投資は何がおすすめ?始め方や勉強方法をご紹介

投資は何がおすすめ?始め方や勉強方法をご紹介|投資がもっと楽しくなるメディア

 

日本でも投資がよく着目されるようになりましたが、なぜ投資がおすすめされているのかがよくわからない人もいるでしょう。この記事ではその社会的背景を解説した上で、おすすめの投資の仕方について簡単に紹介します。

 

日本でも投資がよく着目されるようになりましたが、なぜ投資がおすすめされているのかがよくわからない人もいるでしょう。この記事ではその社会的背景を解説した上で、おすすめの投資の仕方について簡単に紹介します。

 


投資をするのがおすすめな理由

日本では資産は貯蓄として銀行や郵便局に預けておくのが一般的でしたが、近年では投資をするのがおすすめされるようになりました。NISAやiDeCoなどのように国も制度を整備して個人の投資を推進するようになってきています。


このような状況が生まれた社会的背景としてはゼロ金利政策と年金問題があります。インフレを抑えるための国の方策としてよく行われているのが金利の引き下げです。日本では積極的な金利の引き下げが行われてきたため、現在ではゼロ金利政策と呼ばれるほどに金利が下がりました。


高度経済成長期には金利が高かったため、普通預金としてお金を預けていても資産が増えていましたが、現在ではほとんど増えない状況になっています。そのため、資産を有効活用して増やすためには投資が必要になります。


一方、年金問題が浮上してきた影響で老後資金に不安を持つ人が多くなりました。2000万円問題に代表される様々な指摘が行われるようになり、老後は年金を受給していれば安心して暮らせると安易に考えられない状況が生まれています。


老後までにまとまった資金を用意しておく必要性が高まっているため、若いうちから資金を有効活用して増やすのが重要視されるようになりました。貯蓄では資産があまり増えない状況があることから、投資に着目する人が増えてきているのが現状です。


投資の初心者におすすめの方法

投資がおすすめされているとはいえ、初心者の場合には何をしたら良いかがわからずに悩んでしまうでしょう。国としても個人投資家がよく考えずにむやみに投資をしてしまい、損失を生んで自己破産をするような事態が発生することは避けなければならないという考え方を持っています。


そのため、比較的安全性が高く、老後資金の対策となる方法を紹介しています。長期、分散、積立の三つの条件を満たす投資を進めるのが比較的リスクが少なくて済む方法です。投資の初心者はまずこの方法で投資に取り組んでみるのが良いでしょう。


長期投資とは数年から数十年の投資期間を設ける方法です。デイトレードのように短時間で取引をする方法は投機的な側面があるため、ハイリスクハイリターンと言われています。それに対して長期投資はリスクが比較的低く、投資先をよく考えて選べば安定した利益を見込めるのが特徴です。


投資先を見誤ったり、想定外の経済動向によって損失を被るリスクを低減するために有効なのが分散投資です。多くの投資先を組み合わせて投資することで、ある有価証券が値下がりしたとしても、他のものが値上がりして相殺することで損失を抑えられます。


そして、積立投資によって少しずつ投資資金を増やしていき、投資時期も分散させることでよりリスクが小さく、大きな資産形成ができると考えられています。


おすすめランキングで投資方法を選ぶべきか

長期、分散、積立の投資をするとしても、どのような投資を選んだら良いのかで悩んでしまう場合が多いでしょう。この投資スタイルが自分には合わないから投資方法から検討したいというケースもあります。


近年では賞品やサービスを選定するときにランキングがよく用いられていますが、投資する対象や投資方法を選ぶときにもおすすめランキングを用いると良いのかと疑問に思う人もいるかもしれません。


オンラインサイトでおすすめランキングが多数紹介されているため、情報を得るのは比較的容易です。ただ、基本的にはおすすめランキングは参考にはなっても決定打にはならないと考えた方が良いでしょう。人によってどのような投資の仕方が合っているかは異なるからです。


例えば、株式投資でデイトレードをして稼ぐのに成功している個人投資家もいます。しかし、株式でデイトレードをするためには平日の昼間にまとまった時間がなければならず、昼間は働いているサラリーマンには難しいでしょう。


デイトレードにこだわりたいなら夜でもできるFXを選んだり、土日にもできる仮想通貨取引にしたりすることが必要です。一方、老後資金が悩みの人にとっては長期投資が向いていると考えられます。


しかし、1年後のライフイベントのために資金が必要という場合には短期投資や中期投資を検討しなければなりません。このような違いがあるため、ランキングはあくまで参考にしかならないのです。


投資を本で学ぶのがおすすめなケース

投資を始めるときには勉強する必要があります。どの投資を選べば自分なりに運用しやすいのか、どのような方法にすると投資を続けやすいのかといったことを考えるためには知識がなければなりません。


本は投資について学ぶのに適している情報源の一つですが、おすすめできるケースとできないケースがあります。投資の本は大きく分けると二種類あるため、どちらかの本で必要な情報を得られるかどうかを考えてみましょう。


一つ目は投資全般あるいは個々の投資方法についての参考書です。大学などで教科書として用いられているものもあり、基礎的なところから実践的な方法まで詳しく書かれているのが一般的です。投資によって利益を得られる仕組みや、その投資に秘められているリスクなどにも言及しているため、自分に合っている投資なのかどうかを見極めるのに役に立ちます。


二つ目は投資のノウハウを記載している本です。個人投資家やアナリストが執筆していることが多く、著者が体験談を通して内容を伝えようとしているケースもよくあります。


投資がどのようなものなのかをイメージしたり、具体的な投資方法について理解したりするのに向いているのがこの種類の本です。株式投資やFXのように人気の高い投資方法については多数の本が出版されているため、比較してみると色々な角度から投資の仕方を学べます。


投資をアプリで行うのがおすすめのケース

投資をするときにはやり方もよく考えるのが大切です。証券会社で口座を開設して投資をするのが基本的な方法ですが、証券会社とのやり取りの仕方の選択肢は飛躍的に増えてきました。


担当者に相談して有価証券の売買をするというスタイルが一般的だったものの、近年ではオンラインで取引をするケースが目立つようになっています。


さらに、アプリを使って簡単に取引できる証券会社も多くなりました。投資でアプリを使うのがおすすめかどうかも投資スタイルによって違うので、アプリを使うメリットとデメリットから自分に合っているかを考えてみるのが大切です。


アプリを使って投資をするメリットは、いつでも気軽にチャートを確認したり、注文を出したりすることができる点です。電話をかけたりパソコンを使ったりする必要がなく、手元にあるスマートフォンで簡単に確認や注文を行えます。


ただ、スマートフォンは小さいので操作性が優れているとは言えません。チャートを見るときにも画面が小さいので見づらいという場合もあります。


また、あまりに気軽に注文を出せるため、むやみに売買をしてしまって投資に失敗するリスクもないわけではありません。簡単に売買できるのは短期投資では魅力的ですが、判断を誤らないようにする落ち着いた気持ちを維持できるひとでないとリスクが高いと考えた方が良いでしょう。


やりやすい方法で投資を始めよう

ゼロ金利政策と老後資金問題によって将来的な資金の不安が広がっています。投資がおすすめなのは資産形成を行えるからです。様々な情報や方法を駆使して、自分なりにやりやすい方法で投資を始めて不安を払拭しましょう。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.