投資とは?始める際の注意点を徹底解説!

投資とは?始める際の注意点を徹底解説!|リビングコーポレーション


投資で大きく稼いだ人の話を聞いて、自分も投資を始めてみようかなと考えている人もいるかもしれません。今回はそんな投資初心者の方に向けて、投資はどういうものなのか、投資にはどんな種類があるのかなど、投資を始める上で知っておきたい情報をお届けします。

 

投資とは何なのか分かりやすく解説!

投資というのは、簡単に言えば今あるお金を様々な方法で増やそうとする行為のことです。資産運用などでよく用いられる投資ですが、資産運用というと貯蓄を思い浮かべる方もいるかもしれません。銀行にお金を預けると利率によってお金が増えるため、貯蓄も立派な資産運用の1つです。

 

しかし、貯蓄はお金を増やすというよりは、大切なお金を保管するために利用されるのが一般的です。一方投資はお金を増やすことを重視する行為のため、貯蓄とは意味合いが変わります。また、投資は大きな利益を得られる可能性もありますが、お金を減らしてしまうリスクもあります。

 

例えば500万円を投資した場合、必ず500万円以上に増えるわけではなく、400万円や300万円に減ってしまう可能性もあるのです。資産運用として投資を始める場合は、まずお金が減る可能性があるということは理解しておかなければなりません。

 

投資初心者の方は、無理のない範囲で行うようにしましょう。投資にはいろいろな種類があり、少額から始められるものも存在します。まずは自分が用意できる予算を考え、身の丈に合った投資から始めることが大切です。

 

投資は大きく稼ぐこともできますが、大きく稼ごうと思えばお金が減るリスクも大きくなります。どのような投資を行えば利益が上がりそうか、事前にしっかり下調べしてから投資を始めるようにしましょう。

 

投資にはどんな種類がある?

投資というと、株式投資を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。株式投資はメジャーな投資の1つで、株式を売買しながら利益を出していきます。株式投資で基本となるのが、安く株式を購入し高く売るという方法です。

 

株価は企業の業績によって常に変化しているため、保有している株の価値が一気に上がれば大きく稼ぐこともできます。他にも株式を保有し、配当金を受け取って利益を出すという方法もあります。

 

短期間でも大きく稼げる可能性があるというのがメリットですが、株式を購入した企業が倒産して購入した株の価値がなくなってしまうなどのリスクもあるので注意しましょう。

 

投資信託という投資方法もあります。投資信託は一人で投資を行うのではなく、複数の投資家から集めたお金をまとめて運用する投資方法です。投資家は基本的にお金を出資するだけで、運用自体は投資のプロが行います。

 

運用をプロが行ってくれるので、初心者でも始めやすいというのがメリットです。不動産投資もよく用いられる投資方法です。様々な方法がありますが、メインとなるのが購入した不動産を第三者に貸し出し、家賃収入を得ることで利益を出します。

 

不動産を購入することになるため、まとまったお金が必要になりますが物件を購入する時には住宅ローンを利用できます。ローンを組むことができれば、手元にお金がなくても不動産投資を始めることができます。

 

初心者が投資を行う時のポイント!

初心者の方が投資を始める時は、まず具体的な資産計画を立てておきましょう。長期的な資産運用を行い少しずつお金を増やしたいのか、短期間で一気にお金を増やしたいのかでも最適な投資方法は変わってきます。

 

投資方法は色々なものがあり、目的によって選ぶべき投資方法も変わってくるので、まずは自分がどのように資産運用したいのか計画を立てておくことが大切です。投資に慣れていない初心者の方は、少額の投資から始めるのも重要なポイントになります。

 

投資に慣れていない方は、利益を出すためのノウハウが分からず、闇雲に投資してしまいがちです。何の知識も経験もないまま、投資で利益を上げることは難しいです。

 

まずは少額で構わないので投資を始め、経験を積んでおいたほうがよいでしょう。投資の中には数百円から始められるものもあります。投資額が少なければ、損益が出てしまった場合でもリスクは少なく済みます。

 

最初は投資の練習と思い少額の投資を何度か行ってみて、投資がどういうものなのか感覚を掴んでおくことも重要です。もし自分だけで投資を行うのが不安であれば、プロの力を借りてみるのもよいでしょう。

 

投資会社を利用することで、お金の運用をプロに任せることができます。自分で運用する必要がなくなるため、初心者の方でもすぐに投資を始められます。

 

人気になっている株式投資の始め方!

投資の中でも人気があるのが株式投資です。株式投資を始めるためには、まず証券口座を開設しなければなりません。証券口座は株式を購入するための資金や、購入した株を保管するために使います。

 

まず好きな証券会社を選び、口座開設の申し込みを行いましょう。公式サイトの専用ページから、口座開設の申し込みが可能です。申し込みには免許証などの本人確認書類と、マイナンバーが必要になります。必要書類の提出は、郵送だけではなくネット上から提出することも可能です。

 

申し込みが済み、問題がなければ口座が開設でき証券会社から書類が届きます。書類にはマイページにログインするためのパスワードなどが記載されているので、しっかり確認しておきましょう。

 

口座が開設できたら、株式投資を行うための資金の口座に入金します。口座にお金が入っていないと、株式を購入することができません。購入したい株式があった時、すぐに購入できるようにある程度のお金を入金しておくとよいです。

 

欲しい株式が見つかったら、買い注文を出せば購入できます。色々な株式をチェックしてみて、応援したい企業や、株価が上がりそうな株式が見つかったら買い注文を出してみましょう。株式は購入できる最低の株数が決まっているので、自分の予算に合った株式を見つけてみてください。

 

投資する企業を選ぶ時のポイントはある?

初心者の方は、まず自分の生活に身近な企業に投資してみるとよいでしょう。ほとんどの企業で、株式を購入した人に対して優待券を発行してくれます。身近な企業であれば、貰った優待券を無駄にすることなく使うことができます。

 

また、身近な企業であれば株価の動向も推測しやすくなります。例えば普段買い物をするスーパーであれば、運営が上手く行っているかどうか判断しやすくなるでしょう。よく外食をする方なら、普段よく行く飲食店の株を購入してみるのもよいかもしれません。

 

優待券を有効活用できれば、それだけでも十分利益になります。株式は売却して利益を得るだけではなく、配当金や優待券を活用することでも利益を得ることができます。

 

業界に注目して、購入する株式を選ぶのもポイントです。様々な業界があり、急成長を遂げているような業界から、長年安定した業績を上げている業界などもあります。初心者の方は、安定した業界に注目してローリスクローリターンで投資することをおすすめします。

 

インフラに欠かせない電気やガス、道路などの業界は生活に欠かせないものなので、需要が高く業績が安定しています。どうしてもよい企業が見つからない場合は、AIに頼ってみるのも1つの方法です。

 

AIを使って株価の予測をしてくれる便利なアプリやソフトがあるので、それを参考にすれば専門的な知識がなくても株価の予測がしやすくなります。

 

基本的な知識を身につけて投資を始めてみよう!

投資には不動産投資や株式投資、投資信託など様々な種類があります。投資方法によって、必要になる資金やリスクも大きく変わってきます。まずは投資に関する基本的な知識を身につけて、投資にチャレンジしてみてください。

 

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.