投資会社の活用方法を解説!設立するメリットとは?

投資会社の活用方法を解説!設立するメリットとは?|投資がもっと楽しくなるメディア

 

世界中に高い知名度がある投資会社があり、就職のときには人気があります。ただ、投資会社が何をしているかを理解しているでしょうか。この記事では投資家の視点から理解しておきたい投資会社の活用方法を紹介します。

 

世界中に高い知名度がある投資会社があり、就職のときには人気があります。ただ、投資会社が何をしているかを理解しているでしょうか。この記事では投資家の視点から理解しておきたい投資会社の活用方法を紹介します。

 


投資会社とは

投資会社とは主に資金を投資家から預かって運用をすることにより利益を生み出し、その利益を投資家に還元する代わりに手数料などで利益を得ている会社です。会社として得られた運用利益を使って投資による収入を得ているケースもあります。


機関投資家とも呼ばれることがあり、投資によって利益を得ることを目的として経営が進められているのが特徴です。個人投資家に比べると動かしている金額の桁がかなり大きいことが多く、取引によって各種市場の相場を動かすことも多いことが知られています。


そのため、大きな投資会社は市場影響力が大きく、経営者の発言は市場の動向を変化させることもあります。


投資会社にはいくつか種類がありますが、最もよく知られているのは投資信託などの運用をしている会社です。株式や債券、不動産などに加え、金やプラチナなどの貴金属を代表とする商品や各国の法定通貨の現物、仮想通貨といった様々な対象を選んで資金を運用しています。


また、投資会社では非上場株式への投資も行っていることが少なくありません。近年ではベンチャー企業に着目して投資を行うベンチャーキャピタルも多数登場してきました。投資会社やファンドの種類によってどのような運用の仕方をしているかは異なることに加え、企業の規模も大手企業から個人レベルの企業まで多岐にわたっています。


投資会社は個人経営もできる

投資会社は個人でも希望すれば設立することができます。個人投資家として投資をすることもできますが、会社を設立する手続きさえしてしまえば経営者として投資をすることが可能です。


以前は株式会社を設立するためにはまとまった資本金を用意しなければなりませんでした。しかし、法改正によって資本金は1円でも会社を設立できるようになったため、少額資金しかない場合にも経営者になれます。


実際には会社の定款を作成して認証を受けなければならないなど、会社を起ち上げるにはある程度の出費が必要です。ただ、数十万円から100万円くらいあれば個人経営の会社なら比較的簡単に起ち上げられるようになっています。


この影響でプロ投資家として資産運用をしていきたいと思った人が投資会社を起ち上げるケースも世界的に見られるようになってきました。個人事業主のプロ投資家として働いてきた人たちも、利益を得られるようになってから会社を設立しているケースが目立っています。


個人事業主なら日本では届出をするだけで始められるので、定款作成などをする必要がなくて簡単です。それなのに個人経営でも会社を作る人が増えているのには理由があります。株式会社として投資をするのにはメリットがあるからなので、どのような点が魅力になるのかを詳しく確認しておきましょう。


投資会社を設立するメリット

投資会社を設立すると三つのメリットが生まれます。一つ目は投資家からの出資を得る仕組みのファンドを作りやすくなることです。個人投資家の目線で見ると、個人事業主に比べて株式会社の方が信用性が高いと判断するのが一般的です。


個人投資家ではファンドを組むのが難しく、募集をかけても資金がなかなか集まらない傾向があります。しかし、たとえ自分だけしか働いていない会社だったとしても、法人格を取得するだけで出資者が集まりやすくなります。


実績があるとさらに注目度が高まるため、個人事業主として上げてきた成績を宣伝広告に使っている事例も少なくありません。


二つ目は自己資金を最小限に抑え、リスクを低減させられることです。個人事業主の場合には投資の運用資金は全て自分の資産ですが、会社を設立すると会社の資産を運用することになります。会社に出資したお金は大損をすると失うことになりますが、個人として保有している資産にまでは影響が及びません。


三つ目は出口戦略を考えられることです。大きな企業価値を生み出すことができたら、他の投資会社に買収してもらって大きな利益を得ることもできます。安定経営を行えるように従業員を雇い、事業規模を大きくできると上場できる可能性もあるでしょう。


このようなやり方で出口戦略を考え、さらに大きな収入を手に入れられる道を切り開けるのが会社設立の魅力です。


投資会社のランキングからわかる投資動向

投資会社の資産額や実績については世界的なランキングが発表されています。特によく着目されているのが運用資産規模のランキングで、どれだけ市場への影響力があるかを見極める上で重要です。


個人投資家としても上位の投資会社については認識して、どのような経営方針を持っているかを見ておくと投資の方針を立てやすくなります。


また、上位の投資会社の経営者がどのような発言をするかをニュースでチェックしたり、事業計画が発表されたときに内容を吟味したりする習慣を作ると、投資リスクを下げる運用を行えます。


ただ、ランキングを見てみるとわかるのが、上位のほとんどの会社がアメリカの投資会社だということです。上位20社くらいを見ると大半がアメリカ企業で、若干数のヨーロッパ企業やカナダ企業が入っている程度になっています。


上位にあるほとんどの企業は海外展開もしているため、必ずしもアメリカ国内で運用している資産額が示されているわけではありません。しかし、多くの投資会社では運用しやすいアメリカ国内での運用が中心軸になっているため、米国市場の影響力は大きいと考えざるを得ません。


特に為替市場ではアメリカドルが世界の基軸通貨となっています。アメリカの経済や雇用などの動向が全世界の為替レートに影響を及ぼします。貿易による経済影響も大きいことから、投資をする際にはアメリカの動向を理解することは必須です。


投資会社では英語が必要か

投資会社のランキング状況から考えると、投資会社を活用するためには英語が必要なのではないかと思うかもしれません。


個人投資家の投資会社の活用方法として、投資会社の社員となって働き、ノウハウを手に入れるという方法があります。この場合に大きな投資会社で働くのなら英語のスキルは必須です。


ランキング上位の投資会社の日本法人で働くような場合には、日常的なコミュニケーションが英語のこともあります。日本の投資会社に勤めるときにも、アメリカを代表とする海外のニュースを読み解けるくらいの英語力が求められるのが一般的です。


ただ、投資会社の設立をするのには必ずしも英語力が高くなくても問題はありません。会社の経営者が必ずしも市場分析をする必要はなく、従業員を雇って分析させても良いからです。


また、海外の証券や為替取引などには目を向けず、国内の株式市場や不動産などをターゲットにして運用することもできます。輸入企業や輸出企業では海外の動向の影響を受けるのは確かですが、為替レートの動向などは英語力がなくてもある程度は読みこなせるでしょう。


海外ニュースの邦訳もスムーズに行われるようになっているため、海外企業のIR情報などを直接読みたい場合を除けば高いレベルの英語力がなくても投資は可能です。英語力の不足を不安に思わずに投資会社の設立メリットが大きいなら前向きに検討するのが大切です。


投資会社の設立や活用も検討してみよう

投資をして資金を増やしていきたいときには投資会社を設立して節税を狙ったり、従業員を雇用して運営したりするのも良い方法です。また、投資会社の社員として働いてノウハウを身につける道もあるので、有効活用の仕方を考えてみましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.