株デイトレードとは?メリットと注意点を徹底解説!

株デイトレードとは?メリットと注意点を徹底解説!|リビングコーポレーション


株デイトレードは「投資を始めたいと考えたきっかけはデイトレードで稼いでいる人の成功談を見たからだ」という人がいるくらい、よく注目されている取引方法です。

この記事では株デイトレードの特徴や手法、学び方を紹介します。

 

株デイトレードとは

株デイトレードとは株式を利用してデイトレードをする方法です。デイトレードとは主に1日で利益確定をする取引方法です。デイトレーダーと呼ばれている人たちは日々デイトレードに取り組んで投資による利益を得ています。

 

取引にかける時間は長くても1日で、基本的にはその日のうちに取引を完結させます。早い場合には数秒で利益確定を行い、長いときでも1時間程度というのが一般的な取引方法です。

 

このようなデイトレードの方法で株式投資をするのが株デイトレードと言われています。株式は国内のものなら証券取引所が開いている朝から夕方までが取引に使える時間なので、日中に集中して取引をするスタイルになるのが一般的です。

 

株デイトレードでは短時間で取引を進めていくので、銘柄の選び方にも特徴があります。基本的には短い時間で大きな値動きをする銘柄を選び、安定している銘柄は避けて通ります。数秒や数分で数円から数十円の値動きが起こると期待される銘柄が主な標的です。

 

短時間で確実に値上がりする株を探して買い付け、上がり切るタイミングで売るのが基本になりますが、逆に値下がりする株を信用取引で売っておいて下がり切ったら買い戻す方法もしばしば用いられています。

 

株デイトレードではスキャルピング取引をすることも多いため、デイトレーダーになると昼間はずっとチャートを見てタイミングを見計らっていることも珍しくありません。

 

株デイトレード手法の基本

株デイトレードの基本的な考え方がわかったところで株デイトレード手法をもう少し具体的に見ていきましょう。株デイトレードではテクニカル分析によって予想をしながら取引をするのが主流になっています。

 

ファンダメンタルズ分析も用いられますが、ファンダメンタルズ分析では経済指標の発表などの特定のタイミングでしか取引するのが難しいのが問題になりがちです。日々のトレードはテクニカル分析に基づいて行い、大きな値動きを期待できる経済指標の発表のときにはファンダメンタルズ分析を適用する手法がよく用いられています。

 

テクニカル分析をするとトレンドと振れ幅について詳しく理解することができ、短時間での値動きも予測しやすくなります。株デイトレードでは一般的には時間足を3分から1時間くらいの単位で見てテクニカル分析を実施します。

 

トレンド系のインジケーターで上昇トレンドか下降トレンドかを見極め、オシレーター系のインジケーターから「売り」と「買い」のバランスを調べ、大きな値動きをどちらか一方に起こす可能性を分析します。

 

取引量の多さも加味するのが基本的な手法で、株デイトレードでは取引量が多くて価格が安定している銘柄よりも取引量が少なくて値動きが激しい銘柄が選択されているのが通例です。秒単位での取引もよく行われるので分析のスピードを上げていくのはデイトレーダーとして成功するのに直結します。

 

株デイトレードの始め方

株デイトレードを始めるときには基本の手法に従ってテクニカル分析を学ぶことから始めるのが重要です。まずはテクニカル分析をして自分の予想が当たるようになるまでトレーニングを積みましょう。

 

そして、テクニカル分析に慣れてすぐに判断できるようになったら少額投資でデイトレードを始めるのが良い方法です。証券会社によって株式投資をいくらから始められるかは異なります。少額取引に対応している証券会社で口座を作って練習していきましょう。

 

ただ、手数料が大きい証券会社を選んでしまうと株デイトレードはなかなか稼げません。また、証券会社に電話で売買を注文する形ではタイムリーな取引をすることは不可能です。そのため、ネット証券を使って取引を始める必要があります。

 

株デイトレードを始める段階では銘柄数を絞り込んでおくのが無難です。値動きが大きく、トレンドは比較的明確にわかる銘柄をテクニカル分析を通して見つけ出しましょう。画面に同時にチャートを表示して見づらくない程度の数の銘柄を選定すれば最初は十分でしょう。

 

そのチャートを分析して売買を繰り返していき、利益を少しずつ獲得していきます。慣れてきたら銘柄数を増やしていき、今日は取引できそうもないと思われた銘柄を外して表示すると良いでしょう。取引可能な銘柄数が少ないと必然的に新しいものを探すことになるので、最初は焦らずに10銘柄未満を選定して始めるのが賢明です。

 

株デイトレードを本で学ぶメリットと注意点

株デイトレードの概要を簡単に説明してきましたが、本格的に始めるならもっと詳しく体系的に知りたいと思う人も多いでしょう。株デイトレードについて本で学ぶのは多くの投資家が選んでいる方法です。

 

株デイトレードで成功した個人投資家や、投資について研究している有名人が株デイトレードについての本を執筆して販売しています。本で株デイトレードを学ぶのは正しい情報を体系的にインプットできるのが最大のメリットです。

 

出版してずっと残るのが本の特徴で、きちんと内容を確認して虚偽の内容が含まれていないことなどがチェックされています。問題がありそうなところは校正の段階で削除されている場合が多く、株デイトレードに本当に使えるテクニックを習得できるでしょう。

 

ただ、株デイトレードの考え方や基本的なコンセプトについて記述してあるだけの本もたくさんあるので注意しましょう。成功したデイトレーダーとしては本当に利益を上げられるノウハウを一般に公開したくないと考えるのはもっともなことです。

 

そのため、表面的な内容だけで完結してしまっている本も少なくはないのです。体系的に基礎から学べる点で株デイトレードをこれから始める人には向いています。しかし、今まで株デイトレードをしてきてもっと詳しいテクニックを知りたいという人はほんの厳選が必要です。

 

株デイトレードブログで学ぶメリットと注意点

株デイトレードについて学びたいときにはデイトレーダーのブログも活用できます。デイトレーダーが自分の取引記録を付けるつもりで日記的なブログを書いていたり、株デイトレードをしたい初心者に向けて方法論の開設をするブログを作っていたりすることが多くなってきました。

 

デイトレーダーとしては自分の成果をアピールする機会になります。また、情報商材の販売をして利益を得たり、投資に関するセミナーの講師を依頼してもらおうと考えていたりする場合も少なくありません。

 

投資が人気になっている影響で、投資家として注目されるようになれば投資以外の部分でも利益を得られるようになってきています。プロ投資家がしばしば行っている資産形成の方法です。

 

株デイトレードのブログでは実践的な手法について触れていることもよくあります。本当に通用するかどうかは試してみないとわからないので注意が必要ですが、自分の株デイトレードの手法を増やしていくのに役に立つのは確かです。

 

また、プロトレーダーのブログでは質問を受けつけていることも多いので、取引しているときに生じた疑問を解決するのにも有効活用できるでしょう。

 

株デイトレードにデビューしよう

株デイトレードは短時間の株式投資で利益を確定するのが特徴のトレード方法です。やり方を基礎から学んで取り組んでいけば毎日少しずつ利益を生み出せるでしょう。本やブログなども活用して学び、練習をしてからトレードに取り組んでいきましょう。

 

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.