ワンルームマンション投資について徹底解説!

ワンルームマンション投資について徹底解説!|リビングコーポレーション

老後を考えて、不動産投資について興味がある方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、「ワンルームマンション投資について徹底解説」というテーマで、説明していきます!

 

 

ワンルームマンション投資で収支をプラスにする方法

 

ワンルームマンション投資では一部屋あたりの家賃が低く、部屋数が多いことから空室率をできる限り小さくしなければ収支をプラスにするのは困難です。中古マンションを利用することが多いため、修繕についても計画的に考えて実質利回りがどのくらいになるかをシミュレーションして物件を選ぶことが重要になります。

 

投入する現金と借り入れる金額によって収支をプラスにできるかどうかにも違いが生じます。毎月のローンの返済額が大きくなりすぎるとワンルームマンション投資では利益が得られずに苦労しがちなので注意が必要です。

 

また、管理についても十分な検討が必要です。ワンルームマンション投資ではサブリースをすることが多くなっていて、空室リスクがないことから安定して収支をプラスにしやすいのが魅力です。しかし、利幅は小さくなることに加え、サブリース契約が破棄されたときに困るリスクがあるので注意しなければなりません。

 

ワンルームマンション投資の平均利回りはどのくらい?上げるコツとは?

 

ワンルームマンション投資の平均利回りは地域差がありますが、ワンルームマンションのニーズが高い東京や大阪などの都市部では4%から5%程度を推移しています。全国的に見るとだんだんと利回りが低下している状況がありますが、家賃相場は決して下がっているわけではありません。つまり、初期の投入額や管理費などの経費が高くなっている傾向が強いのがワンルームマンション投資の特徴です。

 

ワンルームマンション投資で利回りを上げるためには郊外の物件を選ぶのが良い方法で、物件が安いので利回りが高くなる傾向があります。都市部の方が空室リスクが低いのは確かなので、需要との兼ね合いも考えるようにしましょう。

 

都市部では新築よりも中古が無難で、リノベーション物件などの付加価値が大きい割に購入価格が安いワンルームマンションを選ぶのが合理的です。住宅設備のニーズのトレンドも確認し、設備が整っている物件を選ぶと空室リスクが減ります。

 

ワンルームマンション投資でローンはどう組む?成功のコツとは?

 

ワンルームマンション投資でのローンはシミュレーションをしてから組むのが最も大切です。頭金が大きいほど収支はプラスになりやすいですが、返済を終えてしまえば頭金の有無によらず収支は同等という結果になります。毎月の返済が負担にならないようにするのが最も重要で、可能であれば返済後も長期的に運用して利益を得られるようにするのがワンルームマンション投資では基本です。

 

ただ、不動産投資では出口戦略も重要になります。空室を埋められなくなると損失が大きくなるばかりなので、その前に手放すことも重要だからです。物件価値がいつ頃なくなってしまうのかを想定し、その少し前に引き上げる計画をして利益が最大化されるようにローンを組みましょう。少し早めに終える戦略を立てることで物件の売却で困らなくなり、比較的高値で売れてキャピタルゲインも得やすくなります。

 

マンション投資のおすすめ本5選

 

マンション投資をするときに書籍があると体系的に学べるのでいいですよね。ここでは、マンション投資に役に立つ本を紹介していきます。


一冊目として挙げられるのが「ワンルームマンション経営の教科書【実践編】」で、将来的な対応も含めた不動産経営の基礎を実践的に学べます。東京1R(トウキョウワンルーム)はワンルームマンション投資専門の情報メディアを運営している著者が、ワンルームマンションの投資方法について徹底解説しています。ワンルームマンションについて詳しく知りたい方は、こちらの本を読むのがよいでしょう。入門編もありますので、合わせて読むのがおすすめです。

 

二冊目は「勝ち組サラリーマンはみんなしてる!成功しかない守りのワンルームマンション投資法 世界経済が裏切っても、不動産は裏切らない」は不動産投資について不安や悩みを払拭するためのノウハウが詰まっているのが魅力です。筆者は、投資歴20年弱のサラリーマン投資家ブロガーで、今までにのべ30種類以上の投資を経験しているそうです。投資運用総額は1.9億円(ローン2.2億円は除く)に上り、配当で毎月200万円以上を得ているそう。


三冊目の候補は「“アベノミクス"から“東京オリンピック"までの中古ワンルームマンション投資の秘訣」で、ワンルームマンション投資で必要な基礎的な内容が具体的に記述されています。東京オリンピックまでの激動のワンルーム投資市場を追い、20年で44室の経験がある筆者。初心者がワンルーム投資で堅実に利益を生み続ける方法について、記述しています。オリンピックが延期になってしまった今、改めて読み返すのもよいでしょう。

 

四冊目は「究極の中古マンション投資の教科書」で平易な内容になっていることから読みやすい一冊です。不動産鑑定士である著者が、中古マンション投資の方法を、出口戦略を踏まえてシミュレーションする。中古マンションは、立地条件が良ければ、寿命が延びることから、いかに利回りの良いマンションを選定するかという投資戦略を、詳しく解説しています。

 

五冊目は「サラリーマン大家さんが本音で語る中古マンション投資の極意」で副業で投資をするための基礎が網羅されています。本業であるサラリーマン生活をまっとうするために、金銭的リスクを投資でカバーと決めた筆者は、10年かけてこつこつとワンルームマンションを買い、手取りの家賃収入1000万円を達成したそう。なるべく手間をかけず、借入れもせずにマンション投資で成功するために、知っておくべきポイントはどこか?マンション投資の極意を一挙に公開されています。

 

まとめ

 

今回は、「ワンルームマンション投資について徹底解説」というテーマで、収支をプラスにする方法、平均利回り、ローンの組み方、おすすめ本5選などについて説明しました。

 

ワンルームマンション投資を検討されている方は、ぜひこちらの記事をブックマークしていただけますと幸いです。また、投資を考えている方は、税理士や公認会計士、不動産投資会社の担当の方に説明を受けるのもおすすめです。

本メディアは、ご利用者様自身のための情報であり、投資勧誘を目的としたものではなく、信頼できると判断されるものの当社による独自の確認は行っていない情報源に基づいております。
当社は、本メディアの妥当性や正確性を保証するものではありません。よって、本メディアおよび関連データの利用の結果として行われた行為に対する責任を負いません。
必要に応じて、税務を含め、専門家の助言を仰ぐことをお勧めいたします。

© 2020 LIVING Corporation, Inc. All Rights Reserved.