AI投資とは何か?仕組みと活用方法を徹底解説!

AI投資とは何か?仕組みと活用方法を徹底解説!|リビングコーポレーション


人工知能を活用する技術開発が進み、AI投資もできるようになりました。AIが投資をしてくれるのかと思うと魅力に感じる人もいるでしょう。

ここではAI投資とは何かを概説し、今後投資に活用していくべきかを考察します。 人工知能を活用する技術開発が進み、AI投資もできるようになりました。AIが投資をしてくれるのかと思うと魅力に感じる人もいるでしょう。

ここではAI投資とは何かを概説し、今後投資に活用していくべきかを考察します。

 

 


AI投資とは何か

AI投資とは人工知能を活用した自動投資の方法です。AIを活用することで人が考えたようにうまく分散投資をすることができる仕組みになっています。以前からロボアドバイザー投資が注目され、多くのシステムが開発されてきました。

ロボアドバイザー投資も自動投資ができますが、基本的には人が作ったプログラム通りに分散投資をする仕組みになっています。それに対してAIの場合には機械学習のアルゴリズムを取り入れ、学びながら投資をしていく仕組みなのが特徴です。

どちらが必ずしも優れているというわけではありませんが、AI投資ではより人が考えるのに近い投資の仕方を実現する可能性が高いと考えられています。

AI投資ではサービスに搭載されているAIのアルゴリズムによってどのような運用になるかが異なります。一般的なのは分散投資によって長期的に安定した利益を得られるようにするアルゴリズムですが、短期投資による成績を重視しているアルゴリズムのサービスもあります。

人によって長期投資が望ましいか、短期投資にこだわりたいかは異なるでしょう。AI投資が注目されるようになったお陰で各社が開発を進め、様々なニーズに合った投資スタイルのアルゴリズムが生み出されてきています。

そのため、投資に対してどのような考え方を持っているか、どのくらいの期間でいくら必要かに応じて魅力的なAI投資を選べようになってきたのが現状です。

 

AI投資と投資信託の違い

AI投資は投資信託とよく比較されるので違いを理解しておきましょう。どちらも基本的には分散投資をする点では同じですが、ポートフォリオの考え方や運用の仕方が大きく異なっています。

AI投資の場合には個人が希望する投資計画や投資目標に合わせたポートフォリオを作成し、AIがその計画や目標を達成できるように投資を進めていくのが基本的な仕組みです。

それに対して、投資信託の場合には予めポートフォリオが作成されたファンドが作成されていて、その内容に興味関心を持ったり、方針が自分の投資目標に合っていると感じたりした投資家が投資します。その後の運用はAIではなく人が行っていくのが投資信託の特徴です。

このような仕組みの違いによって運用の様子も変わります。AIの場合には24時間365日稼働し続けることができるので、大きな値動きなどを受けて素早く売買して対応することが可能です。

しかし、人の場合には社会情勢などを読んでどんな傾向が生まれるかを先読みする力が優れているので、早めの損切りをしたり、上がると見込んで早めに購入したりすることができます。

AIでもこのような能力を学習によって身につけているのでどちらが優れているとは言えませんが、性質の違いとして覚えておくべきポイントでしょう。また、運用するのが人とAIのどちらが好ましいと思うかは人によって違うため、自分の感性も考慮して選ぶのが大切です。


AI投資の比較ポイント

AI投資をしようと思ったときには随分数が増えてきた投資先の中からどれが良いかを選ぶ必要があります。当初は数が少なかったので比較するのもそれほど難しくありませんでしたが、今は多様化が進んでいるので自分に合ったAI投資を探し出すことが重要になっています。

比較すべきポイントとしてまず挙げられるのは実績です。まだAI投資は運用実績が少ないケースが多いですが、既に実績が公開されているなら安全性や利益の大きさを確認して信頼できるかどうかを見極めましょう。

運用実績がない場合には同じ会社の商品での実績を見てみるのも大切です。類似のアルゴリズムを使っているなら似たような成績が出る可能性が高いと考えられるからです。
投資をするからには大きな利益を出したいという人も多いでしょう。

そのためには利回りが高いAI投資を選ぶのが重要なので、平均利回りがどのくらいかを比較しましょう。AI投資の平均利回りは3%~12%が一般的です。かなり幅が広いのはアルゴリズムによる違いや、短期投資か長期投資のどちらを重視しているかの差などによって生まれています。

また、少額投資をしたい人の場合には最低投資額を比較するのも重要になります。少ない場合には1万円以下でも投資できますが、最低金額が10万円以上の場合もあるので運用したい資産額に応じて選びましょう。

 

AI投資で本当に儲かるのか

AI投資をして本当に儲かるのかどうかが気になる人もいるでしょう。自分で取引をして投資をするのと違い、資金を入れるとAIが自動で売買するとなると心配になる人もいるのは確かです。

本当に儲かるかどうかはわからないのが本当のところですが、それはどの投資であっても違いはありません。AI投資もたくさん候補があるので、その中から儲かるものを選び出して投資することが必要になります。

ただ、一般的にAI投資は分散投資なのでリスクは低く、リターンも運用金額の割には少なめになる場合がほとんどです。

AI投資の平均利回りは10%以上になっていて短期投資に向いていることもありますが、長期的に見るとあまり利回りが高くならない場合もあります。逆に3%くらいしか利回りがないけれど長期的に見ると伸びると期待できるAI投資もあるのです。

このように本当に儲かるかどうかはAI投資の選び方と運用の仕方によって大きく左右されます。安易に任せきりにしてしまうとリスクがあるのは投資信託やロボアドバイザー投資などと同様です。

売買をしてくれるのはAIであっても、投資をしているのは自分だと認識して主体的にとりひきをしていけばきっと儲かる方法を見出せます。目的意識を持って自分で掲げた目標を達成できるように運用を続けていくようにしましょう。


AI投資アプリの魅力

AI投資をするときにはアプリを使えると便利です。AI投資の提供会社ではパソコンからウェブ上でアクセスするのを想定しているケースもしばしばありますが、スマートフォンやタブレットで使えるアプリも開発されてきています。

アプリを使ってAI投資をする魅力は気軽に使えることです。AI投資ではAIが自動取引をしてくれる仕組みになっているため、つい放置してしまいがちです。

しかし、今お金をつぎ込んでいるAI投資にさらにお金を入れたり、あるいは引き上げたりするタイミングは自分で見極めなければなりません。AI投資の種類によっては刻々とポートフォリオが変わっていくので、その内容が納得できるものかどうかも判断する必要があるでしょう。

そのため、AI投資をするときにはAIがどのような考え方で取引を進めていて、基準価額がどの程度に変化したかを確認する習慣を作るのが必須です。アプリが手元にあれば隙間時間でさっと確認できるので、放置してしまって思いがけないような値動きを起こしてしまっているような失敗を避けられます。

危険を感じたときにはすぐに撤退し、基準価額が下がってこれから上がりそうだと思ったときには買い増しすることも可能です。このようにアプリを利用して資産の運用をしやすい状況を作るとAI投資で利益を得やすくなります。


AI投資を上手に活用していこう

AIの活用は様々な分野で広まっていますが、金融におけるAI投資もその一つとして注目を浴びています。自分の力で運用する意識を持って活用していけば儲けられる可能性が十分にあるので上手に投資に取り入れていきましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.