株初心者におすすめの勉強方法を紹介!

株初心者におすすめの勉強方法を紹介!|投資がもっと楽しくなるメディア

 

投資の初心者の中には株式投資に興味を持っている人もいるでしょう。人気が高い投資方法の一つですが、初心者にとってやりやすい投資なのでしょうか。この記事では株初心者が知っておくと役に立つノウハウを紹介します。

 

投資の初心者の中には株式投資に興味を持っている人もいるでしょう。人気が高い投資方法の一つですが、初心者にとってやりやすい投資なのでしょうか。この記事では株初心者が知っておくと役に立つノウハウを紹介します。

 

株式投資は初心者におすすめか

投資初心者にとって株式投資がおすすめなのかどうかは賛否両論があります。株式投資は企業に対する投資なので、企業の事業や経営に興味がある人や、世界の経済に関心がある人にとって取り組みやすいでしょう。


基本的には成長する企業の株式を購入して、株価が上がったら売却することによって利益を得るのが株式投資です。


そのため、企業活動や経済の動きがわかっていると適切な投資判断ができます。特に中長期投資では成長を続けている企業の株価が上がる傾向が強いことから、初心者でも慎重に吟味すれば投資先の見極めができるでしょう。


しかし、短期投資の場合にはテクニカル分析が必要になる場合が多いため、初心者にとっては学ばなければならないことが多いのが難点です。


テクニカル分析は過去のチャートのデータに基づいて将来を予測するための分析手法です。相場を分析するのに一般的に活用できることが知られていて、為替市場や商品先物市場などでも用いられています。


株式市場で使われてきた歴史が長いことからノウハウもたくさんあり、実戦的な例も調べることが簡単です。


そのため、今後テクニカル分析をして短期投資をしていきたいという気持ちがあるなら株式投資から始めて、他の投資にも応用していくという考え方は賢いと言えます。その点で株初心者も短期投資に挑戦してみる価値があるでしょう。


株初心者におすすめの本

株初心者には三種類の本をおすすめできます。一つ目は株式投資全般に関する入門書です。教科書や参考書のように形式ばった本を読むのに慣れている人は本格的な一冊を読みこなすと良いでしょう。


慣れていない人はイラストが多くて図解されているわかりやすいものを読んで概要を把握する程度でも問題ありません。株式投資によって利益を生み出せる仕組みを理解し、何によって相場が動いているかがわかれば論理的に考えて取引ができます。その段階まで成長するために必要な情報源として本を読むのが大切です。


二つ目はIR情報を読みこなせるようになるための財務関係の教科書です。長期投資をするときに特に重要なことで、今後の成長を期待できる企業なのかどうかをIR情報から判断するには財務の知識が欠かせません。年単位での企業の成長可能性を見極められるようになるために、簡単なノウハウ本を読む程度でも良いでしょう。

 

三つ目はテクニカル分析に関する入門書です。テクニカル分析は様々なインジケーターを使用して相場を分析する手法で、古くから培われてきた理論に基づいています。


そのため、教科書的な本を手に取って読み、手元に置いてバイブルのようにして使うと効率的に分析を進められます。一般的な方法を覚えてから自分なりに応用すると確実なので、まずは入門書を手に取って学んでみましょう。


株初心者におすすめの銘柄とは

株式投資をこれから始める段階の初心者は銘柄選びで苦労する傾向があります。おすすめ銘柄があるなら知りたいと思うのはもっともなことですが、人によって魅力が大きい銘柄には違いがあるので注意しましょう。


基本的には投資期間をどのように考えるかによって最適な銘柄を選ぶ基準が異なります。デイトレードの場合には値動きが大きい銘柄が好ましいため、新興国株式やトレンドの分野の株式が魅力的です。


数日くらいのタイムスパンで行うスイングトレードの場合にはわずかな期間で大きな株価の上昇を見込める必要があるため、話題性が高い分野の銘柄に着目して投資をするのが成功につながりやすいでしょう。


一方、中長期になるとたった今のトレンドを見るのではなく、長期的な視野で判断する必要があります。数ヶ月から一年、二年程度の中期投資をする場合には、これから話題になるテーマに着目して関連銘柄の株式を調達するのが良い方法と言われています。


もっと長い期間を考えて投資をするときには、インフラや医療などのように遠い将来でも安定したニーズのある分野の銘柄を選ぶのが適切です。


長期投資ではその分野で競合他社の追従を許さないような地位を手に入れている企業があれば、その関連銘柄を選ぶと成功しやすくなります。このように投資期間の違いによっておすすめの銘柄の性質が大きく異なるのです。


株初心者にコロナ関連株はおすすめか

新型コロナウイルスの感染拡大が世界的に起こっていてパンデミック状況になっているのを受けて、株式投資ではコロナ関連株がよく話題に上げられています。株初心者もコロナ関連株を狙うと良いのではないかと思うかもしれません。


ワクチンや治療薬の開発を進める製薬会社や創薬ベンチャー、除菌スプレーや除菌サービスを提供する企業、リモートワーク推進や自宅学習支援などのサービスを行っている企業などがよくコロナ関連株として注目されています。


このような企業の株はコロナ禍において求められている事業を展開していることから、多くの投資家が値上がりを起こすと期待していますが、必ずしも初心者向きの投資対象ではないので注意しましょう。


コロナ関連株に投資をするときに気を付けなければならないのが競争が激しいことです。例えば、創薬分野では新薬を開発するのに成功した企業の株は高騰する可能性がありますが、その影響で競合他社の株は急落する可能性があります。除菌サービスやリモートワーク推進なども同様で、話題になってシェアを広げられる企業を選べれば投資に成功できるでしょう。


しかし、競争に負けてしまったり、負けるリスクが高いと見越して市場を撤退したりする企業に投資してしまうと大損するリスクがあります。そのため、コロナ関連株はハイリスクハイリターンなので、初心者は慎重に検討する必要があります。


株初心者にはアプリがおすすめ

株初心者はアプリを使って投資をするのがおすすめです。株式投資では株価の値動きを見て売買のタイミングを見極めるのが基本になります。そのため、いつでも株価のチャートを手元で見られるようにしておくとタイミングを逃さずに売買注文を出せます。


アプリにはチャートを簡単に表示できるものが多いだけでなく、一定の条件を満たしたときにプッシュ通知を出すように設定できるのものもあるのが魅力です。


また、証券会社でもアプリを提供していて、アプリ上で注文を出せる場合もあります。証券会社のアプリにもチャートの表示機能やプッシュ通知機能なども搭載されている充実したものもあるので、株式投資を始めるときには比較して使いやすいアプリを選びましょう。


また、アプリを使うと資産管理もしやすくなります。特にデイトレードやスイングトレードをしたいと思っている場合には、資金管理をしていないと想定以上に投資してしまうことがあります。

 

投資に使える余剰資金がどのくらいあって、いくらを株式の売買に使っているのかを常に把握できるようにアプリで管理をするのがおすすめです。証券会社のアプリには資金管理機能がついているケースもあります。


証券会社のアプリはその会社の口座を使って取引するときにしか使えないので、有用なアプリがあるかどうかは口座開設前に確認してみるのが大切です。


初心者は株式投資のやり方をよく考えて始めよう

投資の初心者にとって株式投資は取り組みやすい投資方法の一つです。投資期間をどのくらいにするかを考えた上で銘柄を選ぶようにしましょう。自分なりにやりやすい方法を考えてから投資を開始するのが成功につながります。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.