資産運用のおすすめ方法とは?自分に合った運用方法の探し方

資産運用のおすすめ方法とは?自分に合った運用方法の探し方|投資がもっと楽しくなるメディア

 

資産運用が活発におすすめされる時代になり、老若男女を問わずに取り組む傾向が生まれています。この記事では資産運用が一般的になった経緯を解説した上で、資産運用の仕方をどのように選ぶと良いかをわかりやすく説明します。

 

資産運用が活発におすすめされる時代になり、老若男女を問わずに取り組む傾向が生まれています。この記事では資産運用が一般的になった経緯を解説した上で、資産運用の仕方をどのように選ぶと良いかをわかりやすく説明します。

 


資産運用がおすすめされている経緯

資産運用がおすすめされるようになったのは収入を増やして将来的に不安のない生活を送れるようにしたいという考え方が広まったからです。資本主義社会ではお金があることで自由が生まれ、やりたいことに取り組めるようになります。


逆にお金がないと生活をすることすらままならなくなってしまうことから、最低限度の生活を送れるようにするための資金を常に持てるようにするのが重要です。本当に収入がなくて困ってしまう状況に陥った場合には国が保障する制度もありますが、基本的には豊かな生活を営めるように自分で資産を形成しなければなりません。


仕事をして収入を得るのは資産を生み出す方法として一般的ではあるものの、手に入れた資産は運用しなければ増えません。資産を有効活用する目的で運用するという考え方が広まってきました。


特に老後対策をするための資金を用意したいという考え方から資産運用がおすすめされています。余剰資金を持っているときには運用すれば増やせる可能性があります。貯蓄として安全な形で保有するのも賢い方法ですが、運用すればさらに豊かな生活を送れるようになると期待できるでしょう。

 

特に老後には年金だけでは生活が厳しく、収入を得たくても働きにくくなります。それを見越して若いうちから資産運用を行い、安心してシニアライフを送れるようにするのが大切だと考えられています。


ランキングからわかるおすすめの資産運用

資産運用をしようと考えたときにはランキングを参照して何を始めるべきかを考える人も多いでしょう。資産運用のおすすめランキングは個人も企業も作成していて、オンラインで簡単に閲覧できるようになっています。


どのランキングを見るかによって何がトップに君臨しているかに違いがあります。そのため、ランキングを参考にして資産運用の仕方を考えるときには慎重に比較吟味をすることが大切です。ランキングを作成した人によって、何を重視して順位を決めたかが異なります。


例えば、資産運用は長期運用と短期運用に分けることができ、それぞれに適した投資方法があります。


また、資産運用の種類によってリスクとリターンのバランスが異なります。リスク許容度が高い人にとってはハイリスクハイリターンの投資が魅力的ですが、資金を少しでも失うのが怖いという人にとってはローリスクローリターンの運用方法が良いでしょう。


必要とされる知識やテクニックの量という見方でも資産運用をランク付けすることが可能で、学びやすいものほど上位にするといったランキングも存在しています。このように着眼点が違うと選ぶべき資産運用に違いが生じます。ランキングを使って資産運用を選びたいと思ったときには、何を重視して順位付けをしているのかを見極めて活用するように心がけましょう。


おすすめの資産運用は本で学ぼう

資産運用の方法としておすすめされているものを見つけたら、すぐに資金を投じるのではなく、まずは本を読んで学ぶようにしましょう。出版されている本は内容を慎重に吟味してから世の中に出されているため、信用できる情報が集まっているのがメリットです。


タイムリーな情報を得るのにはあまり適していませんが、資産運用の方法について学ぶときには体系的に学習できるので優れています。なぜ資産を増やせるのか、どのようなリスクがあるのか、何が起こるとリスクが高まるのかといったことは本を通して理解可能です。


資産運用ではリスクに対する認識が特に重要になるため、本にはリスクに関する記載が多いという点でもメリットが大きいでしょう。


ランキングを通して資産運用の方法について候補が決まったら、個々の方法について本で学んで比較してみるのが重要です。比較を通してそれぞれの資産運用のメリットとデメリットが浮き彫りにされてきます。


一つしか注目していないと、リスクやリターンの特徴を正確に把握することは困難です。手間がかかるのは確かですが、資産運用を始める前に複数の方法を比較しましょう。本を読むのはわかりやすい学び方で、実際に資産運用をした人の経験談も見ることができます。


具体例があると良し悪しを判断しやすいため、関連する本を紐解いて読んでみましょう。


初心者におすすめの資産運用

これから資産運用を始めたいと考えている初心者はどのような方法で運用したら良いのでしょうか。初心者におすすめなのは勉強量が比較的少なくて済む投資です。リスク許容度が低い人の場合には元本保証の運用方法を検討するのが無難です。


定期預金か国債や地方債が適していますが、利益額はそれほど大きくならない点には留意しなければなりません。ある程度のリスク許容度があるなら、投資信託を選ぶのが無難でしょう。


投資信託では具体的な銘柄を運用会社が選定し、売買のタイミングもプロとして適切なタイミングを見計らい、手続きも一通り行ってくれます。多数の銘柄への分散投資になるのも投資信託の特徴です。


そのため、比較的知識の要求量が少なく、運用する上での労力負担も小さいことから初心者でも取り組みやすい資産運用方法となっています。


ただし、投資信託にもリスクがないわけではありません。手数料の負担もあることから、利益を見込める投資信託を選ぶことは必要になります。


この際にも投資信託のおすすめランキングなどを参考にできますが、リスクとリターンのバランスを考えて選ぶことは必須です。ランキングを使って選定する際には、どのような観点を基準にしてランク付けをしているのかを見極めなければならないのは、資産運用の方法を選ぶ場合と同じだと考えましょう。


100万円でできるおすすめの資産運用

資産運用は余剰資金がどれだけあるかによって方法を選ぶことが大切です。まとまった余剰資金ができたと判断する基準として典型的なのが100万円です。実際には数百円や数千円でも資産運用を始めることは可能ですが、自由度が高くなるのは数十万円から100万円程度の資金ができたときだということが知られています。


100万円を運用できる場合におすすめの資産運用は目的によって異なります。すぐに資金を増やしたいという気持ちが強く、リスク許容度も十分にあるのならFXや商品先物取引がおすすめです。


レバレッジをかけられる投資方法で、短期取引によって利益を得ている投資家も多いことから、きちんとノウハウを学んで取り組めばきっと大きな資産を生み出せるでしょう。株式投資や仮想通貨取引も同様に短期的な利益を得ることが可能な投資方法としてよく選ばれています。


一方、長期的な運用をして老後対策をしたいという場合には一つの資産運用方法に限らないのがおすすめです。分散投資によってリスクを下げ、着実な資産形成を狙うのが合理的です。

 

投資信託なら分散投資をしやすいですが、株式投資で複数銘柄を選ぶのも良い方法でしょう。J-REITや海外REITは安定性が高いことが知られているため、長期投資のときには盛り込むと良い資産運用方法です。この他にもインデックス投資や金投資も長期投資に向いているので、組み合わせて自分に合っている形を整えましょう。


自分に合っている資産運用を進めよう

資産運用にはおすすめされているものが多数ありますが、自分に合っているものを選ぶのが何よりも大切です。安易にランキングトップの方法を選ぶのではなく、経験や資産額、運用目的などに応じて適切なものを選びましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.