投資初心者がやるべきこととは?おすすめの運用方法をご紹介

投資初心者がやるべきこととは?おすすめの運用方法をご紹介|投資がもっと楽しくなるメディア

 

投資初心者は何から始めたら良いのかで悩むことがよくあります。投資をする上では何が必要なのかをまずは確認しておきましょう。そして、資産運用の基本的な方法を紹介するので、具体的なやり方を考えてみて下さい。

 

投資初心者は何から始めたら良いのかで悩むことがよくあります。投資をする上では何が必要なのかをまずは確認しておきましょう。そして、資産運用の基本的な方法を紹介するので、具体的なやり方を考えてみて下さい。

 


投資初心者はまず勉強しよう

投資をしたいと考えている初心者は、すぐにでも投資方法を選んで取り組み始めたいと思っていることが多いでしょう。


しかし、知識不足のために何に投資したら良いかがわからなかったり、そもそも投資対象として何が存在しているのかをあまり知らなかったりするのが問題になりがちです。大きな資金投資をしてから、実は他にもっと良い投資先があったと気付くと後悔してしまいます。


その不安もあってなかなか投資に踏み切れないことがよくあります。そのため、投資初心者は投資について全般的な勉強をすることから始めるのが大切です。


投資によって資産を増やせるのはなぜなのか、投資によって資産が減るリスクがあるのはどうしてなのかを具体的に学んでみましょう。


株式投資や投資信託、FXや先物取引などのように様々な種類の投資商品があります。投資の種類によってリスクやリターンが生じる仕組みは異なっているため、比較してみるとそれぞれのメリットもデメリットもわかりやすくなります。


また、投資にかけられる時間や労力は人によって違います。いつどのくらいの時間を確保できるのかによって投資の仕方も変えることが必要です。投資の種類ごとにどのような運用方法があるかを学び、自分に合っている取引が可能なものを選び出しましょう。


このようにして投資の種類と違いに着目して比較すると、どの投資を選ぶべきかがわかってきます。


投資初心者が本から学べること

投資初心者は勉強のために本を使うことがよくあります。投資をまだ開始していない初心者段階の人が本を読むのは、投資の種類ごとにどのようにして利益を生むことができるかを学ぶのに有効です。


投資に関する体系的な本はたくさんあります。投資全般について言及している入門書は、全体像を理解するのに有用でしょう。その中で興味を持った投資については、個々に初心者向けの本が出版されているので見てみると深く学べます。


株式投資やFX投資、投資信託のように有名なものであれば多数の参考書があります。始め方について証券会社の口座開設の仕方から丁寧に説明している本もあるため、何から手を付けたら良いかわからない人にとって道標になるでしょう。


投資の本にはやや高度なものもあります。投資のノウハウを本にした参考書もだんだんと増えてきていて、現役のプロトレーダーが執筆した本はベストセラーになっていることも珍しくありません。


投資初心者にとっては内容が高度で理解しにくい場合もありますが、投資をする上での心構えや考え方を学ぶのには役に立ちます。実際に投資に取り組んでノウハウが身についてきた段階で読み直してみると、取引の仕方を再考する機会になります。


憧れのトレーダーがいるならその人の本を手に取って、バイブルのようにして持つのも良い方法です。


投資初心者がブログから学べること

投資を始めた段階の人はブログを参考にして学ぶこともできます。ブログはインターネット環境さえあればいつでも簡単に読めるのがメリットで、トレーダーが実際に行った取引の情報が発信されていることもあります。


生きた知識が手に入るという点で優れているのがブログです。投資初心者が成長してきた過程をブログで公開していることもあります。投資の失敗経験についても赤裸々に語っているブログもたくさんあるので、同じ失敗をしないために読んでおくのは有効です。


ブログの情報発信者は初級者から上級者まで多岐にわたっています。どんな情報を得たいかを考えて、適切なブロガーを選んで記事を読むのが大切です。


また、ブログからは取引銘柄の具体的な情報を得られる場合もあります。プロトレーダーや証券会社のアナリストなどが銘柄情報を発信していて、特定の銘柄の株価の値上がりや値下がり、長期的な運用での利益の見込みなどを読めるブログも多くなりました。


この銘柄に投資したら良さそうだと思っているけれど、本当に自分の考え方が合っているかがわからずに不安になることもあるでしょう。その際にブログを見て、同じ銘柄が紹介されていたら自信を持って投資できます。


ブログは常に新しい情報が記載されているのがメリットなので、投資判断で迷ったときにも有効活用できる情報源なのです。


投資初心者はNISAを使おう

投資をこれから始めたいと思っている人は証券会社で口座を開設する必要があります。その際に注目すると良いのがNISA口座です。NISA口座は少額投資をする人のための優遇制度で、投資によって得られた利益の一部または全額が課税対象外になります。


投資初心者はまずは少額で取引をしてみて投資経験を積むのが重要です。その間に得られた利益を非課税にして、手元に残る資金を大きくするのは賢い方法でしょう。NISA口座は一人一つしか作ることができないので、どの証券会社で作るかは慎重に考える必要があります。


また、一般的な投資をする人のためのNISA口座と、長期的な積立投資をする人のためのつみたてNISAがあり、どちらか一方しか作れません。今後の投資方針をよく考えて、どちらの口座を作るかを考えるようにしましょう。


NISAは投資初心者が少額投資をするときに利用するのを想定して整えられた制度です。その影響で、NISA口座で選べる金融商品は限定されていて、比較的リスクが低いと考えられるものばかりになっています。


NISA口座以外で利用できる投資先と比較してみると、どのような商品のリスクが低いのかを見極められるでしょう。銘柄もNISAでは厳選されているため、銘柄選定をするときのリスクの考え方を身につけるのにも有効です。


取引に慣れてきたら特定口座や一般口座も作り、違いを比較してみるのが大切です。


投資初心者のための資産運用方法

投資初心者が資産運用をするときには長期・分散・積立を基本として投資をするのが適切です。短期取引によって利益を得ているトレーダーもたくさんいますが、稼げるようになるためには知識もテクニックも必要になります。


このようなノウハウは一朝一夕で身につけられるものではないので、投資初心者が突然始めると失敗するリスクが高いでしょう。まずは、投資をしているときに何に気を付けなければならないのか、どういう運用をするのが良いかを学ぶために経験を積むのが大切です。


投資で共通して求められるのは投資先を見極める眼力です。株式投資でも投資信託でも同じことで、どの銘柄を選ぶかによって利益を得られるかどうかが大きく左右されます。


長期・分散・積立による投資は、投資先を落ち着いて選定する機会を得つつ、失敗のリスクを低減させられる方法です。長期投資と決めていれば銘柄を決めるのに時間がかかってもあまり気になりません。


分散投資なら一つに絞り込む必要がないので候補をいくつかに絞り込んだ時点で投資を始められます。分散投資はリスク分散にも直結するので、銘柄選定が誤っていたとしても大損をせずに済むでしょう。

 

そして、積立投資をすると初期投資額が少ないことから、銘柄を選び間違えていたとしても引き揚げるのが容易です。複利効果によって資産形成も早くなるため、合理的な投資方法です。


投資先を決められるように学ぼう

投資初心者はまず投資先を決められるようになりましょう。投資の種類ごとに特徴を学び、長期投資と考えて落ち着いて銘柄を選ぶのが大切です。資産運用のときには分散・積立の投資にするとスムーズに決めることができ、リスクも低くなるので魅力的です。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.