株を始めるメリットを解説!重要なのは準備とタイミング?

株を始めるメリットを解説!重要なのは準備とタイミング?|投資がもっと楽しくなるメディア

 

資産運用の定番とも言えるのが株式投資です。預貯金をしているだけでは資産を増やしにくい中、投資に対して積極的になる人も増加傾向にあります。株式投資のメリットをはじめ、始めるにあたっての準備などをここで確認していきましょう。

資産運用の定番とも言えるのが株式投資です。預貯金をしているだけでは資産を増やしにくい中、投資に対して積極的になる人も増加傾向にあります。株式投資のメリットをはじめ、始めるにあたっての準備などをここで確認していきましょう。

 

 

こんなメリットで株式投資が人気

株式投資には複数のメリットがありますが、一番は何と言ってもキャピタルゲインを得られることでしょう。これは売買差益を指す言葉で、保有資産を売却することで利益を得られるのが魅力です。


大きな投資額ほど生じる差益が拡大し、短期間の内に大幅な儲けを出すのも夢ではありません。もちろん、逆にマイナスが生じる、キャピタルロスのリスクもある点には注意が必要ですが、適切にリスクヘッジを図ることで無用に資産を棄損する確率を下げることができます。


インカムゲインも株式投資による利益を得る方法のひとつです。配当金を意味する言葉で、企業活動により生じた利益の一部を株主に還元してもらえます。株式を保有しているだけで利益を得られることから、インカムゲインを目的に投資をする株主もいます。


ただ、必ず配当金が出るわけではありませんし、金額も一定ではないため、過去の配当実績や企業の将来性などをよく踏まえ、投資先を選ぶ必要があるでしょう。株主優待の存在も投資のメリットと言えます。これはいわば株主に対するお礼であり、自社株を買ってくれたことに対して、一定の優待サービスを与えられるというものです。


また、宣伝活動という側面も持ち、優待により自社サービスを使ってもらうことで、より一層企業への理解を深めてもらおうという狙いもあります。しかしながら株主優待は必ず受けられるわけではない上、後に廃止がされるケースもある点には注意が必要です。


株式投資にはどのくらいの資金が必要?

投資を始める上で気掛かりとなるのは、どの程度の資金の用意が必要なのかについてですよね。株式投資というと、資金的に余裕がある人が楽しむというイメージを持たれることもあり、自身には縁遠い存在と感じてしまう人もいるのではないでしょうか。


上場企業の場合ですと、100株を1単元とし、まとまった資金がないと購入が難しい場合がありますので、ハードルを高く感じてしまうのも無理はありません。しかし、単元未満で購入できるサービスを利用すれば、1株からでも購入することは可能です。


例えば、1単元が50万円の株式でも、1株で買えるサービスなら5,000円で株式を保有することもでき、用意すべき資金も少なくて済みます。ちょっとしたお小遣いで投資を楽しむことが可能で、決して多くの資金を必要とすることばかりではないのです。


ただ、投資額が少なければ、当然得られる利益もコンパクトになります。儲けるという観点ですと、ある程度のまとまった資金は必須となるでしょう。


また、売買をするには一定の手数料が掛かる点にも注意しなければいけません。せっかく利益が出そうなほどに株価がアップしても、手数料の存在によってうま味がなくなってしまうこともあり得ます。

とはいえ、少額から投資を体験できるのは初心者にとってメリットがあります。まずは株式を買って保有してみるというプロセスを経験し、その上で徐々に投資額を高めていくのがおすすめです。


投資を始めるための基本準備

実際に株式投資を始めるには、まず証券会社で口座を開設する必要があります。証券会社のサービスは大きく2種類に分けることができ、ひとつは店舗型証券で、もうひとつはネット証券です。


前者の特徴は担当者が付いてくれる点にあり、相談をしながら投資を行うことが可能です。いちから丁寧に教えてもらうことができますし、アドバイスもその都度、受けられますので、プロに逐一相談をしながら投資を楽しみたい人に打ってつけです。


一方のネット証券は、手数料の安さに魅力があります。取引手数料の負担がコンパクトで済むため、頻繁に取引を繰り返す人にとっても利用しやすいサービスと言えます。基本的に相談を行うことはできないのですが、中には店舗や電話で相談ができるプランを提供するところもあり、店舗型証券と遜色なく投資を行うことが可能です。


証券会社自体は複数存在するため、どこで口座を開設するのかも考えなければいけません。選択の基準は人それぞれで、手数料の安さを重視したり、取り扱い商品の豊富さで選んだりなど、任意に選び出すことが可能です。


各証券会社で魅力的なサービスを展開していますので、特徴を比較しながら自分に合うところを見付け出すようにしましょう。もちろん、ひとつの証券会社に絞る必要はありません。ネット証券ですと、メンテナンスやシステムダウンなどで取引ができない場合もあるため、複数口座を作って使い分けをするのもおすすめです。


初心者におすすめの銘柄選びと投資方法

口座の開設が完了した後は、いよいよ投資を行うことができます。そこで迷うのが銘柄選びではないでしょうか。選択次第で利益を得られるか、それとも損失を被るのかが左右されますので、慎重に銘柄を選び出すことが重要です。


選択の仕方は様々ですが、ひとつの考え方として、自身の興味がある分野で選び出すことです。例えば不動産に興味がある人ならば、不動産業界への関心を高く持っていることで、これから成長しそうな企業を見極めやすかったり、情報を積極的に得ようという気持ちも持てたりするはずです。


株式投資で成功をするには、精度の高い業績予想や情報の獲得などが欠かせませんので、強く関心を持てる分野への投資から始めてみてはいかがでしょう。


続いて投資方法のポイントですが、できるだけ分散投資を心掛けることが大切です。色々な企業の情報を集めるのは大変なため、ひとつの投資先に限定したくなるかもしれませんが、資金を集中させてしまうのはリスクある行為と認識しておきましょう。


集中してしまうと評価額が下がった時のダメージが大きく、あえなく市場から撤退せざるを得ないこともあります。投資先を分散してリスクヘッジをすることで、評価損益が生じても損失をコンパクトに抑えられる可能性があり、大切な資金を守れると共に、精神的ダメージも小さくて済むはずです。

株式投資にはリスクが付き物ですので、目先の利益にばかり気を取られず、いかにしてリスクをコントロールするかにも注力しながら楽しむようにしましょう。


いつから投資を始める?エントリータイミングは?

投資自体はできるだけ早く開始するのがおすすめと言えます。一度に多くの資産を費やせる特別なケースを除き、資産形成には時間が掛かりがちであり、地道に資産を増やしていくという長期的な視点が必要になるからです。


始めるタイミングが遅くなってしまうと利益を生むチャンスも減ってしまいますので、これからいくらでも投資経験を積める若い内から投資を始めた方が有利になり得ます。実際、未成年や20代から投資を始めたかったと考える投資家も多くいるのです。


いつどのタイミングでエントリーをすれば良いのかについても見ていきましょう。エントリータイミングを見極める方法として、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析が用いられることが多くあります。


テクニカル分析というのは、チャートと呼ばれる株価の値動きをグラフ化した情報源を活用した分析方法で、そこからトレンドやサイクルを予測してエントリータイミングを見計らいます。


単純移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンドなどの分析手法も提供されていますので、積極的に活用していきましょう。ファンダメンタルズ分析というのは、企業の業績や社会経済の動きなどから、企業の本質的価値を導き出し投資へと役立てる分析方法です。


手間を要する情報のリサーチや政治的要因も絡んでくるために難しく感じられますが、投資技術の一環として身につけておくことが推奨されます。これらを駆使しながらエントリーするベストなタイミングを見極めましょう。


株式投資で資産運用を始めよう!

真剣に資産運用を考える人にとって株式投資はおすすめの選択肢です。少額からでもスタートすることが可能で、気軽に楽しみながら学んでいくことができるはずです。将来に向けた資産形成の一環として取り組んでみてはいかがでしょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.