20代で投資家になるためには何が必要か?メリットや魅力を解説

20代で投資家になるためには何が必要か?メリットや魅力を解説|投資がもっと楽しくなるメディア

 

まだ自分は20代だから投資を始めるには早いと思っている人もいるでしょう。しかし、20代で投資家を目指している人も大勢います。早いうちから投資を始めるのにはメリットもあります。この記事を通して20代の人が投資家になる魅力や方法を学びましょう。

 

 

20代から投資を始めるメリット

投資はまとまった資金ができてから始めるものだという考え方が広まっています。そのため、まだ給料がそれほど高くなくて、余剰資金をあまり確保できない20代のうちはまだ投資を始めるには早いと思われがちです。

 

しかし、20代から投資を始めるのにはメリットが多数あります。まず、若くて学習能力が高く、記憶力も意欲も充実している時期なら投資のノウハウを短期間で習得できるのがメリットです。

 

投資には知識が求められるため、学ぶ力が強い時期に始めるとスムーズに利益を得られるようになるでしょう。投資に関わる知識や経験は一生使えるものなので、20代のうちから投資を始めると将来的にも資産を有効活用しやすくなります。

 

また、20代から投資を始めれば資産運用の期間を長くできます。始める時点では少額投資だったとしても、複利運用をすれば大きな資産にすることが可能です。期間が長ければ長いほど複利運用の効果は大きくなるため、一年でも早くスタートを切るのが重要です。

 

積立をしていけばさらに長期投資によって資産を増やしやすくなります。20代のうちから少額で積立投資を始めるだけで、老後の資金に苦労しなくて済む可能性も十分にあります。

 

このように若いうちから投資を始めておくメリットは多いので、まだ資金があまりないからやめておこうと考えずに、余剰資金ができたときには積極的に投資に踏み切ってみるのも良いかもしれません。

 

20代から投資を始める人の割合は増えている

どれだけメリットがあったとしても、やはり資産が少ないことを考えると20代から投資を始めるのは不安があるという人もいるでしょう。

 

しかし、周りを見てみると実は投資をしているという人がたくさん見つかるかもしれません。若い世代で投資を始める人が増えてきている状況があり、20代から投資を始める人の割合も年々増加している傾向があります。

 

20代から投資を始める理由として、2000万円問題がよく挙げられています。老後の資金として2000万円が年金の他に必要という結果が示されたため、老後資金を準備しなければならないという意識が若い世代の間でも芽生えてきているのです。

 

2000万円という金額は非常に大きいことから、できるだけ早めに投資をして対策を立てたいという考えが生まれてきています。

 

実際には20代から投資を始める人が増えた理由として、少額資金でも投資できる仕組みが作られたことが挙げられます。投資信託によって分散投資をしつつ、1万円から投資ができるようになりました。さらに投信積立を利用できるようになり、少額投資に対応している証券会社では100円ずつ積み立てていくことが可能です。

 

100円くらいなら生活費を節約して捻出するのも難しくないと考えられるでしょう。さらにNISAの登場によって利益を上げやすい制度も利用可能となり、少額投資を早い段階から始めてみようという考えが広まっています。

 

20代で投資家になるには何が必要か

20代で投資にデビューして投資家になるためには何が必要なのでしょうか。資金がなければ投資はできないのは事実です。投資にはリスクがつきものなので、基本的には失ってしまっても生活するのに問題がないと言える余剰資金があることが必要になります。

 

ただ、少額でもできる積立投信であれば100円くらいでも大丈夫です。金額が少ないと利益もあまり大きくならないのは確かですが、投資家になるだけならまとまった資金がなくても問題はありません。

 

投資家になるには資格も必要がなく、20代になれば年齢的にも問題はありません。そのため、投資家になろうと思ったときに何か特別な準備をする必要はないのです。

 

強いて言えば、証券会社の口座を作り、何に投資するかを決めることが必要になります。実際には20代の人が投資を始めるときには一番重要な部分です。選んだ証券会社によってどんな投資が可能かが異なり、手数料などにも違いがあります。

 

何に投資するかによって利益を得られるかどうかも変わります。その結果次第で投資に対するイメージがどうなるかが変わるのも確かです。それによって今後の投資に対する意欲も変化するため、重要な決断になります。

 

どのような形で投資をしていきたいか、どのくらいの資金を工面できるかをよく考え、自分に合っている証券会社や投資方法を選び出すのが肝心です。

 

20代で投資家になるための勉強方法

20代の人が投資家になって成功するためには勉強が必要になります。証券会社を比較して選ぶにも、投資方法を選定するにも必要になるのが知識です。投資をしたいと思ったら、まずはできるだけ広く勉強して知識を付けましょう。

 

20代の人にとって適している勉強方法は二つの段階に分かれます。一つ目の段階では投資方法の種類と特徴を調べて覚えていきましょう。投資の教科書を紐解いて勉強することもできますが、近年では情報サイトが充実しているのでインターネットを通して学んでも問題ありません。

 

証券会社のウェブサイトを見ると詳細な内容が説明されています。証券会社の説明記事を読んで学ぶと、どの会社で口座開設をすると良いかも合わせて考えられるので効率的です。

 

二つ目の段階は実践です。若いうちから経験を積んでおくと将来的に成功できる投資家になれると考えられます。少額資金で投資信託や株式投資に挑戦してみましょう。また、FXやバイナリーオプションなどでは取引の体験をするためにデモトレードのサービスを利用できます。

 

デモトレードは仮想的な資金を使って取引体験を行えるサービスで、資金を使う必要がないことから実践的なトレーニングを気軽にできるのがメリットです。デモトレードのサービスが提供されている投資方法は限られていますが、利用できる場合には積極的に活用して勉強しましょう。

 

ブログを使う20代からの投資のコツ

20代からの投資ではブログの活用も重要です。ブログは情報源と情報発信方法という二つの面で活用できます。最近の取引実績について公開している個人投資家のブログから投資先の情報を手に入れることが可能です。

 

まとまった資金ができて短期取引で利益を得たいと思っているときには有用な情報源になります。どの銘柄を選ぶべきか、どの通貨ペアが狙い目かといったことは経験豊富な投資家から学ぶとわかりやすいでしょう。

 

ブログでは相場に急変を起こすようなニュースや経済指標の発表などについても言及していることがよくあります。投資の仕方を学ぶ上でも、リスクが高いタイミングを避けて投資をする上でも有効活用可能です。

 

一方、自分のブログを作って投資結果を発信するのも効果的です。投資結果をブログで公開すると決めていると、恥ずかしい取引をしないように心がける気持ちが生まれます。取引に失敗したために、慌てて別の取引もしてさらに失敗したというケースが多いことはよく知られています。

 

同じような失敗をして笑いものにされないようにしようと考えることで、感情的な取引による失敗のリスクが下がるでしょう。これも短期取引をするときには特に重要なポイントです。

 

積立投信に限らず、FXや株式投資、商品先物取引などで短期取引をしようとした際にはブログを作って結果を公開するのも良いでしょう。

 

20代から投資家を目指そう

20代の人は投資を始めるには時期尚早と考えがちですが、早めに始めた方がメリットが大きいのも事実です。少額投資が可能になっている状況を考慮して、投資についてしっかりと勉強してから余剰資金を活用していきましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.