株式投資はどんな人におすすめ?少額でも始められる?

株式投資はどんな人におすすめ?少額でも始められる?|リビングコーポレーション


将来のことを考えて、お金を増やすために株式投資を始めてみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。今回は株式投資初心者の方に向けて、株のことを勉強する方法や少額で投資を始める方法など、役立つ情報を紹介していきます。

 

株式投資はどのような投資方法?

株式投資というのは、株式を売買したり、配当金を貰ったりして利益を得る投資方法です。株式は企業がお金を集めるために発行しているもので、投資家が株式を購入し企業を応援するという意味も込めて出資を行います。

 

株式を購入してもらった資金をもとに、会社を設立したり新しい事業を始めたりするわけです。企業は株式を購入してくれた人に対して、優待券を発行したり配当金を出したりします。配当金は企業の業績や売上に応じて配られるのですが、その配当金を目当てに株式を購入する投資家も多くいます。

 

また、株式は購入するだけではなく、売却することもできるため売却益でお金を増やすこともできます。

 

株式は一定の金額で取引されているのではなく、企業の業績に応じて価値が変わります。株式の価値を株価というのですが、株価が低い時に安く株式を購入し、株価が上がった時に売却すれば差額分が利益になるというわけです。

 

例えば10万円で購入した株価の価値が上がり、20万円で売却できれば10万円の利益を得ることができます。これが、基本的な株式投資の仕組みです。投資は色々な方法がありますが、株式投資は投資の中でも知名度が高く、多くの人が資産運用などの目的で行っています。

 

証券口座があれば誰でも始めることができ、未成年向けの口座を用意している証券会社もあるので、特定の条件下であれば未成年でも株式投資を行うことが可能です。

 

初心者はどうやって株式投資の勉強をすればよい?

これから株式投資を始める初心者の方は、まず株のことについて勉強しておいたほうがよいでしょう。勉強方法は色々ありますが、手軽に始めたいのであれば書籍を使って始めてみるのをおすすめします。株式に関する専門書は数多く販売されているので、それを購入すれば独学でも勉強できます。

 

ただし、書籍にも色々な種類があるので注意が必要です。何の知識もないまま、いきなり実践的な専門書を読んでも理解できないかもしれません。

 

まずは、株式投資で使われる専門用語や、株の基礎知識などが書かれた初心者向けの書籍で勉強してみましょう。株式投資では一般的には使われない専門用語も多く使用されます。それを理解しておけば、取引もスムーズに進められます。

 

ある程度株の基礎知識を学んだら、経済新聞を読むのもよい勉強になります。経済新聞には株式を発行している企業の業績や、株価の動向などが掲載されています。経済新聞を読み、経済の流れを把握しておけば、株を購入する時の参考になるでしょう。セミナーに参加するのもよいかもしれません。株式投資の専門家から、直接株のことを学ぶことができます。株式投資を行う上での注意点や、実践的な取引方法などを人から直接聞くことができるので、独学だけでは不安という方にもぴったりな方法です。

 

アプリを活用した株式投資もおすすめ!

株式投資に役立つ便利なアプリもたくさんあるので、それを活用するのもよいでしょう。株価の動きがどうなっているのか知りたい時は、株価の動向や投資情報などを簡単に閲覧できるアプリがおすすめです。

 

アプリによっては情報が載っているだけではなく、比較チャートで簡単に比較できるようなものもあります。他にも専門書のように、初心者が一から株のことを学べる学習アプリもあるので、外出先などで手軽に勉強したい方は利用してみるとよいでしょう。

 

どのような株を購入すればよいか分からないという方は、AIが株価の推移を予測してくれるアプリを使ってみるのもよいかもしれません。

 

AIは人間の代わりに様々なことを行っており、株予測にも利用されています。AI予測のアプリを使えば、専門的な知識がない方でもどの株が値上がりしそうなのかを知ることができて便利です。

 

もちろん、あくまで予測なので絶対に当たるとは限りません。しかし、初心者の方が闇雲に購入するよりは、AI予測を参考にするほうが購入する株を絞り込みやすくなるでしょう。証券会社で独自のアプリを配信していることも多いです。

 

取引が手軽に行えるようなものや、口座の管理がしやすくなるようなアプリもあるので、口座を作った証券会社で何か役立つアプリを配信していないかチェックしてみてください。

 

株式投資が投資初心者にもおすすめの理由は?

株式投資から投資を始める人も多いですが、その理由はお金を増やす手段が多いということです。株式投資というと、株を売り買いして大きく儲けるというイメージがあるかもしれません。

 

確かに株を売買して売却益で利益を上げるのは、株式投資のメインの稼ぎ方になります。しかし、株式投資でお金を増やす方法はそれだけではありません。

 

まず、株式を保有し配当金を得ることでお金を増やすことも可能です。株式は売却しなくても、保有しているだけで配当金を貰うことができます。企業の業績や持っている株数で配当金は変わりますが、売却しなくてもお金が貰えるのは株式投資の大きなメリットです。

 

直接的にお金が増えるわけではありませんが、株主優待を受けられるのも株式投資の特徴です。株式を発行している企業の中には、株主優待制度を設けているところもあります。

 

企業が提供しているサービスを利用した時に割引を受けられたり、クオカードやチケット、中にはお米などの食品を提供してくれるなど、企業によって優待サービスは様々です。普段よく利用する企業の株式を購入すれば、株主優待を受けられてお得に買物できることもあります。

 

直接お金が増えなくても、株主優待を上手く利用すれば十分資産運用になるでしょう。株の売買が難しいと感じる初心者でも、他の方法でもお金を増やすことができるということで、初心者にもおすすめできる投資方法と言われています。

 

株式投資は少額でも始められる?

株式投資はたくさんお金がないと始められないというイメージがあるかもしれません。しかし、実際は少額から投資を始めることが可能です。通常株式投資を行う場合、最低100株は購入しなければなりません。

 

100株であっても、1株が安い企業の株ならそれほどまとまったお金がなくても購入することができますが、それでもちょっと高いと思う方もいるでしょう。そういう方でも、もっと少額から株式投資を始める方法があります。

 

それは、単元未満株を購入して取引する方法です。単元未満株は、簡単に言うと100株以下の株式のことです。実は、単元未満株の取引に対応したサービスを提供している証券会社もあります。

 

そういった証券会社を利用すれば、1株から購入できるようになるため、数百円程度でも株式投資を始めることができるのです。株投資は当然損してしまうこともあるので、初心者の方がいきなり大量の株を購入するのはリスクも高くなります。その点単元未満株を少額で購入すれば、損してしまった時のリスクも少なくなります。

 

株式投資に慣れていない人は、まず単元未満株などを使い少額の投資から始めてみるとよいでしょう。それで株式投資がどういうものか理解し、取引に慣れてきたら少しずつ投資額を増やしていくようにするのも、初心者の方が株式投資で失敗しないためのコツです。

 

株式投資のことを理解して株式投資を始めてみよう!

株式投資のことを勉強して理解を深めておけば、初心者の方でも安心して投資を始めることができます。株式投資に役立つアプリを活用したり、書籍やセミナーなどを利用し株式投資の知識を身につけた上で、少額から投資を始めてみてはどうでしょうか。

 

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.