり、投資規模が大きいほどお得に利用することができます。


金だけでなく、銀やプラチナの積み立ても可能で、それらをまとめて1口座で行えるため、複数の商品を同時に管理するのも簡単です。田中貴金属では1gから売却をできるほか、地金やコイン、ジュエリーといった現物への交換も可能です。ネットだけでなく店頭サービスにも対応し、直接サービスを受けたい人にもおすすめと言えます。


2021年の純金積立はどうなる?

気になるのが2021年以降の純金積立の値動きでしょう。これまでの相場の動きの中でも、特筆すべきは2020年8月時点での金価格です。7,769円という過去最高値を記録しており、20年前の7倍もの金額を付けました。


コロナ禍の影響で、安全資産である金の需要が高まったのが一因であり、まさに有事の金を体現した格好です。先行きが見えない中、価値が安定している金に需要が高まるのは自然な流れと言え、純金積立が賑わいを見せるだけでなく、所有している貴金属を売却する動きも活発です。


絶頂期を迎えて以降は、落ち着きを取り戻しつつある金相場ですが、それでも高い水準を保ち、コロナ禍の中でも強い金融商品であることを示しています。しかしながら相場は変動するものであり、上昇基調が2021年以降も続くかどうかについては、常に状況を注視し見極めなければいけません。


基本的に金は不景気の時ほど相場が上がる傾向がありますが、世界経済に強く影響を及ぼすコロナ問題の進展により、相場の動きが変化することも予想されるでしょう。


相場の変動を考慮すると、どのタイミングで純金積立を開始すれば良いのか迷うところですが、タイミングばかりに気を取られてしまうのも良くありません。


これからの値動きを考えることも大切ではあるものの、完全に予測することは困難です。始めたいと思った時が自身にとってのベストタイミングで、今後を見据えじっくりと資産形成を行っていきましょう。


初心者にもおすすめな純金積立

投資というと難しく感じるかもしれませんが、純金積立はハードルが低く初心者にも打ってつけです。価値が完全になくなってしまう可能性が低い金融商品ですので安心感を持ちやすく、少額からでも行える気軽さもあっておすすめです。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.