少額投資はローリターン?おすすめ投資法をご紹介

少額投資はローリターン?おすすめ投資法をご紹介|投資がもっと楽しくなるメディア

 

投資をするには莫大な資金が必要と考えられていましたが、近年では少額投資もできるようになりました。少額投資の意義については賛否両論があります。この記事では少額投資の概要とコツを紹介するので参考にしてください。

 

投資をするには莫大な資金が必要と考えられていましたが、近年では少額投資もできるようになりました。少額投資の意義については賛否両論があります。この記事では少額投資の概要とコツを紹介するので参考にしてください。

 


少額投資とは

少額投資とは少額の資金を元手として投資活動をすることです。投資には数百万円単位の資産が必要だと言われていたこともありました。例えば、株式投資では100株ずつ購入する必要があったため、1万円の株価になっている株式を購入するには100万円の資金が必要だったのです。


現在でもこの状況が大きく変わったわけではありませんが、単元未満株に着目すると1株から買えるため、数万円の資金があれば十分に投資を行えるようになっています。投資信託の登場によってさらに少額での投資もしやすくなりました。


投資信託は多数の投資家から資金を集めて、運用会社が様々な投資対象に資金を配分して運用するのが特徴です。一般的には1万円くらいから投資できるので、少額の資金しかなくても気軽に始めることができます。


近年では少額投資への注目度が高まり、いかに少ない資金でも投資を始められるサービスを提供するかが重視されるようになりました。ワンコイン投資はそのニーズに応じて生まれたサービスの典型例です。


500円前後から投資できる仕組みにしているのがワンコイン投資の特徴で、100円でも投資できるサービスがあります。このような少額投資が登場したことによって投資活動をすることのハードルが下がり、資産運用によって利益を得たいという人が増えてきているのが現状です。


少額投資の対象の典型例

少額投資ではあらゆる投資対象を使えるわけではありません。いくら以下の場合には少額投資なのかという点について定義があるわけではありませんが、数万円くらいの資金があれば投資できるのが少額投資の対象としてよく着目されています。


少額投資で最もよく注目されているのは投資信託で、前述のように多くの投資家から資金を集めて運用する仕組みになっています。証券会社によって最低金額には違いがありますが、1万円あればほとんどの投資信託を選ぶことが可能です。


投資信託は株式や債券、不動産や為替などの様々な投資対象を組み合わせているのが特徴で、分散投資になっています。少額投資なのに分散投資でリスクを下げられるという点から投資初心者からよく選ばれている投資方法です。


他に選べる投資先として単元未満株があります。単元未満株は1株から購入可能なので数百円から数万円で購入可能です。分散投資にはなりませんが、大きな値上がりがあると期待されるタイミングで購入できれば大きな資産形成につながります。


バイナリーオプションも少額投資をしやすい投資としてしばしば着目されています。国内業者を利用すると数百円くらいの投資もできるので検討してみると良いでしょう。レバレッジをかけられるFXも少額投資の候補として考えられます。
ただし、数万円単位の資金は必要になる場合が多い点には注意が必要です。


アプリで少額投資する魅力

少額投資をするときにはアプリの活用をするのが魅力的です。スマートフォンやタブレットでいつでもどこでも取引できるのがアプリのメリットで、パソコンで取引するのと違って外出先でも取引ができます。


少額投資をするときにアプリを使うメリットは、わずかな資金を失わないように十分に配慮した投資を行えることです。


例えば、単元未満株で売買をして利益を得たいというときには、価格が上がったときにはすぐに売って利益にし、下がりそうな気配があったときにも売って損切りをするのが重要です。いつでも株価の動きを見て売買の注文を出せるようにする必要があるため、アプリで取引をするメリットがあります。


一方、購入のポイントを見極めるのにも使えることから、投資信託をするときにもアプリが有用です。投資信託では基準価額が低いときに購入して、高いときに売れるようにするのが肝心な考え方の一つです。


分配金利回りだけに着目すると少額投資では利益があまり大きくならない場合が多いため、売買益を得られるように割安なタイミングを見極めることを目指してアプリを使うのが有効です。


アプリにも様々なものがありますが、証券会社が提供しているアプリを使うとスムーズに取引ができます。少額投資で大きな利益を得たいと考えている場合にはアプリを積極的に利用しましょう。


少額投資は意味がないというのは本当か

少額投資は余剰資金があまりない人でも投資を始められるメリットがあるのは確かですが、やってみてもあまり意味がないからやめておくべきという意見を持っている人もいます。


投資経験がない人からも、充実した投資経験を持っていて資産形成に成功している人からもしばしばある見解です。少額投資の意味が本当にあるのかどうかは、これから初めて投資をする人にとっては知っておきたいポイントでしょう。


結論から言えば、少額投資に意味があると判断するか、意味がないと捉えるかは考え方次第です。


少額投資では大きな資産形成ができるわけではないのは確かなので、資金形成を狙って投資をしたいと思っている場合にはあまり有効とは言えません。利回り10%で1万円を運用できたとしても年間で1000円にしかならないでしょう。利益額を見てしまうと期待値が低いため、少額投資は意味がないと考えるのももっともなことです。

 

しかし、少額投資を通して投資の仕方を学ぶことはできます。現在は余剰資金が数万円しかなかったとしても、数年後には何十万円も動かせるようになる場合もあります。その際に投資のノウハウが身についていると適切な方法を選んで資金形成を効率的に進められるでしょう。


少額投資であれば失敗しても損失が少なくて済むので、色々な方法に挑戦することが可能です。投資家として成長するための機会を作る上で少額投資は優れています。


少額投資なら楽天証券かSBI証券

少額投資をしたいと思ったときにはどの証券会社の口座を開設するかをよく考えて決める必要があります。少ない資金でも運用しやすい証券会社としてよく着目されているのが楽天証券とSBI証券です。


どちらの証券会社も少額投資を推進していて、積立投信であればワンコイン投資に対応しています。100円あれば積立投信を始められるのが楽天証券とSBI証券の魅力で、毎月数百円だけ確保できれば長期的な資産形成を進められます。


選べる投資信託の銘柄数も多く、投資信託にかかる手数料もネット専門の証券会社ということもあって低い水準になっているのが魅力です。


また、単元未満株に着目した投資にも対応している点でもメリットがあります。どの株式を購入するかによって必要資金には違いがありますが、500円くらいあれば多くの株式を対象として投資を始めることが可能です。


楽天証券とSBI証券は株式の売買手数料が少額取引ではほぼ無料になるのが魅力で、気軽に売買を行えます。株式投資ではしばしばデイトレーダーの成功が話題になっていますが、実際にデイトレードをするとどのようになるかを少額で体験してみることも容易です。


株式投資に興味を持っている人が早い段階から経験を積むのには、手数料が低い証券会社を選ぶことが適しているので、検討してみましょう。


少額投資から始めていこう

少額投資に対応する証券会社が増えてきたことによって、わずかな余剰資金でも投資を始められるようになっています。投資をする意味については賛否両論があるものの、経験を積むには適している方法なので前向きに取り組んでいきましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.