金投資の特徴を解説!安定する投資方法とは?

金投資の特徴を解説!安定する投資方法とは?|投資がもっと楽しくなるメディア

 

金投資が話題に上るようになって気になっている人もいるでしょう。この記事では金投資の基本的な部分を様々な角度から解説します。 金投資が話題に上るようになって気になっている人もいるでしょう。

 

貴金属の一種として知られる金を使う投資方法ですが、どのような特徴があるのでしょうか。この記事では金投資の基本的な部分を様々な角度から解説します。

 

金投資の種類と特徴

金投資は貴金属としての金を資産として活用する投資方法を一般的に指します。種類には様々なものがあり、特徴にも違いがあるので一通り確認しておきましょう。最も古くから着目されているのが現物取引です。


純金を購入して保管するのが基本で、現金を現物の金に換えておく方法です。金は安定資産として知られていて、商品価格を見るとだんだんと上昇してきています。価値が変動しやすい現金を金にしておくことで将来的に安心できる資産にするという方針で行われているのが現物取引です。


また、インフレによって価値が上がることから、物価が上がる傾向があるときには金にしておくことで貨幣価値の低下のリスクヘッジを行えます。


金投資としては先物取引もよく選ばれています。先物取引は信用取引となっていて、証拠金を預けて金の売買による取引を行うのが特徴です。レバレッジをかけることや、空売りをすることができるのが魅力で、金の値動きに応じて売買をすることにより短期的に利益を得ることもできます。


レバレッジをかけるとハイリスクハイリターンになるのは注意が必要ですが、人気の高い投資方法となっています。


金投資信託も投資方法の一つとして注目されるようになりました。典型的なのが金ETFで、金の価格と同じように推移するように設計されたインデックスファンドがよく選ばれています。


金価格が持続的に上昇している傾向に着目している投資信託で、長期投資なら利益を得やすいと考えられている金投資です。


金投資信託の魅力

一般的に株の買い方は、現物株取引と信用取引の2種類に大別されます。初心者向けなのは現物株取引で、株取引というと現物株取引を指すことが多いです。現物株取引では、自分で好きな銘柄を選び、現物の株を購入します。


購入時よりも株価が上昇すれば、その分の売却益を得ることができます。また、売却せずに権利確定日まで株を保有していれば、株主優待や配当金を受け取ることもできますよね。


残念ながら自分が保有している銘柄の株価が下がってしまったとしても、現物株取引では投資した金額以上に損をすることはありません。最悪のケース、株価が0円になることはあっても、借金を抱える心配はないということです。


信用取引とは、自己資金の3倍程度の投資を可能にする買い方のことです。たとえば、手元に用意できる資金が100万円だった場合、信用取引で株を購入すると、約300万円分の取引が可能になります。少ない投資資金で大きな利益を手に入れられる可能性が広がるため、まとまった利益を獲得したいという玄人が選ぶ傾向です。


ただし、大きく稼げる可能性がある一方で、大きく損をしてしまうというリスクも否めません。自分が用意した投資資金以上に損失を被ってしまった場合は、その分が借金になるということです。


また、現金や株などを担保にして証券会社から資金を借りることになるので、当然ながら金利が発生します。加えて、期日までに返済しなければなりません。


楽天証券とSBI証券で勧められている金投資とは

金投資は多くの証券会社で取り上げられるようになりました。その中でも楽天証券とSBI証券では金投資の一種を大きく取り上げて投資家に勧めています。楽天証券とSBI証券で勧めているのは金投資信託の一つである金ETFです。


ETFは上場投資信託なので、証券取引所が開いているときならいつでも自由に売買できます。その流動性の高さが投資先として推奨されている理由の一つなのは確かですが、勧められている理由は他にもあります。


安定資産の金の価格をなぞるように設計されている金投資信託は長期投資に向いている商品です。日本では年金問題が話題に上ることが多くなり、老後資金の確保のための長期投資がよく行われるようになりました。


長期投資なら利益を生む可能性が高いのが金投資信託なので、楽天証券とSBI証券では推奨されています。


もう一つの理由として、金ETFの1つとして売却時に金の現物と交換可能なものが登場したことが挙げられます。運用中は金の現物を管理する必要がないにもかかわらず、投資信託をするのをやめて資金回収をする段階では現金にも金にもできるのです。


社会情勢によって現金と金のどちらを持っておくのが良いかは異なります。売却の段階でその後の資産運用の方針に応じて適切な選択ができるのが魅力です。現物管理の負担が気になっている投資家も利用しやすいことから楽天証券とSBI証券で精力的に情報発信が行われています。


金投資の利回りの考え方

パソコンだけでなく、スマホでも株取引をする人が増えています。そこで、各証券会社は独自のアプリを開発して、投資家たちに提供しています。アプリの機能はさまざまですが、スマホの小さな画面でもチャートが見やすいように配慮されていたり、取引に役立つ充実した機能が搭載されていたりします。


スマホで株取引をする最大のメリットは、移動中の空き時間など、いつでも好きな場所で取引ができることです。口座の開設が完了している人は、証券会社のホームページなどからアプリをダウンロードしましょう。アプリを開いて取引画面にログインしたら、会社名もしくは銘柄コードを入力して、購入を希望している銘柄を検索します。

 

銘柄を選択したら、注文手続きを行いましょう。アプリによって表示は異なりますが、「注文」または「取引」といったボタンが設置されています。それをタップしたら注文画面に移り変わりますので、必要な情報を入力していきます。


たとえば、現物取引・信用取引といった取引の種類をはじめ、価格や数量、期間などがあげられます。指値・成行といった注文方法もここで選択しますが、成行の場合は価格を入力する必要はありません。


期間とは、注文の有効期間を設定する項目です。設定した期間内に取引が成立しなかった場合は、その注文は失効されることになります。注文を確定する前に、内容に誤りがないかを今一度チェックしましょう。


金投資はブログで学ぶべきか

金投資についてもっと詳しくなりたいと思ったときには情報源を探すことが大切です。近年では投資についての情報を得るのにブログがよく活用されるようになりました。個人が自分の投資実績をブログで紹介するケースが増えてきているからです。


投資の情報サイトがブログ風にした情報発信をしていることもよくあります。このようなブログは実際に金投資をした人がどう考えているか、プロの見地からたった今、金投資をするメリットやデメリットは何なのかを紹介しているので有用な情報源になります。


常に最新の情報が手に入るのもブログの魅力で、よく更新しているブログなら投資判断をするのに役に立つ情報を見つけられるでしょう。


ただ、ブログでは金投資をする上で必要になる基礎を学ぶのは困難です。それは、金の価格を上げ下げする要因は何なのか、金投資の方法の違いは何なのかといったことはあまり言及されていないからです。


金投資の基本を理解している人ならブログからの情報だけでも利益を上げやすい投資方法を選べる可能性があります。しかし、あまり知識がない人は本や投資情報サイトの記事などを利用して学ぶのが先決です。


このように、情報源によって何を学べるかが異なるのを意識して、自分にとって必要な情報を獲得していくのが投資で成功する秘訣です。


長期安定資産の金を使って投資しよう

金は長期的に見ると安定して価値が上がっているのが特徴です。金投資は長期投資で成功できる可能性が高いのがメリットです。金投資信託の登場によって少額でも始めやすくなったので、投資方法を考えるときには金投資も検討してみましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.