不動産投資とは?初心者にもわかりやすく解説!

不動産投資とは?初心者にもわかりやすく解説!|リビングコーポレーション

様々な働き方が広がっている今日、副業をお考えの方も多いのではないでしょうか。今回は副業としての不動産投資について解説していきます!

 

 

<不動産投資とはどんな副業か>

 

不動産投資とはどんな副業か簡単に言えば、アパートやマンションなどの不動産物件を購入して、家賃収入を得るという投資方法です。

 

そして投資には色々な種類がありますが、不動産投資は基本的に「不労所得」に当たるという点が特徴的です。所得を得る方法には他にも「勤労所得」というものがありますが、それは自分で働いてお金を得ることが出来る所得になります。それに対して不労所得とは、一度所得を得る仕組みを作ってしまえば、基本的に働かなくても長期的に収入を得ることが出来るというものです。

 

会社員が副業をする場合には、本業以外の空いた時間に、アルバイトなどをすることがありますが、両方の仕事の掛け持ちは精神的にも肉体的にも大変です。頑張りすぎると体を壊してしまうこともあります。その点、不動産投資であれば不労所得的な要素が強いので、比較的楽にダブルインカムを得ることが可能になるのです。

 

<初心者にもわかりやすい不動産投資>

 

上記のように不動産投資は物件を購入して、それを賃貸に出して家賃収入を得ることを目的にしています。基本的な仕組みはシンプルなので、初心者でもわかりやすい投資法といえるでしょう。

 

しかし不動産には様々な種類の物件があるのが特徴です。アパートやマンションを一棟買いする投資法以外にも、テナントビルや月極駐車場を経営することも不動産投資に当たります。他にもコインランドリーや、コインパーキングを経営することも立派な不動産投資です。

 

以下に代表的な不動産投資の種類を紹介していきます。

 

・戸建て投資

 

一戸建てを購入して投資する方法です。一戸建ての入居者としてはファミリー層などが多いため、一旦入居してしまえば安定した家賃収入が得られます。しかし入居者が退去した後や初めて入居者を入れる場合はすぐに決まらないことが多く、空室リスクや家賃収入を得るまでに時間がかかってしまうこともあります。

 

・一棟マンション、アパート投資

 

マンションやアパートを一棟丸ごと購入して投資する方法です。戸建てより入居者が決まりやすく、家賃収入も戸建てよりは低いものの入居者の人数分入るので利回りは良いと言えるでしょう。ただし、一棟を丸ごと購入するため、購入の際の初期費用や運用、管理費が多くかかります。

 

・区分マンション投資

 

ワンルーム投資とも呼ばれ、マンションの一部屋を購入して投資する方法です。上記二つの方法よりも少額から始められてリスクも抑えられるので初心者にはおすすめの投資法です。また、複数の区分マンション投資を組み合わせて利益を増やすことも可能です。

 

・不動産投資信託

 

J-REITとも言われ、不動産投資信託(会社)に投資する方法です。投資額も自分で決められ、それに応じて利益も分配されます。専門家が不動産に代わりに投資してくれるため、知識に不安がある方も安心して投資することができます。

 

不動産物件を購入するためには、多額の現金が必要になる場合があります。初心者が予算を少なく不動産投資を始めたい場合には、マンションの一室を購入して賃貸に出す「ワンルームマンション投資」のように小さく少額で始めること、もしくはローンを組んで大きな物件を購入することが可能です。

また、物件を購入した後の利益は大きく二つに分かれます。一つは、先ほどから述べている家賃収入のような「運用益(インカムゲイン)」、もう一つは保有する不動産物件の価値が上がったタイミングで売却して得られる「売却益(キャピタルゲイン)」です。後者は景気が上がっている時など、不動産価値が変動しやすいタイミングを狙って売却する必要があるため、初心者には難しいと言えるでしょう。

 

<不動産投資のメリットとは>

 

メリットはいくつかありますが、他の投資に比べてリスクも大きくなく、安定していることがあります。不動産投資は「ミドルリスク、ミドルリターン」と言われています。それは、一気に大きく利益を得ることは少ないが、一気に損失を出すことも少ないということです。例えば、ハイリスクハイリターンの投資ではFXや株式投資、先物などが挙げられ、ローリスクローリターンの投資は保険、債権、預貯金などが挙げられます。不動産投資は物件を購入すると、毎月定期的な家賃収入が得られます。この家賃収入は大きく変動することがありません。例えば今月は五万円だった家賃が、来月は半分になるということはほぼありえませんよね。

 

他にも、私設年金としての役割を果たすこともあります。公的年金だけでは不安という人には、その補助をする形で不動産投資をすることにより、公的年金の収入と並行して家賃収入があれば、安心した年金生活が送れる可能性が高まります。

<不動産投資の利回りとは>

 

不動産投資で利益を出すには「利回り」はとても大事な指標です。利回りの数字が大きければ、手残りとなる利益も比例して大きくなるからです。その為、投資用物件を探す時には、利回りの数字を重視することが成功の秘訣になります。不動産投資における利回りには、二つの計算方法があります。一つ目は「表面利回り」で、もう一つは「実質利回り」といわれる計算方法です。

 

表面利回りの計算方法は、(年間家賃収入÷物件価格)×100で求められます。表面利回りは主に、投資用物件の情報サイトなどに掲載されているケースが多いです。そして、もうひとつの実質利回りの計算方法は、(年間家賃収入-年間支出)÷物件価格×100で求められます。年間支出とは、固定資産税や都市計画税、保険料や修繕費、他に不動産管理会社に支払う管理費などが含まれます。利回りを計算するときには、このように二つの方法がありますが、実質利回りで計算したほうが、より正確な利回りを求めることができるのです。

 

<不動産投資と株式投資はどう違う?>

 

同じ投資の副業としてよく比較されるのが株式投資です。ではその違いはどんなものがあるのでしょうか。

不動産投資の特徴の一つとして、中長期的な投資であることが挙げられます。株式投資の場合であっても、中長期的に投資することは可能です。しかし、株式投資にはデイトレードのような短期売買の投資法もあります。ところが不動産投資の場合には、短期で売買するよりも長期的に不動産を保有して、毎月安定したインカムゲインを得るような方法が安定して良い投資法であるといわれます。

 

それ以外にも、不動産投資と株式投資の大きな違いがあります。それは、金融機関のローンを利用できるということです。株式投資を始める場合には、金融機関のローンは利用できませんが、不動産投資の場合であれば、購入したい不動産を担保にローンを組むことが可能になります。もちろんすべての物件でローンが組めるわけではありませんが、立地の良い物件の場合であれば可能性が高まります。ローンを利用すれば、自己資金以上の物件が購入できるため、投資のスピードを速めることができるというメリットもあるのです。

 

<まとめ>

 

副業としての不動産投資についてお話ししてきました。ぜひ、新しい副業として不動産投資も視野に入れてみてください!

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.