1万円の投資で得られる利益とは?上手に使って資産形成!

1万円の投資で得られる利益とは?上手に使って資産形成!|投資がもっと楽しくなるメディア


投資を始めるためにはいくらの資産があれば良いのかは多くの投資初心者が抱く疑問です。1万円あれば十分な資産形成ができるのでしょうか。この記事では1万円を資金として用いる投資について様々な角度から解説します。

 

投資を始めるためにはいくらの資産があれば良いのかは多くの投資初心者が抱く疑問です。1万円あれば十分な資産形成ができるのでしょうか。この記事では1万円を資金として用いる投資について様々な角度から解説します。

 


1万円投資の選択肢とは

1万円の資金で行う投資では方法の選択肢があまり多くはありません。そのため、投資を始めるときにはどのように資産を使うかをよく考える必要があります。少額投資が注目されるようになった頃からよく選ばれているのが投資信託ですが、1万円ではギリギリできるかどうかの境目になります。


多くの投資信託は1万円から始められると銘打っているものの、購入に手数料がかかるので数百円くらいは余分に資産が必要です。一銘柄にしか投資できないので、銘柄選定も慎重に行わなければならないでしょう。


株式投資は資産運用の方法として人気がありますが、1万円では投資自体が難しいのが現状です。株式投資では100株を1単元として、1単元ごとの売買をするのが基本ルールになっています。1万円では株価が100円以下でなければ買えず、さらに売買手数料もかかるので実質的には取引不可能です。


近年着目されるようになった単元未満株を選べば投資できます。単元未満株では1株ごとに売買できるため、株価が1万円未満の単元未満株を選べば株式投資が可能です。ただ、数千円の株式を1株ずつ数銘柄買うのが限界なので分散投資は難しいでしょう。


一方、FXや仮想通貨などの為替取引については1万円でも取引が可能です。数千円の予算があれば始められるので候補として考えてみると良いでしょう。商品先物取引やバイナリーオプションも数千円の資金で開始できます。


1万円の投資で得られる利益を考察しよう

1万円を使って投資をするときには運用による利益について考察し、想定しているような利益を生み出せるかを見極めるのが大切です。前述のように投資信託は1万円の資金で行えますが、投資信託による利益はあまり大きいとは言えません。


一般的な投資信託の運用方法は、銘柄を保有し続けて分配金を受け取るというものです。分配金が年に1回から12回くらい出される仕組みの投資信託が多く、分配金利回りに基づいて利益がどのくらいかを予測できます。


投資信託の分配金利回りは平均的には5%前後なので、1万円を投資すると年間で500円の利益を得られます。高利回りの場合でも10%少々のことが多いため、せいぜい1000円程度の利益です。


もっと大きな利益を得るための元手として1万円を使いたいという場合には、レバレッジをかけられる取引をするか、リスクが高くても短期的に大きな利益を生み出せる可能性がある運用をするのが大切です。以下で紹介するFXは25倍のレバレッジをかけられるので、25万円相当として投資を行えます。


また、株式投資や仮想通貨投資では価格の急変が起こることがしばしばあるため、そのタイミングを狙って売買すれば資産を一気に二倍以上にすることも可能です。


その分、リスクも大きいことは念頭に置いて投資する必要がありますが、大きな利益を得るには必要なことだと考えましょう。


1万円でできるFX投資

1万円でFX投資をするときに知っておくと役に立つポイントを紹介します。FX投資では証拠金取引をする仕組みになっていて、最大で25倍までレバレッジをかけられます。
海外のFX業者を使うと何百倍ものレバレッジをかけて取引が可能ですが、リスクがその分だけ大きくなるので注意が必要です。


1万円でFX投資をするときにはスワップポイントを狙うよりも、売買益を狙ってデイトレードを狙うのが合理的です。スワップポイントは金利の調整によって得られる利益なので、元手が十分に大きくないとまとまった利益は得られません。


売買益の場合には一回の取引で数パーセントくらいの利益を生み出せるケースが多いため、短時間で繰り返し取引をすれば大きな資産形成につながります。


FX投資で1万円を元手にする場合にはスキャルピング取引は難しいため、1000円~2000円くらいを使って丁寧に取引をしていくのが賢明です。証拠金が少ないので高い通貨を狙うと取引自体ができないこともあります。


また、先進国通貨の方が値動きがわかりやすいことから、米ドル円やユーロ円を狙って取引をするのが無難です。ポンド円やオーストラリアドル円も候補にできますが、相場が荒れやすいことが知られているので注意しましょう。


タイミングさえ良ければ大きな利益を生み出せるものの、まだ資産が増えていない状況で選んでしまうと大損をしてFX投資を続けられなくなるリスクがあります。


1万円でできる仮想通貨投資

仮想通貨投資を使って1万円を運用するときのポイントを紹介します。仮想通貨投資ではレバレッジをかけられない直接売買が基本になっていますが、仮想通貨によるFX型の取引も登場してきました。どちらを使うべきかは資産運用の方針によって異なります。


仮想通貨はもともと値動きが激しい傾向があるので、レバレッジをかけずに1万円を資金として運用しても利益を大きくできる可能性があります。ただ、レバレッジをかけた方が利益額は大きくしやすいのは確かなので、利幅優先ならFX型の仮想通貨取引が良いでしょう。


しかし、レバレッジをかけると損失が生まれたときのリスクも大きくなり、1万円以上の損失になる場合もあります。失敗しても1万円以下の損失に抑えたいなら直接売買が適していると考えられます。


仮想通貨取引ではテクニカル分析に基づいて取引をするのが有効と言われています。社会情勢の影響を大きく受ける法定通貨に比べると、仮想通貨は売買による利益を得ようとしている投資家の取引によって値動きが引き起こされている傾向が強いからです。
そのため、テクニカル分析を学んでエントリーポイントや利益確定ポイント、損切りポイントを見極められるように練習するのが大切です。FXでも同じことができますが、仮想通貨は相場の動き方にやや違いがあります。


仮想通貨市場の値動きの分析を繰り返し、予測が当たるようになってから資金を投入するのが大切です。


1万円の投資はブログで管理しよう

1万円の投資をするときにはブログを使って管理をするとモチベーションを維持しやすくなります。投資家が自分のブログを作成し、一日の取引結果や一ヶ月の成績などを掲載することが多くなってきました。


個人投資家が増えてきたことや、ブログによる情報発信が容易になったことから活発な情報交流が行われています。1万円の投資で大きな利益を生み出そうとすると、大きな利益を出して成功したと言いたいときもあれば、大失敗をしてしまって悔しくなるときもあります。


一喜一憂することは念頭に置いておかなければならず、自分のメンタル面を管理できるようにするのが大切です。


自分の投資ブログを作成して記録を付けるのはメンタルコントロールをするのに効果的です。ブログは多くの人が目にしているので、書くときには内容を吟味しなければなりません。その際に自分が行ってきた取引について復習することが可能です。


成功したときにはどのような方法を選んだのが良かったのかをあらためて認識し、次の取引に生かせます。失敗したときには何が誤っていたのかを考察する機会になり、その情報を発信したことで他の投資家からフィードバックがあれば参考にできるでしょう。


このようにしてブログで管理をしていくと投資家として成長しやすくなります。特に少額投資の様子を見てみたいという人は多いので、ブログを始めると多くの人に見てもらえるでしょう。


1万円を上手に使って資産形成を目指そう

1万円の投資では大きな利益を得るのが難しいため、レバレッジをかけたり、大きな変動を起こす可能性が高い投資対象を選んだりするのが重要です。1万円を元手にして大きな資産形成ができる可能性も十分にあるので、やり方をよく考えて取り組み始めましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.